« 生命力 | トップページ | 飛行船 »

2009年8月22日

散歩

Photo  夫の実家へ行った際、近所を散歩してみた。
「田舎だから、何の面白みもないぞ。」
夫は言うけれど、そんなことはない。のどかで、平和で、のんびりとブラブラするには、もってこいの場所だ。
 ゆうきが住む地方は、すでに肌寒く感じる日もあるくらいなのに、ここはまだ残暑が厳しい。蝉が過ぎ去る夏を惜しむかの様に力の限り鳴いていた。一面に広がる田園風景は、黄金色に染まりつつあり稲が少しだけ頭を垂れ始めている。同じ日本国内でも初秋の形は様々なのだということを五感を通じて感じた。
 ここで、この場所で夫は育った。田んぼのあぜ道を駆け回り、向こう側に広がる雑木林でかぶと虫取りをした。兼業農家に育った夫は近所では腕白坊主で勇名だったい・・・・・。
目の前の風景と少年時代の夫の姿が重なり、ちょっとだけ鼻の奥がツーンとした。
 散歩から戻ったゆうきを夫は笑顔で迎えてくれた。彼の瞳の奥に宿る好奇心と素朴さは、大人なり、父親となった今も健在だ。この人には、やっぱりこの風景が似合う・・・・。
ゆうきは強く感じた。

|

« 生命力 | トップページ | 飛行船 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わ~!
ほんと自然がいっぱいですね~。

こんなのどかな所で少年時代を
過ごせたなんてとてもいいな~。

男の子はやはり毎日自然にふれて
大地を駆け回ってこそだと思います。

そんな生活をしていれば犯罪なんかとは
絶対に無縁だと思います。

ゆうきさんのご主人の人柄の良さは
こののどかな自然で育ったからこそ
なんでしょうね。

投稿: patapataokan | 2009年8月22日 21時14分

まだまだ残暑厳しいです。
でも、今年は過ごし易い方でしたよ。
そんなところで育った旦那様はきっと
タフでしょうね。

投稿: ぷぅおやじ | 2009年8月22日 21時40分

 私の住んでいるところでも、ちょっと歩くとこことよく似た景色が見れますよ^^
こちらは他よりちょっと早いんだけど、今、稲刈り真っ最中なんです。
おかげでさっそく新米をいただいてます。
最高の贅沢だな~ と日々感じています。

私も、夫が慣れた手つきで子どもに竹とんぼや竹馬を作ってくれたときに、少年時代の彼の姿を思い、ちょっとくすぐったい気持ちになりました。
自分の知らない頃の夫をふとしたときに感じられるって、嬉しいですよね。
ゆうきさんも、いい時間を過ごせてよかったですね。

投稿: えぐham | 2009年8月22日 22時01分

田園ですね~もう私の家に方では見られません・・・嫁に来たときは結構田んぼや畑が多かったんだけどね。主人も田んぼのあぜ道で遊んで育ちました。私は都会のど真ん中。子供たちが小さいころはまだ田畑が多かったので主人と同じような遊びをしていたようです。いつも土臭かった兄ちゃん。懐かしいな!

投稿: CHISATO | 2009年8月23日 06時33分

緑がいっぱいで 気持ちよさそうですね
シーンと静まり返った中から セミの声や風に揺れる葉の音だけが 響いてきそうなそんな風景ですね・・・
私の親は それぞれ海や山育ちでしたから
小さい時は よく連れて行ってもらったけど
大阪で育った私たち夫婦には 何もありません。。。
孫が 思い切りはしゃげるようなところへ いずれ住みたいなと思ってます

