« 駆け足で | トップページ | 中秋の »

2009年10月 3日

赤とんぼ

Photo  ゆうきがデジカメを持ち歩くようになってから約半年。生き物の姿を捕らえるのは難しいなと常に感じている。人の気配に驚いて逃げてしまったり、思ったようなアングルが図れなかったり。ゆうきの作品には失敗作も数多い。
 先日、ゆうきの目の前を飛び交った赤とんぼ。今がチャンスと、足音を忍ばせ、息を潜めてデジカメを構えた。シャッターを切る指はいつもよりずっとずっと慎重だったように思う。
 ゆうきが赤とんぼと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、童謡”赤とんぼ”。あの郷愁を思わせる歌詞とメロディーに心引かれてテレビやラジオでこの歌が流れるとか必ず手を止めてしばし聞き入る。幼い頃からこの歌には、感じることが多かったが、中学生の頃、音楽の時間に歌詞の意味、情景を勉強してからは、よりいっそう、思いが強まった。思いを込めて”赤とんぼ”を熱唱した音楽教師の透き通るような声は今でもゆうきの耳に残っている。
 目の前の松の木に止まっている赤とんぼ。三木露風が”赤とんぼを作詞したのは、大正10年(1921年)。彼がもし、今のこの時代のこの光景を見たら何を感じるのであろうか、ふとそんなことを考えた。

|

« 駆け足で | トップページ | 中秋の »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「夕焼け小焼けの赤とんぼ~」いいよね~秋を感じる歌ですね~お風呂の中で歌おうかな?まだ松戸では赤とんぼを見ていません。あとちょっとかな?お月さまは見えましたか?こちらは残念です…

投稿: 千里 | 2009年10月 3日 21時04分

生きものってすぐに動くから写真に
撮りにくいですね~。

もう赤とんぼの時期なんですね。
でも昔よりとんぼって見なくなったような
気がします。

やはり自然が減ったせいでしょうか?

投稿: patapataokan | 2009年10月 3日 22時17分

赤とんぼの歌って、私が通ってた
小学校で、放課後の5時に門が閉まる時に必ず鳴ってたの。
だから、聞くと必ず小学生時代の夕方を思い出すの。
生き物ってじっとしてくれないから
本当に撮影しにくいよね^^

投稿: ふぃる | 2009年10月 3日 23時32分

タイトルの赤とんぼを見てあたしも童謡の赤とんぼが浮かびました。大正に作られた歌なんですね。

投稿: みーちゃん | 2009年10月 4日 08時29分

とんぼもいろんな種類がいるけれどやっぱり秋に一番しっくりくるのは赤とんぼですね^^

虫や鳥を撮るのは難しいですよね。
望遠で遠くから撮るか、息を潜めて近づくか・・・あとは運?

投稿: しま | 2009年10月 4日 14時51分

こんにちは~
赤とんぼなどの生き物って撮るの難しいですね

 赤とんぼの歌は、少し悲しい感じがしてせつない気持ちになります
でもあの辺の時代の歌の歌詞ってどこか物悲しくてせつないです~
でも、秋にぴったりの歌ですね

投稿: もえぎ | 2009年10月 4日 16時46分

きれいな赤ですね。
あかとんぼと聞くと、やはり童謡を思い出しますね^^

投稿: itaita | 2009年10月 4日 18時06分

千里さま

赤とんぼ、この時期になると知らず知らずのうちに口ずさんでいます。

お月様は、昨夜午前0時になる直前に雲の切れ間から姿を見せてくれました。ほとんど諦めかけていたので嬉しかったです。

投稿: ゆうき | 2009年10月 4日 20時50分

okanさま

生き物を撮るのは難しいですよね。
同じ日に蝶々も写真に撮ろうとしたのですが失敗してしまいました。

学校帰りに友人たちと、赤とんぼを追いかけていた頃が懐かしいです。

こちらも昔に比べて、めっきりと数が減ってしまいました。
便利な世の中になったとは思うけれど、何か大事なものが置き去りにされたような気がして寂しいです。

投稿: ゆうき | 2009年10月 4日 21時02分

ふぃるさま

この曲を耳にすると、あぁ~今日も無事に終わったな~ってホッとします。
なんだか実家が妙に恋しくなるから不思議です。

音をたてないように息を潜めていても感ずかれてしまって・・・。生き物ってとても敏感だなと思います。

投稿: ゆうき | 2009年10月 4日 21時14分

みーちゃんさま

大正10年、三木露風が故郷兵庫県龍野町(現在龍野市)で住んだ子供の頃の郷愁から作った詩に、昭和2年(1927年)、山田耕作が曲をつけたそうです。
童謡って奥が深いですね。

