« お日様の匂い | トップページ | 味の再現 »

2009年6月 6日

散歩

Photo 昨日から降り続いていた雨も午後には上がった。ふと、雨上がりの風を体感したくなり散歩に出た。ゆっくりと歩いていると、車で通る時には絶対に気付かない色々なものが次々と目に飛び込んでくる。この花もその中の一つだ。幼い頃からずっと目にしてきたけれど名前はわからない。学校帰りの道端に、遊び場だった野原に、勤めていた会社の駐車場に、夫の実家の近くにと常にゆうきの身近にいた。見ると見るたびにホッとできる。この花を見るといつ思う。家に飾られる花、見向きもされない花、花屋さんでよく見かける花、そうでない花、これら違いはいったい何処にあるのか。どの花も大地にしっかりと根付き精一杯、咲いていることに変わりはないのに。
 辺りの風景、人々の心情は時代と共に様変わりしているけれど、この花の姿かたちは、ずっとこのまま。きっとその、花弁の中に強い意志があるのだろう。
 気まぐれだった雨上がりの午後の散歩。思うこと、感じることはゆうきの想像以上だった。

|

« お日様の匂い | トップページ | 味の再現 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アスファルトを突き破って咲いている
花を見ると愛おしさがこみ上げます。

なんて一生懸命咲いてるんだろうって。

私は結婚するまでは温室の花だった
と思います。

親と言う温室に守られてぬくぬく
育っていたような気がします。

結婚してからいろんな寒風にさらされて
昔の見る影はないけど人の痛みや有り難さは
身にしみてわかりました。

投稿: patapataokan | 2009年6月 6日 22時16分

 お散歩、さわやかな気持ちになられたようですね
花屋に並んでいない道端の草も誰かに認められているに違いないです
誰もが自分の道を探し、迷う事があっても良いと思っています
どんな場所でどんな風に咲こうとも一所懸命なのは変わりない
小さな花にも強い意志がある、だからきれいにたくましく咲けるのかも~

 私もたくましく強い母になりたいです
                         

投稿: もえぎ | 2009年6月 6日 22時51分

感じる事の基準は自分次第です。
自分の置かれた(決めた)目線で
見方も変わると思います。
花は同じですが
ヒトはいつも違うのでしょうね。

投稿: ぷぅおやじ | 2009年6月 6日 23時36分

今日は、本当に久しぶりに晴れて
私も気持ちよく過ごしました。
名も無く道端に咲いてる草花に癒されながらの散歩も
これまた楽しいから、散歩人口が増えてるんでしょうね^^
我が家の家の前の土手沿いにも色々な花が咲きますよ^^
不思議と、道端の草花は家に持ち帰り
花瓶にさしてもすぐにしおれます。
どうしてでしょうね。

投稿: ふぃる | 2009年6月 6日 23時39分

きれいに咲く花だけじゃなく、目立たないところに咲いている花は強く美しいですね・・・小さいころシロツメクサがたくさん咲いていて、冠にしたり腕輪をつくったり・・どこにでも咲いていたシロツメクサが最近余り見かけません。でもきっとどこかで強く咲いているでしょう・・・このお花のようにね!

投稿: CHISATO | 2009年6月 7日 09時14分

okanさま

どんな嵐に会おうと踏みつけられようと挫けない。なんだか生き方のお手本みたいですね。

温室の花のような我が娘、外の世界に出た時にしおれてしまわない様に、枯れてしまわない様にしっかりと育ていこう思います。

野に咲く花を愛おしく思う心、ずっとずっと失いたくないです。

投稿: ゆうき | 2009年6月 7日 21時30分

もえぎさま

雨上がりの一人散歩、最高でした。

この写真のお花も誰かの目に留まったのでしょうか。そうだったら嬉しいな。

思い悩んだ時、進むべき方向がわからなくなったときこの花を思い出そうと思います。自分自身の意志を失わないためにも。

投稿: ゆうき | 2009年6月 7日 21時45分

ぶぅおやじさま

嫌いだと思うこと、苦手だと思うことも、目線を変えたらまた、違ってくるかもしれない。ブログを始めて、そう思えるようになりました

投稿: ゆうき | 2009年6月 7日 21時50分

ふぃるさま

散歩、特に雨上がりの時は最高です。

小さな頃、野に咲く綺麗な花を大好きな祖母に見せたくて持ち帰ったことがあります。残念ながら家に着く頃にはしおれてしまって悲しかったです。人の手に掛けられることがあまり好きではないのかなと幼心に思いました。

投稿: ゆうき | 2009年6月 7日 21時59分

CHISATOさま

花壇に咲くお花も綺麗で大好きだけれど、道端にひっそりと咲く花の存在も忘れたくないです。

シロツメグサ、昔ほどで多くはないけれど、見かけます。数が減った分、返って力強さを感じます。

投稿: ゆうき | 2009年6月 7日 22時09分

こんばんは

普段は気が付かないものが
歩いていると目に入ってくるときが
ありますね。
このお花も小さいときは
私もよく見て、触ってたな。
懐かしい・・・・・
私も先日、夕方に夫と散歩をしていたら
いろんなものを発見できました。
なんだか探検しているようで楽しかったです。

投稿: うにゃ | 2009年6月 7日 22時38分

私も道に咲いている小さな花を見るのが大好きです。
とても可愛いのに
名前も知らなかったりしますが
優しい気持ちにさせてもらえます^^

投稿: ☆あめだま | 2009年6月 8日 13時19分

ゆうきさんの文章はいつもステキですね!
スルーしちゃいそうな目線も
とってもステキな捕らえ方をしてて
ステキな感性だな~っていつも感心します^^

見逃しがちなものを キチンと見つけられた時の自分の心も ちゃんと見つめてあげたいですよね^^

投稿: Vanilla beans | 2009年6月 8日 13時23分

小さい頃 絵を描くと たいていお花畑を描くんだけど この花は そんな小さい頃に
よく描いた花ですね
名前とか 知らないけど 花といえば
チューリップか この花みたいな絵を描いてました


投稿: ドリームママ | 2009年6月 8日 17時22分

うにゃさま

誰でも一度は目にしたことがある花だと思います。子供の頃は、摘んで遊んだことも。

大人になってからは、見逃しがちだったけれど、ブログを始めて再び目がいくようになって、旧友に会ったような気持ちになり嬉しくなりました。

投稿: ゆうき | 2009年6月 8日 18時47分

☆あめだまさま

お外に自生しいるお花、可愛らしいものが多いですよね。小さいのに力強くて。いつも元気を頂いています。これからも注目していきたいな。

投稿: ゆうき | 2009年6月 8日 19時07分

Vanilla beans さま

ありがとうございます。
ステキな感性。嬉しい言葉です。

現実社会の私は、
「いつもボーっとしている。」
と周りの人達から突っ込まれています。

日々の生活や風景の中にある幸せ、大切にしていきたいです。

投稿: ゆうき | 2009年6月 8日 19時19分

ドリームママさま

小さな頃、私が描く絵には必ず花が登場していました。あの頃は、無意識だったけれど今思うとこの花だったのかも。とっても身近ですよね。

投稿: ゆうき | 2009年6月 8日 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/29979523

この記事へのトラックバック一覧です: 散歩:

« お日様の匂い | トップページ | 味の再現 »