自然の多いふるさとがある人がうらやましいです 

投稿: ドリームママ | 2009年8月23日 11時48分

ゆうきさん、こんにちは^^

先日は温かいコメント、ほんとにありがとうございました!
とってもうれしかったです^^

考えながらのゆっくり前進になりそうですが・・・
これからも仲良くして下さい^^

投稿: Vanilla beans | 2009年8月23日 15時20分

okanさま

はい、ゆうきの故郷とはまた違った形の自然があふれています。

忘れていた何かを思い出させてくれる風景です。

腕白すぎて、叱られることもしばしば。夫には面白いエピソードがたくさんあります。

この地方に住む小中高生は、とても純朴です。

少年自体に培った大切なものをずっと忘れないでいて欲しいです。

投稿: ゆうき | 2009年8月23日 20時46分

ぶぅおやじさま

今年は例年に比べると気温が
あまり高くなかったようですが
私たちが行った時は残暑が厳しくて
なかなか寝付かれませんでした。

体調を崩したとしても一晩で
治ってしまいます。
とってもタフな人です。

投稿: ゆうき | 2009年8月23日 20時52分

えぐhamさま

この地方は、稲刈りまでには、まだ一月ほどあるそうです。
今年の新米が凄く楽しみです。

夫は外で蝉やカブトムシを見かけると今でも目を輝かせます。
時間があるときには、童心に返って?木に登って捕まえます。
そんな夫の姿を見るとなんだかとっても幸せな気持ちになります。

えぐhamさんが住むところも、とっても
素敵なところなのですね。
それぞれの形の秋を大切にしたいですね。

投稿: ゆうき | 2009年8月23日 21時22分

CHISATOさま

私が住む地域でも田んぼがめっきりと減ってしまいました。
悲しいことに、うちの娘はあぜ道を歩いたことがありません。

時々、土の匂いが無性に恋しくなる私です。子供に戻って泥遊びがしたいです。

投稿: ゆうき | 2009年8月23日 22時33分

ドリームママさま

この辺りは、車があまり通らなくって、昼間でも静かな場所です。

蝉が盛んに鳴いていたけれど、不思議とうるさく感じませんでした。

孫が思いっきりはしゃげるようなところに住みたい、私達夫婦の課題でもあります。静かでのんびり出来るところに住みたいねといつも話しています。

投稿: ゆうき | 2009年8月23日 22時44分

Vanilla beans

元気になられたようでよかったです。

私も、周りの景色を見ながらのんびり歩いていこうと思っています。

こちらこそ、これからもよろしくです。

投稿: ゆうき | 2009年8月23日 22時47分

なんにもない自然を
丸ごと感じて楽しめる心のゆとり、余裕があることは
とても素敵なことだよねっwink

投稿: まるこ(マスクの恐怖) | 2009年8月24日 09時41分

我が家の周りも同じような風景が
広がっていますよ。
私も、田園風景大好きです。
農業は大変だけど
お嫁に来てよかったうちのひとつです。

うちの旦那さまも少年です。
近所に木に登って虫取りした話も
聞きました・・・

のんびり出来てよかったですね!

投稿: ゆっきー | 2009年8月24日 14時38分

ゆうきさん、こんにちは^^
お久しぶりです。

こういう景色、落ち着きますね。
私の実家も少し行くと
田んぼが広がっています。

↓今年はお野菜等の生育があまりよくないようだね。
私も実家や親戚からの野菜達
ありがたくいただきました。

投稿: うにゃ | 2009年8月24日 16時35分

まるこさま

普段はネットサーフィンを趣味としている私ですが
夫の実家にはパソコンがないので、必然と外の風景に目がいきます。
のんびりと自然に触れるのもたまにはいいかなと思います。

投稿: ゆうき | 2009年8月24日 18時48分

ゆっきーさま

私が住む地域では、田んぼが
めっきりと減ってしまって・・・。
ですからここへ来るとなんだか
懐かしい気がしてホッとします。

大人になった今でも夫は
少年らしさを併せ持っています。
時々、垣間見ると妙に嬉しくなります。

投稿: ゆうき | 2009年8月24日 19時09分

うにゃさま

のどかで静かでここに来ると
いつもホッとします。
忘れていた何かを思い出させてくれます。

実家から貰ったジャガイモとタマネギがまだ少し残っています。大事に頂こうと思います。

投稿: ゆうき | 2009年8月24日 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/31060533

この記事へのトラックバック一覧です: 散歩:

« 生命力 | トップページ | 飛行船 »