« 雨の日もそれなりに。 | トップページ | 母の日に »

2009年5月 9日

雨にも負けず。

Photo芝桜祭りに行ってきた。地元観光協会が主催するイベントで今年で二回目。インターネットでの宣伝効果もあってか連日、多くの人々が訪れている。ずっと、ずっと行きたいと思っていてようやく今日、実現できた。ここ2~3日の雨でだいぶやられてしまったんだろうなというゆうきの予想に反して?紫にピンクに白に咲き乱れる花々で会場はいっぱいだった。目を奪われる?息を呑む?美しいもの、綺麗なものを出会うとゆうきは言葉を失う癖があるらしい。かなりの強い風雨にさらされたのにもかかわらず尚もその美しさを保ち続けた様を目の当たりにしてただボーっと立ちすくすばかりだった。誰がどういう経緯で付けたのかはわからないが、芝桜の花言葉は”忍耐”。これほどぴったりの言葉は他にないだろうなと思った。何十万株という芝桜で埋め尽くされた会場。美しさを維持しつつけるのには花自身の生命力もさることながら、このイベントを企画、運営している人々のはかり知れない努力があったのだろう。咲き誇る花々に拍手。わざわざ遠い地から訪れた人達に拍手。私達の目には見えない汗を流した人に拍手喝采。

|

« 雨の日もそれなりに。 | トップページ | 母の日に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これは富士山の近くの芝桜とは違うのかな?

私の両親がGWに富士山の近くまで芝桜を
見に行ってすばらいかったと感動して
いました。

花言葉が「忍耐」だったとは初めて
知りました。
でもこの花にピッタリですね。

人に踏みつけられても綺麗な花を咲かせる。
この花言葉をつけた方の感性に拍手です♪

投稿: patapataokan | 2009年5月 9日 21時37分

埼玉ですか?あっちこっち芝桜祭りをしていてどこかな?と気になります。我が家の芝桜祭りはもう終わってしまいました。主人の母が一生懸命肥料をあげたり、いろいろと世話をしていろんな花がきれいに咲いている我が家の庭です。

投稿: CHISATO | 2009年5月 9日 21時59分

こんばんは^^
芝桜はとても綺麗ですよね^^
我が家も、車で30分ほど走った所に
芝桜で有名な場所が有り
すごく綺麗で感動します^^
花言葉「忍耐」初めて知りましたが
本当にぴったりですね。

投稿: ふぃる | 2009年5月 9日 23時29分

キレイですね〜。
芝桜は強いんですね。なんだか可愛い花なのにカッコいいですね♪

投稿: みーちゃん | 2009年5月10日 14時56分

okanさま

はい、富士山の近くです。
高速を利用して行って来ました。
天気が良くて間近で見る富士の美しさにも
感動してしまいました。

結構強い雨が降り続いた後だったので正直もうダメだと思っていたんです。

でも、芝桜の生命力はとても強くて。
息吹を頂きました。

投稿: ゆうき | 2009年5月10日 21時46分

千里さま

富士山麓です。
去年から開催されていて関東周辺で一番の規模だそうです。

綺麗な花の影で流される汗、尊敬します。
千里さんのご主人のお母様がお世話しているお花、また見せてくださいね。

投稿: ゆうき | 2009年5月10日 22時02分

ふぃるさま

大雨にも強風にも負けない生命力には
圧倒されっぱなしです。

あの小さな体の何処にそんな力が備わっているんでしょう。尊敬してしまいます。

投稿: ゆうき | 2009年5月10日 22時15分

みーちゃんさま

可愛らしさの裏にある力強さ、本当にカッコいいですよね。

私も見習いたいです。

投稿: ゆうき | 2009年5月10日 22時18分

こんばんは^^

見事な芝桜!
あんなに小さいお花なのに
これだけ満開になると
見応えありますよね。
芝桜の力強さ
そして運営されている方々のお力で
素晴らしい景色が見られました。
ゆうきさんもお写真、ありがとう!

投稿: うにゃ | 2009年5月11日 20時43分

うにゃさま

本当にそうですよね。

一輪一輪は指の先ほどの大きさでもたくさん集まると多くの人を魅了してしまう。団結力があるのかな。

ブログを始めてから写真をたくさん撮るようになりました。自然や物の隠れた魅力を写せるようになりたいです。

投稿: ゆうき | 2009年5月11日 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/29533086

この記事へのトラックバック一覧です: 雨にも負けず。:

« 雨の日もそれなりに。 | トップページ | 母の日に »