« 魅了されて | トップページ | 再会 »

2009年11月 4日

奇跡との出会い

Photo  晩秋の昇仙峡は、”覚円峰”の他にも見どころがいっぱいだ。秋の色が濃い滝つぼ(滝にも季節感があることをここに来るようになって改めて実感した。)、清流の辺に咲く秋の草花、秋の味覚を販売する露店等・・・・・・。何しろ、歩く地面からして色彩鮮やかなのだから。しかし、この時期は、誰がなんと言っても紅葉だ。毎年のように訪れるのは、ゆうき一家だけではないのだろう。「去年来た時は・・・・・」と話す人達がたくさんいる。マスコミ関係者と思われる人々を見かけることもある。この景色を土産にしたいと思うのだろう・・・・・みんなが立ち止まってカメラを構える。ゆうきも何枚も何枚も撮影した。いろんなアングルを図るために、しゃがんだり見上げたりしながら。美しい・・・・。人は綺麗な景色を見た時に、それを写真に撮ったり、絵として残したり、感じたことを言葉にしたり文章にしたりは出来るけれど、木の葉をこんなにも素晴らしくに染め上げることは出来ない・・・・・・。雨って凄い、風って凄い、お日様の光って凄い。自然の偉大さを思い知った。
 デジカメで撮った写真を夫や娘と確認して微笑んだ。紅葉が一番綺麗な一瞬に居合わせたように思えた。奇跡との出会いに胸が熱くなった。

|

« 魅了されて | トップページ | 再会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

千葉県では養老渓谷が紅葉で有名ですがわが家からは遠い…空いてても2時間以上かかるかな?そうすると日光に行くのと変わりませんがどこも渋滞ですね。昇仙峡はきれい!今年は紅葉狩りに行けそうもないです。近くの公園で楽しむかな?

投稿: 千里 | 2009年11月 4日 20時26分

すごく綺麗ですね^^
下の写真なんて、うわっ!って思ったぐらい綺麗!
空の青さと山の岩肌と紅葉のコントラストがすごく良いですね^^
私は、今年の紅葉観光は
隣の家の庭に有るもみじを毎日見るぐらいです(^^ゞ

投稿: ふぃる | 2009年11月 4日 21時11分

うわ~!
ほんと綺麗~

ゆうきさんのブログで一足早く
紅葉を楽しませてもらいました。

自然の力はほんと素晴らしいです。
人間は自然の力にはかないませんね。

投稿: patapataokan | 2009年11月 4日 21時39分

きれいですね~。
昇仙峡にますます行って見たくなりました。
いい時期にいい天気に恵まれて最高でしたね。

埼玉で紅葉はまだまだのようです。
でも今日は寒かったっす。

投稿: ぷぅおやじ | 2009年11月 4日 21時50分

゚+.(ノ*`・Д・)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆
いいアングルですね~
ゆうきさんのブログへ来ると
季節の彩りを感じられるので
とても和みます
なかなか ゆっくり出かける時間がないので
ゆうきさんのブログで堪能させていただきます
(o^-^o) ウフッ

投稿: ドリームママ | 2009年11月 5日 00時56分

 朝から見事な紅葉を見せてもらいました。
見事ですね~(^^)
この紅葉は晴れの日のお日様や、冷たい雨風を受けてこそ見られる色なんですね。
自然って凄い、あらためて思いました。

今日、こちらは温かさが戻ってきました。
紅葉はもう少し先になりそうです。

投稿: えぐham | 2009年11月 5日 08時58分

きれいに赤く染まっていますね^^
ここで深呼吸して秋の空気を体一杯吸い込みたいなぁ。
疲れも吹っ飛びそうですね♪

投稿: しま | 2009年11月 5日 13時39分

凄く綺麗。。。ゆうきさんと同じ。。。

沢山撮った中で、一枚を選ぶのって難しくないですか?
私は欲張りなので、何枚も載せちゃいましたが~あはは

投稿: ゆっきー | 2009年11月 5日 15時42分

何枚も撮りたくなる
そんな気持ちがわかるぐらい
綺麗な紅葉ですね~
広島ももうすぐ紅葉にシーズンに入ります
行けるといいな~

投稿: あんこや | 2009年11月 5日 16時06分

千里さま

千葉県の養老渓谷は、有名ですね。我が家も一度は行きたいと思っているのですが行けずじまいです。
昇仙峡も渋滞が激しいです。駐車場も混んでいて車を置くのに苦労しました。

