« プレゼント | トップページ | 最高の贅沢。 »

2009年7月13日

貴び。

Photo  以前は、よく見かけたのに最近は、ほとんど見かけなくなったものってたくさんある。
 この花もその一つだ。ムラサキツユクサ。ゆうきが子供の頃は、たくさん自生していた。近所の公園で、川辺で、学校の校庭の片隅で。
 大人になってからは、見かけることがなかった露草を先日、偶然、見つけることが出来た。旧友に再開したような感動を覚えた。花弁を絞って色水を作って遊んだ日々が甦った。指先からこぼれ出る紫色の露は、絵の具では絶対に出すことが出来ない透明感があり、幼心にもとても高貴な色に思えた。
 あの頃の思いを一緒にいた娘に教えたくて、あの色をもう一度、この目で見てみたくて手を伸ばしかけたがやめた。数十年ぶりに見るこの花がとても希少価値に感じたから。たった数輪しか咲いていない花を摘んでしまうのは、あまりにも忍びなかったから。
 ”紫露草”漢字に変換するとこんなにも美しい言葉となる。花言葉は貴び(たっとび)。開発が進む周辺の風景において、忘れて欲しくない貴ぶべき存在だとゆうきは思った。

|

« プレゼント | トップページ | 最高の贅沢。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^

わぁ。。。
ゆうきさんのおかげで
私も久しぶりに見ました。
そうそう、子供の頃
花をつぶして露を出してたのを思い出しました。
今はそっと見ていたいね。

↓優しいご主人。
ゆうきさんと一緒に見たかったんだね。
素敵だな。。。

投稿: うにゃ | 2009年7月13日 20時35分

そういえば最近、見ないですね~。

ここは結構自然が残ってるのに。

今度よく探してみます。

私もゆうきさんと一緒で子供のころ
学校帰りによく摘んで帰りました。

でも1日で枯れてしまうんですよね。

投稿: patapataokan | 2009年7月13日 21時53分

私は結構見ている気がします。
というより 実家の庭に自生していました。
草ボウボウなので。。。ハハハ^^;;;

投稿: まーち | 2009年7月13日 23時38分

おはようございます~
ムラサキツユクサ、私も大好きなんです
夏休み、ラジオ体操、ツユクサ、サトイモの葉のつゆという具合にリンクします

時々、実家に行けば見かけるのですがやっぱり昔のように手折ることはできません
夏の朝に見る、この青はやっぱり私にとっての貴びだからかな

投稿: もえぎ | 2009年7月14日 09時50分

私も小さい頃は、花を使って遊びました。
色水を作ったり、押し花に挑戦してみたり、髪飾りにしてみたり…
自然がそのまま遊び場でした。
今はゆうきさんのように、花や虫を見つけると眺めるだけにとどめますが。

私が住むこの住宅地も、昔はみかん山だったとか。
いろんな生き物がいたんだろうな。

投稿: えぐham | 2009年7月14日 14時07分

うにゃさま

私も本当に久しぶりでした。
紫露草の露って綺麗な色をしていましたよね。

最近は、本当に少なくなってしまって、娘はこの花を知らないそうです。

今度見るときは、一緒がいいな。

投稿: ゆうき | 2009年7月14日 20時27分

okanさま

不思議と見かけなくなりました。環境の変化なのかな。

大人になってから、見かけることがなかったので、ずっと気になっていました。

私もずっと知らなかったのですが、午前中に花を開かせて午後には萎んでしまうそうです。儚くて、ちょっぴり切なくなってしまいます。

投稿: ゆうき | 2009年7月14日 20時39分

まーちさま

タンポポポやシロツメ草は咲いているのに、紫露草は見かけることがなくなってしまいました。

もう少し、注意深く探してみようと思います。

投稿: ゆうき | 2009年7月14日 20時42分

本当に、最近めっきり見なくなりました^^
子どもの頃は当たり前のように咲いてた
自生の草花もだんだんと姿を消していってますよね。
家の前は川ですが、ザリガニもアメリカザリガニばかりで
日本の小さいザリガニさんはとんと見かけなくなりました。

投稿: | 2009年7月14日 21時28分

↑またまた名無しのごんべになっちゃいました(ーー゛)
時々、登録してるのに消えてるんですよね(^^ゞ

投稿: ふぃる | 2009年7月14日 21時30分

子供の頃にあった物は少なくなった
感じはありますよね。
田んぼに居たカブトエビや豊年エビなど
見なくなりました。今はザリガニとタニシと
ドジョウくらいしか居ません。
みんな居なくなってしまうのですかね。

