« 夕日 | トップページ | おばあちゃん »

2009年1月12日

白鳥の湖

Photo_2 気分転換がしたくて、ドライブをして来た。ここは、某観光名所で白鳥の湖としても知られている。とはいっても、天候などの関係もあり、いつ行っても見られるという訳ではない。その上、白鳥はとても警戒心の強い鳥で、一度怖い思いをすると二度とその場所には近づかないそうだ。「どうしても見たい。」と夫に我がままを言い、湖を一周半、諦めかけていた頃、やっと、やっと巡り合えた。慌てて車を止め湖のほとりまで近づいた。執念が嬉し涙に変っていた。遠くシベリアから越冬するためにやって来た白鳥。彼らの目には、日本の山々は、空は、湖の周辺に広がる土産物屋は、そして人々はどんな風に映るのであろう。どのような思いを抱くのだろう。所どころに氷の張った湖は刺すほどの寒さで、手は凍ってしまいそうに冷たくなった。でも、そこには確実に生があった。草木は芽吹き始めていた。生きている、実感できた一日だった。

|

« 夕日 | トップページ | おばあちゃん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

白鳥、なぜわざわざ遠く離れた地を
行ったり来たりするのか?
子供の頃から不思議に思ってます。

餌の関係だと一言で片付けられるけど
本当にそれだけ?

いろんな渡り鳥がいるけど
なぜ行ったり来たりするのか
聞いてみたい位です。

それにしてもゆうきさんのご主人は
優しいですね。
ウチなら「勝手に行ってこい!」って
言われるわ(泣

投稿: patapataokan | 2009年1月12日 21時13分

まさに「白鳥の湖」
近くにこんな素敵な所があるんですね。

それにしても、patapataokan さんもおっしゃっていますが、
ご主人さん、羨ましいくらいに優しいですね。
うちのおとんに、爪の垢でも送って下さいよ。

投稿: やよ | 2009年1月12日 22時05分

可愛いですね♪
どんな景色を見ながら飛んで来たんでしょうね。湖がそこにあるってわかるのがまた不思議ですよね。

投稿: みーちゃん | 2009年1月13日 09時52分

okanさま

遠く離れた地を行ったり来たり。つまり、白鳥は故郷を持たないという事ですよね。何ゆえなのか私も知りたいです。

「寒いから家にいる。」と言った私を無理やり連れ出したんですよ。少々の我がままを聞いてもらわないと、割りに合いません。気分転換がしたかったのは、旦那の方だったのかも。

投稿: ゆうき | 2009年1月13日 22時08分

やよさま

二十数年前までは前面凍結したことがあってスケートが出来たそうです。地球温暖化はこんな所にも影響が・・・・・?

本当はぐうたらなんですよ。(笑

投稿: ゆうき | 2009年1月13日 22時13分

みーちゃんさま

私達人間には無い能力があって、知らない世界を持っている素敵な存在ですね。

投稿: ゆうき | 2009年1月13日 22時20分

白鳥 キレイですね~
自然と触れ合ったからこそ
色々感じられるのでしょうね。

投稿: ☆あめだま | 2009年1月14日 00時20分

おはようございます

いつもありがとうございます。
なのに、なかなか訪問できず、ごめんなさい。

かわいい渡り鳥たち。
またシベリアへ戻るときも
怪我なく元気に帰ってほしいな。。。って
群れを見るたびにそう思います。

素敵なドライブになりましたね(^^)
そして、優しいご主人ですね。

投稿: うにゃ | 2009年1月14日 10時02分

☆あめだまさま

見ていた人達(私を含めて)皆、鼻水が出ていました。寒さに耐えた分、綺麗だと思えたのかもしれません。

投稿: ゆうき | 2009年1月14日 19時48分

うにゃさま

来年も同じ白鳥に会う事が出来たらなと私も願っています。

主人も白鳥を見ることが出来てよかったみたいです。

投稿: ゆうき | 2009年1月14日 19時53分

こんばんは!2回目です(笑

リンクありがとうございました!
私も初めてのときは本と首っ引きで
苦労しました。

これからもよろしくお願いします♪

投稿: patapataokan | 2009年1月14日 21時28分

okanさま

こちらこそ、不慣れなためお待たせしてすいませんでした。

私の方こそよろしくです。

投稿: ゆうき | 2009年1月14日 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/27064682

この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥の湖:

« 夕日 | トップページ | おばあちゃん »