« カルガモの親子 | トップページ | キャラメルロック?! »

2009年6月15日

収穫間近の・・・。

Photo夫が通勤に利用する道路は、この時期、甘い香りに包まれる。先日、久しぶりに通りがかったゆうきは歓声をあげた。大好きな桃が鈴なりになっている。眩い、美しい、瑞々しい。綺麗な言葉が次から次へと脳裏に浮かんだ。
 ゆうきの家にはひいきにしている桃農家がある。笑顔がとても素敵なご夫婦が営んでいる農園だ。いつの年だか定かではないが、ご夫婦が桃農家ならではの苦労を聞かせてくれたことがあった。
 収穫期を終えた時期の剪定(不要に成長してしまった枝を伐採し形成を整える作業。)のことや毎朝行われる見回り、自然災害への対策等。彼らには一年365日、ほとんど休みはない。眩い美しさの影にある汗と涙、桃一つ一つに込められる思いに胸が熱くなった。大事に大事に味わって食べようと思った。
娘を嫁に出す時の心境に似たものがあるのであろうか、桃の入った箱を抱えて農園を後にする私たちを見送るご夫婦の表情は、いつも誇らしげでもあり寂しげでもある。
 今年もやってきたゆうきが大好きな季節。ご夫婦の笑顔、優しい声に再開できる日を指折り数えて心待ちにしている。

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ

|

« カルガモの親子 | トップページ | キャラメルロック?! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の親戚が実家が桃園をやっている人と結婚したんだけど、子供のように大切に育てているそうです・・・どの農家もそうですね。私もこの桃ちゃんのように子供たちを大切に育てて生きたいです!

投稿: CHISATO | 2009年6月15日 22時08分

もうこんなに桃が実ってきてるんですね。

桃は傷みやすいしほんとうに
育てるのが大変だと思います。

でも大変だからこそ綺麗に実ったら
嬉しいでしょうね♪

投稿: patapataokan | 2009年6月15日 22時31分

桃うまそうです。
農業は大変ですよね。
収穫で収入が左右されますし
跡取り問題もありますし。
美味しい桃が代々引き継がれていくと
いいですね。

投稿: ぷぅおやじ | 2009年6月15日 22時35分

こんにちは^^

わぁ~桃!
美味しそうな色になって実ってますね。
このまま無事に出荷できますように☆
と、心からそう願います。

お近くに桃農園さんがあるなんて
ゆうきさんがうらやましいです。
夫はもう桃が大好きで
もし、近くに住んでいたら
毎日のように通っているかも。

投稿: うにゃ | 2009年6月16日 11時41分

 わぁ~!!
おいしいそうな桃ですね
私の知っている桃農園は、桃に虫からの被害を少なくするために袋がけがしてあって、こんな風に赤く色づいている桃が木になっているのを見るの新鮮です

いい香りがしているのもほんの何日の事だと思うのですが、そこを通ることができるのってすごく幸せな気分ですね

いいなぁ~

投稿: もえぎ | 2009年6月16日 19時51分

桃だぁ~
私、大好き♪
木になってる桃って私見たことないの~
すごく良い香りがすると聞いてるけど
良いなぁ~
桃って、ちょっとでもぶつけると
すぐに黒くなってしまう
デリケートな果物だから、それを扱ってる
桃農家さんも目が離せませんね。
でも、ゆうきさんは良い所に住んでいますね^^
景色も良いし、桃もそばにあるし^^

投稿: ふぃる | 2009年6月16日 20時44分

CHISATOさま

来る日も大事に大事に、一日たりとも桃のことを考えない日はない。自分の子供と同じですよね。

私も娘が巣立つ時、あの桃農家のご夫妻のような表情を浮かべるのかな。

投稿: ゆうき | 2009年6月16日 21時29分

okanさま

この桃は早生(わせ)です。

突風や雹、豪雨など、気が抜けるときはないと言っていました。

食べられる宝石のように感じます。

投稿: ゆうき | 2009年6月16日 21時41分

ぶぅおやじさま

台風など防ぎようのない自然災害で、すべてが水の泡となることも。

美味しいの裏側にあるご苦労、忘れずにいようと思います。

この農園の桃は本当に美味しくて、リピーターが何人もいます。この味を引き継いでくれる人がいるといいのですが・・・。

投稿: ゆうき | 2009年6月16日 21時52分

うにゃさま

どうか、無事に出荷されますように、美味しい桃が味わえますように。ここを通るたびに思います。

手が掛かる分、お値段もそれなりで、私も毎日、食べたいのですが・・・・。

投稿: ゆうき | 2009年6月16日 22時11分

もえぎさま

この辺りも袋がけしてある桃がほとんどです。

農家の方の話によると、出荷の数日前に袋をはずし、お日様の光にあて色をつけることもあるそうです。

夫は毎日、40分の道のりを通っています。
この風景は職場の近くです。

投稿: ゆうき | 2009年6月16日 22時28分

ふぃるさま

ついつい、わき見運転をしてしまいそうなくらい甘い香りに包まれます。

ちょっと触れただけでも黒ずんでしまうので、桃を扱う時は誰もが慎重になります。

景色がいいのは喜ばしいのですが、携帯電話の感度はあまりよくありません。

投稿: ゆうき | 2009年6月16日 22時35分

桃は缶詰かゼリーに入っているものと
ほとんど買ったことがないです。
でも 桃缶は夫が大好物です^^

投稿: まーち | 2009年6月16日 22時38分

まーちさま

私たちが子供の頃に比べて桃缶等安くなりましたよね。

桃缶は、私も大好物です。今度、ピーチケーキでも焼こうかな。

投稿: ゆうき | 2009年6月17日 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/30123331

この記事へのトラックバック一覧です: 収穫間近の・・・。:

« カルガモの親子 | トップページ | キャラメルロック?! »