« 夢に声援 | トップページ | 雨の日もそれなりに。 »

2009年5月 4日

おやつに。

Photo夫とはよく、お互いの子供の頃の話をする。流行っていたアニメ、よくやった遊び、好きだった芸能人等。恋愛結婚をしたはずはずなのに、性格の違いから?世代が違う?「あっ、そうそう。」と共感する場面は以外に少ない。唯一、共通していたのがおやつ。小麦粉(ホットケーキミックスではない。)と卵と牛乳でを混ぜてフライパンに油を敷いて両面を焼いたお菓子。私の出身の県では薄焼き(うすやき)と呼ぶ。幼い頃は祖母に作ってもらって、少し大きくなってからは自分(兄弟の分も含めて。)作って食べたことまで一致していた。違う場所で育っても同じものを食べていたことをしって妙に嬉しかった。ちなみに夫の出身の県では”おたらし”と呼ぶそうだ。同じ材料、同じ調理方法の食べ物に別の呼び名があるとは結婚するまで知らなかった。

娘と二人きりの休日、久しぶりに作ってみることにした。小麦粉に卵を割って入れ砂糖を入れ牛乳でといて油を敷いたフライパンに流し込む。蓋をしてしばらく待つ。徐々に甘い香りが部屋いっぱいに漂っていく。テレビはついていない。とても静かな空間。祖母のエプロンの裾を掴み焼けるのをまだかまだかと待っていた頃を思い出した。まるで、形のないアルバムをめくっているかのように。飾り気のない素朴なお菓子を作っている間ずっと、心の中が幼い日々への愛おしさでいっぱいだった。

甘い香りに誘われて、娘が台所に入ってきた。ちょうど、焼きあがったので切り分けて手渡した。「もちもちしいて美味しいじゃん。」ほお張りながら笑顔を浮かべた。最近、写真を撮られるのを恥ずかしがるようになった娘。今日の、彼女の笑顔をそっと心のアルバムに納めた。

|

« 夢に声援 | トップページ | 雨の日もそれなりに。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしい~^^
私も子どもの頃に母によく作ってもらったよ~
我が家では、母が洋食焼と呼んでた。
旦那もだけど私の周りの友達も誰も知らなくて、
母が勝手に作った食べ物だと思ってた。
一緒の物を食べてた人が居てるってすごく嬉しいね^^

投稿: ふぃる | 2009年5月 4日 22時53分

主人の実家では「ドンドン焼き」と言っていますよ~たぶん同じようなお菓子ですね。ただ埼玉や千葉では玉ねぎのみじん切りを入れるそうです。もっちりして美味しいですよね。
ご主人とは世代が違うとか?おいくつ離れているのでしょう?私たちは10歳と7ヶ月離れています。なので同じ*0歳代にはならないのです。来春彼が50歳になって、私が来年の秋40歳になります。ちゃ~年がばれてしまったわ~

投稿: CHISATO | 2009年5月 4日 23時37分

私も今日はそれ 焼いてましたよ

ホットケーキミックスなんて贅沢品でしたから
私のところではチーチーパッパって言ってたような
かなり小さい頃 屋台でそれを売りに来てたおじさんが 真ん中に食紅で いろんな絵を書いてくれたような記憶があります

幼稚園に入る前か 入った頃だと思います
他にもいろんなものを屋台で売りに来てましたね
なんか懐かしい日を思い出しました

投稿: ドリームママ | 2009年5月 5日 21時23分

え~!知らないの私だけ??

母もよくおやつは作ってくれたけど
これは知りませんでした。

月見団子やぼた餅、プリンやゼリー
学校から帰ると何がおやつか楽しみでした。

主人と私は学年が同じなのでテレビや
芸能人、流行歌の話題は盛り上がります。

でも私は6歳くらい上の人と
結婚するのが理想でした。

投稿: patapataokan | 2009年5月 5日 22時16分

ふぃるさま

洋食焼ってオシャレな呼び名ですね。
同じ食べ物にこんなにたくさんの呼び名
があるとは知らなかったです。

私も我が家だけの食べ物だとずっと思っていたので旦那をはじめ色々な人が知っていて驚きでした。

似たようなものを食べて育ったとわかると連帯感をもってしまいます。

投稿: ゆうき | 2009年5月 5日 22時17分

千里さま

どんどん焼きですか。
温かい感じがしますね。

タマネギも入っていたら、おやつといえど栄養満点ですね。

私達夫婦は7歳違いです。
私の考え方が子供っぽいのかな?
もっと年上に感じてしまいます。

投稿: ゆうき | 2009年5月 5日 22時23分

ドリームママさま

そうそう、ホットケーキミックスって贅沢品でしたよね。

でも私は、ホットケーキより薄焼きの方がずっと好きです。

チーチーパッパって誰が最初につけたのでしょうか?楽しくなりますね。

同じような食べ物でも屋台のものって凄く美味しそうに見えるから不思議です。

投稿: ゆうき | 2009年5月 5日 22時37分

okanさま

私の母は働いていたのでおやつを作ってくれたのは、いつも祖母でした。

他にはぼた餅とか草もち、トコロテン等。手作りのものって嬉しいですよね。

世代というほど違うとは思っていなかったのですがテレビ番組は見ていたものが違っていたみたいで・・・・・・。主人の妹との方が話が合います。

うちは7歳違いです。周りの友人たちに羨ましがられたけれど、実際に結婚してみるとそうでもありません。

投稿: ゆうき | 2009年5月 5日 22時55分

通りすがりのおばさま

ご訪問、コメントありがとうございます!

お体、大事にしてくださいね。

ご主人の一日も早いご回復を心よりお祈り致します。

投稿: ゆうき | 2009年5月 6日 01時14分

 ゆうきさま~
ずっと、考えてたんです 思い出せなくて~

やっと思い出せた名前は、「しきしき」でした

ところ変われば、名前も違っておもしろいですね

                      

投稿: もえぎ | 2009年5月 6日 13時09分

もえぎさま

しきしきですか。
初めて聞きました。

フライパンに敷くという意味なのかな?
同じ食べ物に色々な名前があってそれぞれにうなずけてとても勉強になりました。
ありがとうございました。

投稿: ゆうき | 2009年5月 6日 19時36分

こんにちは~

おそまきながらやってまいりました。(^^;;

幼い頃 食べた手つくりおやつって
大人になるとなんとなく懐かしいですよね。
高校生のころ 家庭科の教科書にホットケーキの作り方がでていて
ゆうきさんのように小麦粉に卵などをいれての作り方があったので作ったことがあります。^^

私の子供の頃のナツカシおやつはお湯の中に小麦粉をこねたのを丸めておとし 浮いてきたのを今度はお砂糖とお醤油のたれに絡めてたべたりしてました。ゆうきさんの日記を読んで思い出しました。^^

投稿: こばん | 2009年5月 6日 20時01分

こばんさま

小さな頃、読んだ絵本にも載っていて身近でもあり憧れでもあり、今でも思いいれが強い食べ物です。

こばんさんのナツカシおやつも美味しそうですね。今度、私も作ってみようと思います。

投稿: ゆうき | 2009年5月 7日 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/29432808

この記事へのトラックバック一覧です: おやつに。:

« 夢に声援 | トップページ | 雨の日もそれなりに。 »