投稿: ゆうき | 2009年10月 4日 23時26分

しまさま

私が住む地域では、秋のお彼岸が過ぎた頃から飛び始めます。
でも、最近は数が減ってしまって、じっくりと見たのは久しぶりのことです。

私は息を潜めることが下手?なのかいつも逃げられてしまいます。今回はたまたま運が良かったのだと思います。

投稿: ゆうき | 2009年10月 4日 23時40分

もえぎさま

生き物を撮るのは、本当に難しいですよね。デジカメを持ち歩くようになってからつくづくと実感しています。

実際にこの歌を作詞した三木露風という方は家庭的に恵まれなかったようですね。
自分を可愛がってくれた姐やを懐かしむ気持ちがヒシヒシと伝わってきて、しんみりとしてしまいます。

好きな童謡というアンケートで赤とんぼは、いつも上位に上がるそうです。
皆さん、この歌にはそれぞれの思いがあるのかな。

投稿: ゆうき | 2009年10月 4日 23時51分

itaitaさま

赤とんぼの体が青い空と緑の芝生に映えてとってもとっても素敵なコントラストでした。
赤とんぼは、幅広い年代に馴染み深い曲ですよね。

投稿: ゆうき | 2009年10月 4日 23時55分

動くものを撮る時は ホントに難しいですよね
たぶんそれなりの設定をすれば きれいに撮れるんだろうけど 使い切れてないです
赤とんぼの季節ですね
自転車で走ってると とんぼって 急に横に飛んできて しばらく一緒に走ってたり
だけど ふいに急降下されると
噛み付かない生き物だけど びっくりして自転車から落ちそうになります

大正ですか・・・
そのころの日本ってのんびりと出来る場所が
いっぱいあったんだろうなって思いますね

投稿: ドリームママ | 2009年10月 5日 00時20分

ドリームママさま

デジカメを持つようになってから半年ほどが経過したのですが、未だに機能の半分も使いこなせていません。

赤とんぼは、突然、目の前に表れて、しばらく周囲を飛び交った後、何処へかと消えていきます。ずっと目で追って入るのですが、いつも見失ってしまいます。

大正時代は、今よりも自然も多くて、空も澄んでいて、赤とんぼの数ももっと多かったのだろうな。

投稿: ゆうき | 2009年10月 5日 01時24分

私も童謡”赤とんぼ”好きですよ~

確かに生き物はうまく撮れません。
でも、いままでなら普通だった景色や物が
目に留まったり、それによっていろんなことを思ったり思い出したり・・・
ステキなことですよね。
季節の移り変わりも、感じることができる。

私も、離れていてもゆうきさんのこと
感じて、思っています!!

投稿: ゆっきー | 2009年10月 5日 10時25分

赤トンボか~
すっかり秋めいてきましたね。
童謡はよく歌います
ボーヤちゃんがいるので・・
風呂の中がいいのよね~いい感じに響いて
たまに
湯を掛けられますけど(笑)

投稿: あんこや | 2009年10月 5日 16時31分


しかし日に日に秋ですねぇ~
今日は東京方面冷たい雨です。
陽が短くなってなんとなく寂しいです。
やっぱ!夏がいいなァ~~
暑いけど・・

投稿: 銀四郎 | 2009年10月 5日 18時40分

ゆっきーさま

童謡”赤とんぼ”いいですよね~。

そーっと、近づいたり息を潜めたりしているのですがなかなかうまくいきません。
デジカメを持ち始めたことで、それまで気にも留めなかった様々なことが目に入ってくるようになりました。ずっと忘れかけていた大事な何かに気付かされることもたびたびです。

同じ太陽、同じ星をゆっきーさんも見ているのかなって私もいつも感じています。

投稿: ゆうき | 2009年10月 5日 19時12分

あんこやさま

お彼岸も過ぎてから空が高くなったなぁって感じています。

私も気付くと童謡を口ずさんでいます。
娘が小さな頃にも、よく歌って聞かせました。
現在中学生の娘は、童謡が大好きです。

投稿: ゆうき | 2009年10月 5日 19時17分

銀四郎さま

こちらも今日は、冷たい雨が降っていました。
長袖を着ていても肌寒く感じます。
そろそろ上着が必要なのかな。
一雨ごとに冬が近づいてくる気がしてなんとなく寂しいです。

投稿: ゆうき | 2009年10月 5日 19時19分

アキアカネですね。
小さい、動くものの写真は難しいですね。
そうですね、明治生まれの人間が突然現代に
来たらどんなんでしょうね?飛行機、車見て
怖がり子供見て宇宙人だと思うことでしょうね。^^

投稿: ぷぅおやじ | 2009年10月 5日 22時21分

ぶぅおやじさま

アキアカネというのですか。
知らなかったです。
赤とんぼにも色々な種類がいるのですね。

明治生まれの人が今の日本を見たらどう思うか・・・・・・・・。
想像するとちょっと怖いです。

投稿: ゆうき | 2009年10月 6日 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/31627287

この記事へのトラックバック一覧です: 赤とんぼ:

« 駆け足で | トップページ | 中秋の »