2021年9月20日

雨に打たれ

 薔薇が咲いた。
真っ赤な薔薇が。
雨に打たれても、
風に吹かれても、
咲き続けている。

Cimg9394

 なんて美しいのだろう。
 なんて逞しいのだろう。
 なんて高貴なのだろう。

 薔薇の美しさに圧倒されている
 薔薇の逞しさに励まされている。
 薔薇の高貴な様子に洗脳されている。

ゆうきも斯くありたい。

| | コメント (9)

2021年9月17日

現状

 Cimg9390

 

 入院している父から、実家の固定電話に着信があった。
父は、とりあえず、意識がはっきりしていて、身の回りのことはこなしている様子。
母をはじめとする家族は、胸をなで下ろした。
コロナ禍で、面会は叶わず、携帯電話が唯一のコミュニケーション手段だ。
日頃、インターネットや携帯電話の存在に否定的な両親も、
文明の利器のありがたみを痛感していることだろう。
ガラケーではあるが、無理矢理にでも持たしておいて良かった・・・・・とつくづく思う。

 とはいえ、心配なのは変わりない。
母は、父の話しかしない。
彼も、気にかけている。
孫娘である娘も、おじいちゃんを気遣っている。
ゆうきも、胸が重くて、何をしても気が晴れない。

 ちゃんとご飯食べているかな~・・・・・・
今日はどんな検査をしたのだろう・・・・・
夜は眠れて言うのか・・・・・・

 年々気弱になってきている父。
精神面も心配だ。

 会えないと尚のこと会いたい。

 コロナめ!改めて毒づいている。

 

| | コメント (12)

2021年9月15日

疲れた

 実家の父が入院した。
検査入院だ。
どのくらいの間入院すれば良いのか、
今の時点ではわからない。

 先月の初め頃から具合が悪かった。
息が苦しくて苦しくて、ものの10分と立っていられない。
お手洗いと食事以外はずっと横になっている常態であった。
コロナではない。
コロナワクチンの副反応かとも思ったが、違うらしい。
かかりつけ医院にて、レントゲン検査、血液検査、CT検査等々、
様々な検査を行った。
だが、しかし、息苦しさの原因はわからない。

 結局、市立の病院で診てもらう運びとなった。

 一昨日は、丸1日、病院にいた。
父は、とてもしんどそうで、そばによりそう母もつらそうで、
付き添った彼やゆうきも、心配で心配で、生きた心地がしなかった。

Cimg9389



 入院が決まったのは夕方近くなってからだ。

 長い1日だった。
身も心もヘロヘロだ。

どんな結果が出るのか、
でも、いちばんつらいのは父であり、周りの人間も気が抜けない。

 コロナ禍で、面会は出来ない。
気が気ではない日々は、当面、続く。

 健康のありがたみを痛感している。

| | コメント (10)

2021年9月13日

撮れなかった・・・・・

 シャッターを閉める際、何気なく、西の空を見上げた。
西の空には三日月があった。
「わぁ~・・・・・」
思わず声が出た。
空には雲がたくさんあるのに、月の周りだけは雲がなくて、
暗い空を明るくしていた。
あぁ~、なんて美しいのだろう・・・・・・。
素直に思った。
辺りは、虫の声がこだましていて、
あまりに幻想的で、絵本の中に迷い込んだような錯覚を覚えた。
写真を撮りたかったけれど、バタバタと忙しい時間帯であり、
泣く泣く諦めた。
月を綺麗に撮るのはそれでなくとも難しい。
後で、時間を作って絶対に撮ってやる・・・・・

Cimg9386

 


意気込んでいたが、次に空を見上げた時には、三日月はどこにもなかった。

 またもや撮り損ねてしまった・・・・・
がっかりだ・・・・・・

 撮り損ねた経験、いくつあることやら。
例えば流れ星、例えば一直線の虹、蝶々が大空へと羽ばたいた瞬間・・・・・・・・
数え上げたらキリがない。

 まぶたがシャッターになっていて、
瞬きした瞬間、画像化できたらどんなに良いか・・・・・・
つくづく思う。

| | コメント (8)

2021年9月10日

見逃した~

 富士山が初冠雪した。
3日前のことだ。
肉眼で確認したわけではなく、お昼頃になって、ネットのニュースで知った。
「えっ!そうなの!」
って思って、外を見てみたものの、
時すでに遅し、富士山は、厚い雲に覆われていた。
「あちゃ~!見逃しちゃった・・・・・・」
声に出して嘆いた。
がっかりだ。
初冠雪をデジカメに収め、ブログに載せよう・・・・・・
身構えていたのに・・・・・
何ぼんやりしていたのか。
悔しい・・・・・。

Cimg9385

 初冠雪はあまりに儚い。
すぐに解けて消えてしまう。

 案の定、今朝方、一瞬だけ、姿を現した富士山頂に雪はなかった。
だからこそ、尚のこと、悔しい。

 次に富士山頂に雪が降るのはいつのことやら。
今度こそ見逃すまい。


 

| | コメント (10)

