« 時の記念日 | トップページ | 収穫間近の・・・。 »

2009年6月13日

カルガモの親子

Photo_2 買い物に行く途中、通り過ぎようとした水田にカルガモの親子がいるのを見つけた。思わぬ場所での思わぬ出会いに興奮した。
 何処から来たのだろう。娘はもちろん、兼業農家育ちで、幼い頃から田んぼに慣れ親しんでいるはずの夫やゆうきも初めて見る光景だ。驚きのあまり三人とも声も出せない。
 生まれて間もない子ガモと優しい眼差しで見守る親ガモ。辺りの風景と一体化したよな姿に鼻の奥がツーンとした。親子の間でいったいどういうやり取りか交わされているのだろう。この景色は彼らの瞳にはどのように映っているのだろう。やがて、親元も巣立つであろう子ガモたちの脳裏に今日の空の色は残るのだろうか。
 袖振り合うも他生の縁?今日、ここで出会った子ガモたちが一羽ももれることなく無事に成鳥となることを切に願う。
 三人それぞれの思いが去来したためか車中は思いのほか静かだった。
カルガモ親子の大事なひと時を邪魔してはならない。ゆうきはいつもより慎重にそーっとシャッターを切った。
 
 

|

« 時の記念日 | トップページ | 収穫間近の・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カルガモの親子ってホント可愛いですよね♪
あたしも一度だけ目の前で見ましたが感動しました!ちょこちょこと並んで歩く姿がたまりませんよねっ。

投稿: みーちゃん | 2009年6月13日 22時00分

私も、カルガモの親子がてくてく歩いてるの見た事がある~
でも、そこはそういう野鳥を保護してる場所だったので
おぉ!可愛いってな感じだったけど
こ~んな保護されてない田んぼに居たら
感動もんでしょ!きっと^^

投稿: ふぃる | 2009年6月13日 22時54分

子を思う親心と言うのは
カモも同じですね。
本能なんでしょうね。
人は欲から本能を忘れる
事がありますが・・・。

投稿: ぷぅおやじ | 2009年6月13日 23時01分

親は田んぼでよく見かけますが
小ガモは珍しいw(゚o゚)w

投稿: まーち | 2009年6月13日 23時59分

 かわいい~ですね
うちの近くの川にも親子のカモが遊びに来ていたのですが、最近見なくなりました

足音や気配に敏感で私もよいシャッターチャンスをつかめずにいます

親子の自然な感じがとても素敵な一枚ですね
大事にしたい一枚ですね
              

投稿: もえぎ | 2009年6月14日 09時52分

おはようございます^^

わぁ~、かわいいカルガモ親子(^^)
ちっちゃい体で一生懸命に
母ガモの後をついて。。。癒されます。
元気に育つんだよ!

投稿: うにゃ | 2009年6月14日 10時00分

こんにちは^^
カルガモちゃん達、可愛いですね♪
私の実家では近くの農家の方からお米を買ってますが、確かそこがカルガモ農法?やってるそうです。

私の住む町も、いろんな生き物が出没するので、面白いですよ(^v^)
この頃は、芝生が心地よいのか、うちの庭にいろんな小鳥がやって来ます。

投稿: えぐham | 2009年6月14日 15時49分

忙しくって昨日は遊びに行けなくてごめんね!
かるがもちゃんって本当にかわいいよね。以前二重橋のかるがもを見に行ったことがあります。かるがもの引越しとかで有名だったのですが、親の後をちゃんとついて歩いているかるがもの親子がすごくかわいかったです。私たちもかるがものようなお互い信頼しあっている親子でいたいと改めて思いました。

投稿: CHISATO | 2009年6月14日 20時59分

みーちゃんさま

どの子ガモちゃんも一生懸命でけなげで見ていてとても癒されました。カモの赤ちゃんって可愛い!

投稿: ゆうき | 2009年6月14日 22時10分

田んぼにかるがもなんてすごいです!

コガモが皆、大きくなってくれると
いいですね。

自然界は厳しいから何羽が成長
できるやら・・・

がんばれって声援を送りたくなります。

豚汁の味付けは煮干、干しシイタケを入れて材料を煮込んでいるだけです(汗)

投稿: patapataokan | 2009年6月14日 22時21分

ふぃるさま

私も誰にも保護されていない野生のカモを見たのはたぶん初めてのことだと思います。
全く違和感なく風景に溶け込んでいる姿は感動ものでした。

投稿: ゆうき | 2009年6月14日 22時29分

ぶぅおやじさま

子を見守る親ガモの姿に感動しました。
自然や小動物には、私たち人間が学ぶべきところがたくさんある思います。

投稿: ゆうき | 2009年6月14日 22時39分

まーちさま

偶然に偶然が重なった光景だったのかな。帰り道で彼らを見かけることはなかったです。

投稿: ゆうき | 2009年6月14日 22時43分

もえぎさま

人間以外の動植物は、今のこの自然環境をどのように感じているのだろうと考えさせられた出来事でした。

ここは、山間の静かな場所にある田んぼです。辺りは静寂に包まれていました。カーステレオを止めてそっと窓を開けてシャッターを押しました。写真を撮るのにこれほど慎重になったのは初めてです。

投稿: ゆうき | 2009年6月14日 23時04分

うにゃさま

ちょっとしたしぐさの一つ一つが可愛らしくて、とても微笑ましかったです。がんばって大きくなって欲しいです。

投稿: ゆうき | 2009年6月14日 23時06分

えぐham さま

カルガモ農法という言葉を最近知りました。
お米一つをとっても色々な育て方があるんですね。

私が住む地域は様々な野鳥が生息していて
朝はきじの鳴き声で目覚めることもあります。

色々な小鳥が訪れるお庭っていいですね。

投稿: ゆうき | 2009年6月14日 23時15分

CHISATOさま

親ガモの眼差しはとても優しくて、子ガモは親ガモを信頼しきっていて、私も彼らを見習いたいなと切に思いました。とても貴重な体験をさせてくれた偶然に感謝です。

投稿: ゆうき | 2009年6月14日 23時24分

okanさま

田んぼにいるとは思ってもいなかったのでとてもびっくりしました。

がんばって大きくなって欲しい。私も思います。

無事に成鳥となったカモと何処かで再開したいです。

投稿: ゆうき | 2009年6月14日 23時44分

ゆうきさん、こんにちは~^^

これはカルガモなんですか?
私は、田んぼに居る姿を見たら確実に
「あいがも」だわ!と決めてかかりそうです(笑)

この田んぼ、あいがも農法なのね~って^^

投稿: Vanilla beans | 2009年6月15日 12時37分

Vanilla beans さま

カルガモだと思います。

近くにカルガモの生息地ともいえる湖があってたぶんそこから来たのかな。

あいがも農法、カルガモ農法と言う言葉を差金知りました。農法って奥が深いですね。

投稿: ゆうき | 2009年6月15日 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/30087853

この記事へのトラックバック一覧です: カルガモの親子:

« 時の記念日 | トップページ | 収穫間近の・・・。 »