« 晩秋の宝物 | トップページ | 一周年 »

2009年11月21日

霜月

Photo  ここ2~3日、寒い日が続いている。今年の11月はいつもの年より、小春日和の暖かい日が多かったためか、寒さが、よりいっそう身にしみる。昨日の朝は、霜が降りた。家々の屋根が、車が、がんばっている植物が、アスファルトがうっすらと白くなった・・・・・。
霜が降りた朝は、心なしか町並みが静かに感じるのは、ゆうきの気のせいかな。
 小学生の頃、白く染まった近所の家の屋根を見て、
「雪が降った~」
って大騒ぎしたっけ。霜が降りると何故かワクワクした。学校へ行く道すがら、氷が張った水溜りに歓声をあげた。わざわざ舗装されていない道路脇や何も植わっていない畑を歩いて霜柱の感触を楽しんだ。朝の光に照らされて虹色に輝く木の葉や小石が宝石ように思えた。霜が降りた朝は、いつもの通学路が驚きの宝庫となった・・・・・・。
 11月は陰暦で言うと”霜月”。その名の通り霜が降りると、ついつい霜柱を捜し求めてしまう・・・・・・。あのなんとも言えない感触を今一度味わいたい。懐かしくて愛おしい冬の音。
 

|

« 晩秋の宝物 | トップページ | 一周年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

11月生まれなのに、小さいころは、寒さが大の苦手。この世から冬が無くなれば良いなと勝手に思っていたのです。四季のある日本に生まれたのにね。
でも今は素直に暑さ寒さを楽しんでますが、
霜柱なども、このごろは温暖化が進んでほとんど見られません。少し残念です。

投稿: ねんね | 2009年11月21日 20時51分

昔は朝、霜柱を踏みながら登校しましたが
今は霜も見なくなりましたね。

アスファルトの道ばかりになったのも
影響しているんでしょうか?

息子達に聞いても
霜柱って覚えがないみたいで
寂しいものです。

投稿: patapataokan | 2009年11月21日 21時58分

えー!もう霜が降りてるんですか。
確かに朝晩は10℃以下になる日も多くなりました。
今日なんかもちょっと動くと半袖でもいい陽気でした。
日本は狭いけど広いですね。

投稿: ぷぅおやじ | 2009年11月21日 22時10分

うっわぁ~
霜が降りたの?早いね^^
こちらは、朝一番は車のフロントガラスが
曇ってる程度で
まだ霜は降りてない。
霜が降りると、家の前の川の周りが綺麗に白く縁取られて
さむっ!って見るの^^

投稿: ふぃる | 2009年11月22日 00時44分

 霜柱も最近、私が外に出ないせいか見なくて・・・
でももう少ししたら霜で真っ白な朝を迎えます
霜柱の「さくっ」とした感触は今も思い出すと懐かしいです
霜でキラキラと輝く全てのものが昨日と同じものにみえない不思議ですね
 はく息が白くなる季節も寒いだけじゃなく、キラキラとする季節と思えば楽しいかもね
 

投稿: もえぎ | 2009年11月22日 09時27分

 ゆうきさんの住む町はすっかり冬なんですね。
こちらも時々は寒い朝を迎えますが、まだ霜が降りるまでは冷えません。

寒いのは苦手だけど、寒くならないと大根や白菜は美味しくならないと言うし、お魚も冬だからこそ美味しく食べられる物もありますよね(食いしん坊の発想?)
そうそう、キャベツがああいう形に(包み込むように)なるのは寒さのおかげなんだそうですね。

