« もうすぐ | トップページ | 初挑戦 »

2009年10月10日

誤解です

Photo  「あれは、セイタカアワダチソウだ。」
台風一過から一夜が明けてのドライブ中、夫がつぶやいた。
「えっ、何?」
あまりにも唐突だったためびっくりした。
「セイタカアワダチソウだよ。ススキと一緒にはえているあの黄色い花は。」
「へ~、そうなんだ~」
今まで、視界に入ってはいたのだろうけれど、気にも留めなかった花の名前を、夫が知っていたことに意外性を感じた。
名前を知った途端、その存在が気になり始めたゆうきは、適当な場所に車を止めてもらい、デジカメに収めた。
「この花は有害なんだよな。」
車に戻る途中、夫が再びつぶやいた。
「え~、こんなに可憐な花なのにぃ?」
ゆうきは、納得がいかない気がした。
 セイタカアワダチソウのことを可哀そうに思ったゆうきは、家に帰ってから、インターネットで調べてみた。
 セイタカアワダチソウは、北アメリカ原産の帰化植物。空き地や放棄畑などに繁茂する。一時期は、花粉アレルギーの元凶なのではと言われていたが、この花は、花粉をミツバチなどの昆虫によって媒介させる蜜源植物であり、花粉を風に乗せてばらまく風媒花ではない。有害どころか表土の流出防止に貢献している・・・・・。夫が思っていたことはどうやら誤解だったらしい。色々なことがわかって嬉しくなって早速、夫にこのことを伝えた。ゆうきが必死になって力説したからだろうか、彼も納得してくれたようだ。
 セイタカアワダチソウ、花言葉は、”生命力”。台風による風雨に負けず、凛とした美しさを保ち続けた強さにぴったりだと思った。

|

« もうすぐ | トップページ | 初挑戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この花は秋のある日 一斉に黄色い花がつく感じですね。
すごい生命力でどんどん増えますね。

投稿: まーち | 2009年10月10日 21時05分

おやじ地方では似たような雑草で
ブタクサがあります。
これはやはり外来種で花粉アレルギーの
人が多いです。
誤解が解けてよかったですね。
セイタカアワダチソウも堂々と咲けます。

投稿: ぷぅおやじ | 2009年10月10日 21時11分

お花には罪はないですよね。私はほとんどお花や草のアレルギーがあってそのせいでなんども苦しい思いをしてきたけどでも「この花達には意味があるんだよね~」と思っていました。でも、ゆうきさんがちゃんと調べて「誤解」を解いてくれたので私も「やっぱり意味あり!」と改めてわかってあげられました。誤解を解いてくれたのであげられてセイタカアワダチソウは喜んでいるでしょう!

投稿: 千里 | 2009年10月10日 21時27分

私もゆうきさんのご主人と同じで
有害な植物だと思っていました。

ゆうきさんのお陰で間違った知識だったと
わかりました。ありがとう~。

花言葉の「生命力」はこの花にぴったりですね。

投稿: patapataokan | 2009年10月10日 22時00分

 お久しぶりです!
なんとか帰って来れました(^^)

確かに間違った知識のままってよくありますよね。
ご主人の誤解が解けて良かったですね。

投稿: えぐham | 2009年10月10日 22時19分

ご夫婦揃って、草花に詳しいんですね^^
確かに、子どもの頃に教えられた事って間違った事でも
それが真実~って思ってしまってる事ってありますよね^^
私もネットのお陰で、へぇ~そうやったんやぁ~ってな事が
多々あります(^^ゞ

投稿: ふぃる | 2009年10月10日 23時21分

セイタカアワダチソウって子供の頃
この花粉が耳に入ると 耳が聞こえなくなるって言われてて
名前はその時は知らなかったので
耳つんぼの花って呼んでましたよ
だから今でもこれをみると
耳をふさいでしまいます
どんな植物も 意味があって育ってるんだから
敬遠してはいけませんよね
とはいっても 目にしたら
思わず耳をふさぐかもしれませんけどね
(^-^)フフ