2021年9月 8日

夢か・・・・・

 ふと気がつくと、見知らぬ場所にいた。
周りには大勢の人がいた。
ゆうきのすぐ前にいた人が、振り返った。
振り返った人の顔には目が3つあった。
びっくりしすぎて声が出なかった。
左を向いてみた。
左側の人の口が裂けていた。
後ろを振り返ってみた。
後ろの人には手が4本あった。
右側の人がゆうきの顔をのぞき込んだ。
右側の人の顔には鼻がふたつあった。
大勢の人がゆうきを取り囲み見つめている。
大勢の人は、みんながみんな、人間の顔をしていなかった。
なんなんだ、なんなんだ、なんなんだ・・・・・
逃げなきゃ、逃げなきゃ、逃げなきゃ・・・・・・・
走り出そうとした時、何か堅いものに躓いた。
バランスを崩し地面に叩きつけられる瞬間、目の前が真っ暗になった。

 

Cimg9384

 


次に気がついた時、目の前にあったのは寝室の天井だった。
なんだ・・・・・夢か、よかった・・・・・・。
寝汗をかいていた・・・・・・。
しばららく動悸が治らなかった。

 最近、夢をよく見る。
寝ると必ずと言っていいほど夢を見る。
ストレスがたまっているのかな~。

 今夜はどんな夢を見るのだろう。
眠りにつくのが怖い。

 

| | コメント (8)

2021年9月 6日

秋だな~

 日が短くなった。
朝方は特に強く感じる。
彼が出かける時間帯、午前5時10分前ごろ、まだお空は暗い。
運転席に乗り込み、シートベルトを締める彼の表情はうかがえない。
少し切ない・・・・・・。
秋だな~。

 
 木々の緑がより深くなったように感じる
黄色や赤に染まる日も近いのだろう。
頬なでる風が心地よい。
秋だな~。

Cimg9382


 蛙の合唱が聴かれなくなった。
入れ替わるように秋の虫たちの声が聞こえてくるようになった。
コオロギ、スズムシ、キリギリス・・・・・・・
夜の庭先はとても賑やかだ。
秋の虫たちの音色が、郷愁をそそる。
秋だな~。

 稲穂が香り始めた。
秋だな~。
スーパーの店頭に、梨や柿が並ぶようになった。
秋だな~。

 秋だな~、秋だな~、秋だな~・・・・・・
1日に何度も感じる。
移りゆく季節を五感で味わいたい。
 

| | コメント (10)

2021年9月 3日

奇跡に感謝

 今日はゆうきの誕生日だ。
コロナ禍の最中迎えた誕生日。
気持ちは複雑だ。

 今、この瞬間、コロナと戦っている人は果たしてどのくらいいるのだろう。
自分自身が患っていなくとも、大切な人が罹っていたら、いても立ってもいられないだろう。
コロナのせいで路頭に迷う人もたくさんいる。
逼迫した医療現場で不眠不休で働く人たちのことも心配だ。
苦しんでいる人、つらい思いをしている人、大変な思いをしている人、悲しい思いをした人が、あふれかえる現状。
自分自身が、生きていられること、正気を保っていること自体、奇跡に思えてくる。

 世の中に当たり前のことなど何もない。
コロナ禍で嫌と言うほど学んだ。

Cimg9379

 生きていられることが有り難い。
大切な人がそばにいることが有り難い。
歳を重ねられることが有り難い。
思いを綴れることが有り難い。
今日という1日を無事に過ごせたことが有り難い。

 今年の誕生日も家族でケーキを囲んだ。
何気ない日常が愛おしい。

 奇跡に感謝だ。

 ありがとう!ありがとう!ありがとう!ありがとう!ありがとう!


 

| | コメント (12)

2021年9月 1日

いざ接種!

 コロナのワクチン・・・・・まず最初に、実家の両親が接種して、次に娘が接種して、娘の次に彼が接種した。
腕が上がらないほど痛い、熱が出た、頭が痛い、だるい、気持ち悪い・・・・・
みんながみんな、何かしらの副反応が出た。
身近な人が苦しむ様子を目の当たりにして、大いに動揺し、大いに怖じ気づいて、最後の最後は開き直った。
何?副反応?えぇ~い!来るなら来い!
受けて立ってやるぅ~!
鼻息を荒くして接種当日を迎えた。

 接種券と予診票と身分を証明できるものと。
忘れ物はない。
アイスノンと熱さまシートとスポーツドリンクと。
副反応への準備も整った。
水分もしっかり摂った。
いざ出陣だぁ~!
注射でこんなにも気合いが入ったのは初めてだ。

Cimg9375

 接種はスムーズに行われた。
対応に当たった職員の方々に感謝だ。

 接種して半日以上が経過。
只今、腕の痛みと頭痛と倦怠感と戦っている。
しんどいが、つらいが、とりあえず生きている。

 今日、1日ぐらいは、ゆっくりするつもり・・・・・。


 ワクチンの効果なきゃこまるなきゃこまる



 



| | コメント (10)

2021年8月30日

残暑

 長雨が一段落したと思ったら、暑さが戻ってきた・・・・・
「あつい~」
朝、目覚めて、まず最初に思う。
朝ご飯の準備をして、お弁当を詰めて、掃除を始める。
一通りの家事を済ませることには汗びっしょりだ。

 エアコンが利いた室内と太陽の日差しがサンサンと降り注ぐお外と、気温差はどのくらいあるのだろう。
体がとにかくだるい。

Cimg9373

 リビングで、1人ダラダラとしていたら、日が陰った。 
夕立かな?
一雨来れば、涼しくなる。
ちょっと期待した。
数十分後、また、日が差してきた。
肩すかしだ。
がっかりした。
ため息をついたら余計に暑くなった。

 お空にある雲は雨を降らせる雲ではなさそう。
今夜もまた寝苦しいのかな~。

 

 

| | コメント (10)

«落ちない