« 願いは | トップページ | 魅了されて »

2009年10月31日

秋の宝石

Photo  地元に程近い道の駅の入り口に置かれていたホウズキ。熱い思いが込み上げてきて、気が付くとデジカメで撮影していた。
 ゆうきのホウズキに対する思い入れは深い。家族の誰が何処で手に入れていたのかは定かではないが、ゆうきの実家には、秋から冬にかけては常に、ホウズキがあった。ゆうきは、こたつの上の蜜柑をむくような感覚で、ホウズキ遊びに興じた。小さな頃は祖母と一緒に、ちょっと大きくなってからは一人で。
 ホウズキの外皮の部分と実の部分を離すとほのかに香ってくるホウズキ独特の青臭さ。その香りを感じながら中の種を少しずつ少しずつ出してゆく。手で押すようにして、爪楊枝でほじり出すようにして。簡単なようで意外と難しい。自他共に認めるほど不器用なゆうきが成功するのは稀だった。(だいたい十個に一個ぐらい)それだけにうまくいくと飛び上がるほど嬉しかった。「風船ができたよ、見て見て!」と家中の人に見せて回った。出来上がった風船を口に入れて音を出すことはせずに、手のひらでいつまでも転がしていた。透き通るようなオレンジ色の玉は、秋の宝石のように思えた。
 何気なく手にしていたホウズキ。慎重さ集中力を養う上では最高の教材だったと思う。今のゲーム機のように記録としては残らないが、思い出としては残る遊びだった。

|

« 願いは | トップページ | 魅了されて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほおずきって何年ぶりに見たのかしら
というぐらい 久しぶりに見ました。
そうか今の季節のものなのね。

投稿: まーち | 2009年10月31日 20時48分

ほおずきってこちらでは花屋さんで見る位であまり見ません。

でも昔は草笛やレンゲの首飾り、いろんなものを自分たちで工夫して作りましたよね。

今の子はそんなことする機会がないので
可愛そうです。

投稿: patapataokan | 2009年10月31日 21時52分

 花屋さんでしか見れなくなった花、増えましたね。
ほおずきもそのひとつかな。

昔の遊びにはゲームの中だけでは経験できない事がいっぱいあるのに、なかなかさせてあげられないって もどかしいですね。

投稿: えぐham | 2009年10月31日 22時21分

ブログを開いた瞬間
ホウズキが目に入って
おぉ!って思ってしまった^^
昔に私も音を出せる事が出来て
すっげ~嬉しかった記憶が^^
これって、今じゃ全然してないよね~
きっと、うちの子は知らないなぁ~
強いて言うなら、墓参りの時に持って行く花としか思ってないかも(笑)

投稿: ふぃる | 2009年10月31日 22時21分

ほおずき懐かしいです(。・w・。 )
そうか・・今の時期花屋さんの前通ると鮮やかなオレンジ色、目にしますよね。
おばあさんもオフクロもよく口で鳴らしてました。僕はどうしても綺麗に穴を明けて中身を出すことが出来なかったなぁ~

投稿: 銀四郎 | 2009年11月 1日 04時03分

ゆうきさん
おはようございます。

目にするひとつひとつの事に色んな気持ちが溢れ出る感性は素晴らしいですね。

旦那さんの誕生日に、ご両親に感謝出来る気持ち、大切ですね。何か人間の本質を教えて頂いた気がしました・・・・。

投稿: 大重 | 2009年11月 1日 08時45分

柿かと思いました!きれいなオレンジ色でかわいいですね!どこかで見たような気がするけど・・・本物をよ~く見たいです。

投稿: 夏菜 | 2009年11月 1日 10時53分

まーちさま

私も何年かぶりで見ました。
(最後に見たのは10年以上前かも)
ホウズキが秋の植物であることを再認識しました。

投稿: ゆうき | 2009年11月 1日 20時45分

okanさま

そうですよね。
昔はあちらこちらで見られたのに最近はほとんど見かけなくなりましたよね。

草笛を鳴らしながら、帰途についた頃が懐かしいです。今では草笛を見つけること自体難しいかも。

うちの娘は、たぶんホウズキを知らないと思います。今度、手に入れて遊び方を教えてみようかな。

投稿: ゆうき | 2009年11月 1日 20時49分

その遊び知ってます。
アネキが上手に楊枝でほじくって風船作って
おやじも見よう見まねで遊んでました。
しかし、1回も成功した事がありませんでした。
30年以上も前の事を思い出させていただきました。

投稿: ぷぅおやじ | 2009年11月 1日 20時56分

えぐhamさま

ホウズキ、今は花屋さんに行かないと手に入らないのかな。昔は何処の家庭にもあったのになんだか寂しいです。

昔は、聴覚、視覚、触覚、嗅覚、味覚と五感を使う遊びが多かったように思います。
言葉では表現できない楽しさもあって、娘にうまく伝えられないことが悲しいです。

投稿: ゆうき | 2009年11月 1日 20時58分

私にはできないのよね~「キュッキュッ」て鳴るんですよね…でもその前に敗れちゃうの…浅草の「ほおずき市」を思い出しました。以前はわが家の庭にもあったそうですが・・・今はもうなくなってしまいました。結構弱いそうですね。あ~ちゃんが好きでここ最近は買ってきています~夏菜は見たことがあるはずなんですが・・・柿だと思ったことに笑ってしまったよ~