投稿: ドリームママ | 2009年10月10日 23時32分

 ゆうきさん、私もずっと誤解していました
小学生の頃に見かけるようになって、「毒のある草」として覚えていました
さらに花粉がアレルギーの元だとも思っていました
 表土の流失防止に役立つのなら植えたいかなと思います
すごく根が張っているの知っているんですが、やっぱり見た目雑草でとしか見てもらえないと悲しいね~
 

投稿: もえぎ | 2009年10月11日 13時13分

まーちさま

背が高いものは2~3メートルもあるとか。
前日の台風でかなり風雨に打たれたはずなのに、ダメージを受けた様子は感じられなくて、その力強さに、感心させられました。

投稿: ゆうき | 2009年10月11日 20時30分

ぶぅおやじさま

ブタクサは、夫の実家方面にも生息しています。
初めてその名前を聞いた時、思わず笑ってしまいました。

セイタカアワダチソウは、よく見るととっても可憐な花です。堂々と咲いて欲しいです。

投稿: ゆうき | 2009年10月11日 20時35分

千里さま

一人の人間がこの世に存在することに意味があるように、ここにこの花が咲いている事にも意味があるのかなと感じました。
もし、この日にセイタカアワダチソウを見かけなかったら、もし、夫が、「この花は有害だ。」という話をしなかったら、私はセイタカアワダチソウのことを調べなかったと思います。調べたことで誤解が解けて、この花の良さがわかった。あの日あの場所でセイタカアワダチソウに出会えたことはセイタカアワダチソウにとっても私たちとっても良いことだったのかもしれません。

投稿: ゆうき | 2009年10月11日 20時56分

okanさま

もしも、夫がセイタカアワダチソウのことを話題にしなかったら、私はその存在すら知らなかったかもしれません。

野に咲く花の名前を一つ覚えらた上に、夫が抱いていた誤解も解けて、本当に良かったです。

他のお花は台風によるダメージをかなり受けた様子だったのに、セイタカアワダチソウだけは堂々としていて、生命力の言葉がぴったりだなと思いました。

投稿: ゆうき | 2009年10月11日 21時18分

えぐhamさま

お帰りなさい。
帰って来てもらえて嬉しいです。

誤解をしたままののことって、自分が考えている以上に多いのかもしれませんね。
雑草に類されてしまう花のことをもっと調べてみようと思います。


投稿: ゆうき | 2009年10月11日 21時43分

ふぃるさま

夫は植物に興味があるようですが、私はそれほどでもありません。

間違った知識のまま覚えていることって意外にも多いのかもしれませんね。

何かわからないことがあると辞書や図鑑よりも先にパソコンに飛びつきます。
今まで持っていた価値観、知識が覆されることがたびたびです。(笑)

投稿: ゆうき | 2009年10月11日 22時43分

ドリームママさま

私は、タンポポの綿毛が耳に入ると、耳が聞こえなくなるという間違った知識をかなり大きくなるまで信じていました。

どんな生き物にも植物にも意味があって育っている・・・。理解できるまでにはずいぶん時間がかかったように思います。

頭でわかってはいても、つい・・・私もです。(笑)

投稿: ゆうき | 2009年10月11日 22時55分

もえぎさま

セイタカアワダチソウは、その花弁の形から誤解を受けることが多かったようです。

旺盛な成長力を利用して方面への緑化をはかることも検討されたことがあるらしいのですが、いったん広がってしまった風評被害の影響が大きすぎて実施には移されていないそうです。

よく見ないとその美しさに気付けないところが残念だと思います。

投稿: ゆうき | 2009年10月12日 00時41分

セイタカアワダチソウ=ブタクサなどとも呼ばれてちょっとかわいそうですよね~。
そうなんだー、花粉症の原因と言われていますよね。
違うんですね。
我が家のすぐ近くにもきれいに咲いているセイタカアワダチソウがありますよ^^

投稿: しま | 2009年10月12日 01時48分

しまさま

綺麗なお花を咲かせるのに嫌われることが多くて、なんだか可哀そうですよね。

セイタカアワダチソウが蜜源植物であることをもっと多くの人に知ってほしいです。

この写真から、少し離れたところに群生していて、とっても綺麗です。

投稿: ゆうき | 2009年10月12日 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/31731220

この記事へのトラックバック一覧です: 誤解です:

« もうすぐ | トップページ | 初挑戦 »