投稿: ぷぅおやじ | 2009年7月14日 22時43分

もえぎさま

紫露草、綺麗ですよね。

私も夏休みを思い出します。
ビーチサンダルで野山を駆け回った
日々が懐かしいです。

花にしてみればはそのままそっとしておいて貰えるのが一番幸せですよね。

投稿: ゆうき | 2009年7月14日 22時46分

えぐhamさま

自然がそのまま遊び場だった頃、懐かしいですよね。広辞苑にはさんで作った押し花をずっと大事にしていました。

ちなみに娘は、色水を作ったことがないそうです。時代の流れとは言えちょっと悲しい気がします。

私の住んでいるところは、林だっだそうです。その名残でしょうか。野鳥の宝庫です。

投稿: ゆうき | 2009年7月14日 23時07分

ふぃるさま

私たちが子供の頃、当たり前のように咲いていた草花を、娘の世代の子達は知らなかったりします。

日本のザリガニの観察を弟は夏休みの自由研究にしていました。

娘は、夏休みの自由研究どうするんだろう。

PS メンテナンスの関係で消えてしまう場合があるようです。お手数をお掛けしてすいません。いつもありがとうございます。

投稿: ゆうき | 2009年7月15日 00時55分

ぶぅおやじさま

カブトエビや豊年エビもですが、カエルも昔に比べて減ってしまったような気がします。私が子供の頃は鳴き声がうるさいくらいだったのに、最近は、ほとんど聞く事が出来なくなってしまいました。

娘はたぶん、豊年エビを知らないと思います。

投稿: ゆうき | 2009年7月15日 01時01分

ゆうきさん
おはようございます。

貴女のブログには独特の感性と知性が
溢れてますね。
きっと頭の言い方だと思います。
ライターの仕事も出来るのでは・・・

では(^_^)v

投稿: 大重 | 2009年7月15日 05時26分

ゆうきさんはお花が好きでいろんなことをご存知ですね!ゆうきさんの心もいつもお花のよにきれいなのでしょう・・・
やさしいご主人と娘さん、いいですね~
娘さんに見せたいなと思いながらもお花を思う気持ち!ますますゆうきさんの人間性の素晴らしさを感じました。私もそうなりたいです。

投稿: CHISATO | 2009年7月15日 05時57分

ムラサキツユクサ・・・
こちらでは、まだまだ見られますが
やっぱり、私の子供のころよりも、
少なくなった気がします。
トンボが食べるんだ~って
トンボを捕まえると
必ずとってましたね。

いつでもそこにある・・・
そう思っていたものが
いつの間にか、なくなっている。
いなくなっている。
そんな世の中になってきましたね。
悲しいですね。

これからは、そっとしておくしか
ないのでしょうか?

私は、ゆうきさんの写真の世界が
大好きです(/ω\)ハズカシーィ

投稿: ゆっきー | 2009年7月15日 15時09分

大重さま

こんにちは。
はじめましてでよろしいでしょうか。

ご訪問&コメントありがとうございます。

私は、特に知性的な人間ではありません。
これといった才能もないと思います。
ブログには、何気ない日々の中で感じたことを感じたままに綴っております。

もし、よかったらまたいらしてくださいね。

投稿: ゆうき | 2009年7月15日 18時42分

CHISATOさま

私は、お花が大好きですが、花の名前をあまり知りません。ですから植物図鑑を購入して勉強しなおそうと思います。

娘が紫露草を知らないことに、軽いショックを受けました。自然の中には、素敵なものがあふれている事を伝えていけたらと思います。

投稿: ゆうき | 2009年7月15日 18時47分

ゆっきーさま

えっ、トンボって紫露草を食べるんですか?
それは知らなかったです。
そういえば、トンボも少なくなってしまいましたね。

私が、子供の頃、自然の中で学んだこと、楽しんだ事を娘にも体感させたいと思うのは贅沢なのな。

実は、デジカメを使い始めてまだ、半年ほどです。まだまだ知らないことがたくさんあって恥ずかしいです。

投稿: ゆうき | 2009年7月15日 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/30530261

この記事へのトラックバック一覧です: 貴び。:

« プレゼント | トップページ | 最高の贅沢。 »