« いつかは・・・・・。 | トップページ | 携帯からの更新 »

2009年6月24日

樹齢4〇年?

Photo  実家の庭にある南天の木。ゆうきは、この木の香りを嗅ぎながら大きくなった。実や葉を使ってよくおままごとをした。いったい、いつからここに居たのだろう。今日、実家に行った時、両親に聞いてみた。「私が、お嫁に来た時には、もうあったよ。」と母。「この家を建てた時に、お前のおじいちゃんが植えたんだよ。」と父。えっ、という事はゆうきよりも年上?意外な事実を知り、言いようのない感慨を覚えた。ある意味、この南天は、この家の誰よりも、この家の歴史を見て来たことになる。思えば、「行ってきます。」の時、「ただいま。」の時、いつも視界にいた。南天と共に、祖父母を天国へと見送った。嫁ぐ日の朝には、そっと「ありがとう。」を言った。いつも、いつだって、その時々に合った見守られ方をされてきた。
 南天、花言葉は”機知に富む”。母として、妻として、娘として、ゆうきも斯くありたい。

|

« いつかは・・・・・。 | トップページ | 携帯からの更新 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の実家にも、今住んでる
旦那のこの家も南天があります^^
昔、父になんでこの植木あるん?って聞いたら
「難を転ずるって災いから守ってくれるんや~」って
嘘か本当か分からないけど、そう教えられました^^

投稿: ふぃる | 2009年6月24日 21時33分

南天の花言葉、機知に富むっていいですね。

樹木って人間よりずっと長生きするものが
多いからいろんな歴史を見てきているんだと
思います。

近くの神社にも1000年以上樹齢の木が
ありますがなん世代の家族を見てきたのでしょうか?

人間の人生なんて樹木に比べたら
ちっぽけですね。

投稿: patapataokan | 2009年6月24日 21時52分

この木の代わりはありません。
いつまでも代々大事にしたいですね。

投稿: ぷぅおやじ | 2009年6月24日 23時01分

私には実家というのがないのです・・・というのも転勤族だったのでずっと社宅だったので今の家は確かに両親の家ですが私はその家で暮らしていません・・・私がお嫁に行ってから建てた家なんですよね。でもあのマンションには思い出がたくさん・・・そのマンションが私の原点だったのでしょうね。

投稿: CHISATO | 2009年6月25日 07時29分

おはようございます。
南天の木、私の実家にもありますよ。
南天にそういう意味がこめられてるって初めて知りました。

他に、キンカンの木もあります。
ゆうきさんのブログを読むまで、気にも留めていませんでした。
私の成長を静かに見守ってくれてたんでしょうね。
今は小鳥達の安らぎの場所になっています。

投稿: えぐham | 2009年6月25日 08時29分

こんにちは。
樹木は物を言わないけれど、そこに在るだけで多くのことを語っているのでしょうね。それに静かに耳を傾けられ、心を向けることができるゆうきさんは、やっぱり素敵な方ですね!

投稿: ゆきゆき | 2009年6月25日 17時05分

ふぃるさま

「難を転ずる・・・」縁起の良い植物として、昔から多くの人達からわれてきたそうです。

夫の実家にもあります。身近な樹木なんですね。植えた人は皆、家族の幸せを思っていたんだろうな。

投稿: ゆうき | 2009年6月25日 21時52分

okanさま

何年もの間、大雪にも台風にも負けず、猛暑の時も胸を張って、その生命力には、脱帽です。

観賞だけではなく、実を乾燥させると咳止めの薬にもなるそうです。”機知に富む”の花言葉はここから来ているのでしょうか。

実家の菩提樹には、大きなイチョウの木があります。樹齢はわからないけれど、多くの人々を見守ってきたんだと思います。

投稿: ゆうき | 2009年6月25日 22時08分

ぶぅおやじさま

そうですね。私がおばあちゃんになってもずっとそのままなんだろうな。大事に大事にしていきたいです。

投稿: ゆうき | 2009年6月25日 22時10分

CHISATOさま

原点=ふるさとなのかな。自分が生まれた家だけではなく、母の実家も夫の実家も私の中では、ふるさとです。いつかは、娘の嫁ぎ先もふるさとに?そうなるといいな。

投稿: ゆうき | 2009年6月25日 22時19分

えぐham さま

実家の庭の主のような存在です。それほど華やかではないけれど、威厳があります。
虫や小鳥がいつも遊びに来ます。

南天の香りを嗅ぐと、何処にいても懐かしい思いでいっぱいになります。

投稿: ゆうき | 2009年6月25日 22時26分

ゆきゆきさま

ずっとずっと、自分たちを見てきたと思うと尊敬の念すら抱いてしまいます。南天の木に恥じない生き方がしたいです。

投稿: ゆうき | 2009年6月25日 22時29分

こんばんは^^

いつの時も、家族を見守っていたんだなぁ。。。

私の実家は建て替えちゃったから
あの頃の植木はもうなくって
こうして残していてくれたらな。。。と
思いました。

これからも大事にしてくださいね。

投稿: うにゃ | 2009年6月25日 23時33分

うにゃさま

私の実家の祖父が亡くなってから、徐々に庭木が減ってしまって、唯一、残っているのがこの南天の木です。きっと、家族の思い入れが強いのだと思います。ずっとずっと、そのままでいて欲しいです。

投稿: ゆうき | 2009年6月26日 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/30260030

この記事へのトラックバック一覧です: 樹齢4〇年?:

« いつかは・・・・・。 | トップページ | 携帯からの更新 »