寒い冬があるから、暖かい春の訪れが嬉しいんですよね。
四季のある国に生まれたのだから、ちゃんと寒い冬が訪れてほしいな~ と思うようになりました。

投稿: えぐham | 2009年11月22日 14時35分

ゆうきさん
こんにちは。

風邪ひかないで下さいね。
うがい・手洗い・マスク・加湿器の
最大利用で・・・・。

投稿: 大重 | 2009年11月22日 15時40分

ねんねさま

四季がある日本に生まれてよかった・・・・・。
私が、心からそう思えるようになったのは大人になってからです。

霜柱は、こちらでもほとんど見られません。
あの感触を娘にも味あわせてあげたいのに
寂しい限りです。

投稿: ゆうき | 2009年11月22日 21時03分

okanさま

霜柱を踏んだ瞬間の、あのなんとも言えない感触をもう何年味わっていないのだろう・・・・・・。
自分でもわからなくなりそうです。

さっき娘に
「霜柱って知ってる?」
と聞いたら
「何それ?」
と言う答えが帰ってきました。
娘に教えようにもその手段がなくてもどかしいです。

便利な世の中になったけれど、冬らしい体験を知らないまま大人になる今の子供たちは、かわいそうな気がします。

投稿: ゆうき | 2009年11月22日 21時12分

ぶぅおやじさま

こちらは、11月上旬に初霜を観測しました。
日中でも気温が上がらない日が多く、ダウンジャケットを身に付けている人もいます。
ぶぅおやじさんのところとは、そんなに離れていないのにだいぶ違いますね。

投稿: ゆうき | 2009年11月22日 21時57分

ふぃるさま

ここのところ寒い日が続いていて、朝起きるとフロントガラスに霜がびっしりです。
アスファルトもツルツルで危うく転びそうになりました。

霜が降りた朝の周辺の山々はちょっと光って見えてすごく綺麗です。

投稿: ゆうき | 2009年11月22日 22時12分

今日は冷たい雨の日曜でした。
連休最後の明日は 暖かくなるらしく
嬉しいです(どこにも出かけなくても)

投稿: まーち | 2009年11月22日 23時47分

もえぎさま

地球温暖化が進んだためでしょうか、最近、霜柱をほとんど見かけなくなりました。
うちの娘は、霜柱を知りません
あのなんとも言えない感触を娘にも味あわせてあげたいのに、なかなか叶いません。

霜でキラキラと輝く風景は、早起きのつらさや寒さを忘れさせてくれます。

投稿: ゆうき | 2009年11月23日 00時40分

えぐhamさま

公園の木々や街路樹もほとんどが葉を落としてしまい、最高気温が5℃以下の日も。
晩秋というより初冬です。

先日、庭先で沢庵を漬け込んでいるご家族を発見しました。
白菜の漬物も寒くないと美味しく漬からないと聞いた事があります。
寒さは、色々なところで貢献しているんですね。

冬の寒さを体感してこそしる、暖かい春の日差しのありがたみ、四季がある日本に生まれて本当に良かったと思います。

投稿: ゆうき | 2009年11月23日 01時02分

大重さま

心遣いありがとうございます。

寒さもまだまだ序の口。
これから一段と厳しくなります。
手洗いにうがい、加湿器、十分な栄養と休養で、この冬を乗り切ろうと思います。

大重さん一家もお気をつけて。

投稿: ゆうき | 2009年11月23日 01時07分

まーちさま

こちらは、雨は降らなかったのですが
日差しがなく寒かったです。
ちなみに我が家も出かける予定はありません。
娘の期末テストも近いので家で過ごそうと思います。

投稿: ゆうき | 2009年11月23日 01時09分

霜柱ももうちょっとしたら見られそうですね^^
大きな霜柱を見つけると足で踏んづけて遊んだっけ。
最近は霜柱が元気な時間に外へ出ることも少なくてお目にかかることも減りましたが^^;

投稿: しま | 2009年11月23日 02時30分

しまさま

昔はは、霜柱をあちらこちらで見かけることが出来たのに、ここ10年ぐらいは、ほとんど見られなくなったような気がします。
もう何年も、あの感触を味わっていません。
私の娘は、霜柱を知らないと言っています。
ちょっと気持ちが複雑です。

投稿: ゆうき | 2009年11月23日 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/32300375

この記事へのトラックバック一覧です: 霜月:

« 晩秋の宝物 | トップページ | 一周年 »