投稿: 千里 | 2009年11月 1日 21時01分

ふぃるさま

田舎町の道の駅で、ひときわ、鮮やかな輝きを放っていました。

私は、皮を破らずに中身をほじりだせることが稀で、うまく音を出せたことは一度か二度しかありません。

今、ホウズキは観賞用でしかないのかな。
うちの娘も知らないって言っています。

投稿: ゆうき | 2009年11月 1日 21時14分

銀四郎さま

ほおずき、懐かしいですよね。
花屋さん等で鉢植えのほおずきを見かけるとついつい足を止めてしまいます。

祖母は、十個中7~8個の確立で成功していたのですが私が成功するのは稀で、とにかく難しかったと記憶しています。難なくこなす祖母が神様に見えました。(笑)


投稿: ゆうき | 2009年11月 1日 23時07分

大重さま

ついついボーっと思いに浸ってしまいます。
そのためか、生傷が絶えません。
今日も蜂に刺されそうになりました。(笑)

今の自分がいるのは、両親や先祖様がいたからこそ、娘に、自分自身にいつも言い聞かせています。

投稿: ゆうき | 2009年11月 1日 23時14分

夏菜さま

夏菜ちゃん、お返事が遅くなってごめんね。もう寝ちゃったよね。
明日、病院に戻る前に読んでもらえたら嬉しいな。無理だったらお母さんに聞いてね。

ゆうきの娘もホウズキを知りません。
写真を見て「これ何?」って言っていました。
ホウズキはお花屋さんに置いてあります。今度探してみてね。

コメントありがとう。また遊びに来てね。

投稿: ゆうき | 2009年11月 1日 23時19分

ぶぅおやじさま

お姉さまは、とても器用な方ですね。
私もついつい手元がくるってしまい成功するのは稀でした。

この遊び、今時の子供たちにやらせたらどうなるのでしょうね。想像すると面白いです。

投稿: ゆうき | 2009年11月 1日 23時23分

千里さま

私たちの世代で完璧に出来る人は少ないのかもしれませんね。

浅草のホウズキ市、有名ですよね。一度は行ってみたいです。
うちの実家には、いつもこれがあったのですが、大人になってからは見かけることがなくなってしまいました。もしかしたら亡くなった祖父が育てていたのかもしれません。

言われてみれば柿に見えなくもないですね。
今の子供たちは、ホウズキを知らないこの方が多いのかも。うちの娘も見たことがあるはずなのに知りませんでした。

投稿: ゆうき | 2009年11月 1日 23時33分

(*'▽'*)わぁ♪
この時期にほおずきってちょっとめずらしいですね^^
鮮やかな朱色がきれいです~。

ワタシが子どもの頃祖父母が八百屋をやっていて時期になると店先にほおずきが並びました。
やっぱり祖母に教わってほおずきを鳴らす練習をしたけれど全然出来なかったなぁ~^^;

投稿: しま | 2009年11月 2日 00時43分

私も子供の頃、うちに植えてありました。
確か、母が鳴らしたのをまねして、中身を出してみましたが、成功したことが無かった気がします。難しかったな。。。

うちの子供たちもあまり知らないと思います。楽しかったんだけどな~

投稿: ゆっきー | 2009年11月 2日 14時49分

しまさま

昔に比べて少なくなりましたよね。
なんとなく薄暗い道の駅で、ホウズキがある場所だけが明るく見えました。

そうそう、以前は八百屋さんにも置いてありましたよね。
最近は、八百屋さんも減ってしまって、寂しいです。

ホウズキを鳴らすことは、簡単そうに見えて難しいなと思いました。

投稿: ゆうき | 2009年11月 2日 19時06分

ゆっきーさま

うちの実家では、たぶん祖父が育てていたのだと思います。
爪楊枝を用いて慎重に作業するのですが、いつも途中で破れてしまいました。
難しいですよね。今やっても出来ないかも。

うちの娘もご他聞に漏れず、知りません。
今度、教えようと思います。

投稿: ゆうき | 2009年11月 2日 19時13分

こんばんは^^

ホウズキの鮮やかなオレンジ色に
目が奪われました。

私も子供の頃
母とホウズキの中身を取り出して
遊んだなぁ。
でも私はなかなか上手く中身を出せなくて
皮がすぐに破けちゃて。
また懐かしい思い出が蘇ってきました。

投稿: うにゃ | 2009年11月 2日 19時29分

あんこやさんも
不器用なんで
人のを見てた気がする(笑)
でも
懐かしいね~
そいや~
ほおずきで遊んでる子は見たことないや

投稿: あんこや | 2009年11月 2日 19時43分

うにゃさま

久しぶりに見たホウズキは凄くいろ鮮やかな印象を受けました。

ホウズキの風船をうまく作れるのは、私たちの親世代までなのかな。難しいですよね。

今度、買って来て懐かしい思いに浸ろうと思います。

投稿: ゆうき | 2009年11月 2日 20時12分

あんこやさま

私も自分で作るよりも祖母が作るところを見ていた時の方が多かったかもしれません。

私の周りにホウズキの遊び方を知っている子供はいないかも。

投稿: ゆうき | 2009年11月 2日 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/32014654

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の宝石:

« 願いは | トップページ | 魅了されて »