公園には、意外な発見があるかと思います。ぜひ、足を運んでみてください。

投稿: ゆうき | 2009年11月 5日 21時51分

ふぃるさま

この日の午前中だけ晴れてくれました。
午後になるとすぐに雲ってきてすぐに雨が降り出しました。訪れた時間帯も良かったのかもしれません。

私が住む地域は田舎なので、普通に買い物に出るだけでも紅葉が楽しめます。綺麗だけれど、とても寒いです。

投稿: ゆうき | 2009年11月 5日 22時00分

okanさま

こんなに綺麗な瞬間に居合わせたことは、はじめてかもしれません。

昨日、テレビで京都の紅葉がライトアップされていました。
関西方面ももうすぐですね。

自然に触れると人間のちっぽけさを実感します。

投稿: ゆうき | 2009年11月 5日 22時03分

ぶぅおやじさま

今年は例年に比べて紅葉の時期が早かったようです。
昨日、この地域は初霜を観測しました。晩秋というより、もう冬です。
でも、ここは、冬には冬ならではの美しさがある場所です。機会があったらぜひ足を運んでみてください。

埼玉も、もうすぐ紅葉が楽しめますね。

投稿: ゆうき | 2009年11月 5日 22時12分

ドリームママさま

この写真は、特別にアングルを図ることはせずに正面から撮りました。

11月になってから気温がぐっとと下がり、昨日は初霜を観測しました。
この時期の早朝の風景は寒いけれど美しいです。また写真に撮ることが出来たらと思います。

投稿: ゆうき | 2009年11月 6日 00時00分

えぐhamさま

ここには毎年のように訪れているのですが、今年の紅葉は例年以上の出来のように感じます。
夏の日照不足や長雨の影響が懸念されましたが、そんな厳しい自然環境を乗越えてこその美しさなのだと思います。

季節が足踏みをしている状態とでも言うのでしょうか。こちらも昨日に比べると今日は暖かでした。でも、冬はもう目の前です。

投稿: ゆうき | 2009年11月 6日 00時11分

しまさま

景色が綺麗で、空気も美味しくて最高でした。
駐車場からはずっと歩きだったのでいい運動にもなりました。
溜まっていた心の疲れが一気に吹っ飛んだような気がします。

投稿: ゆうき | 2009年11月 6日 01時44分

ゆっきーさま

私は・・・・きれいではありません。(笑)

夫や娘の意見も取り入れて一番よく撮れているものをアップしました。
選ぶのに凄く時間がかかりました。

投稿: ゆうき | 2009年11月 6日 01時50分

あんこやさま

綺麗な紅葉に出会えて本当に良かったです。

広島の紅葉も綺麗なんだろうな。
もみじ狩りに行けるといいですね。

投稿: ゆうき | 2009年11月 6日 01時51分

本当に綺麗!
このへんは紅葉しないで枯れてます^^;
いいなぁ 秋だなぁ。

投稿: まーち | 2009年11月 6日 17時48分

まーちさま

ここは、自宅から数十㌔離れてた所です。
自宅周辺にも木があるのですが、紅葉せずに枯れてしまうものが多いです。

この二日後に、初霜を観測しました。
秋というよりもう冬です。

投稿: ゆうき | 2009年11月 7日 00時40分

おはようございます^^

目の覚めるような
鮮やかな紅葉に感動しています。
自然が作り出す、このような光景は
素晴らしいですね。

実際に目の当たりにした
ゆうきさんご家族は
心にもっと深くこの景色の素晴らしさを
刻んだでしょうね。

素敵な写真をありがとうございます。

投稿: うにゃ | 2009年11月 7日 08時11分

ゆうきさん、とてもきれいな紅葉です!
もうそちらはそんなにきれいに色づくくらい朝晩は冷え込んでいると言うことですね

マイナスになった日があると言っておられたからなぁ~

 若さあふれる新緑もいいですが、結実した思いを感じるくらいの紅い色も秋の実りの季節にはいいものですね
            

投稿: もえぎ | 2009年11月 7日 13時08分

うにゃさま

昇仙峡は、紅葉の名所としても知られていて、シーズンには、日本各地、海外からも観光客が訪れます。
しきりにカメラのシャッターを切る人あり、絵を描く人あり、ただ呆然とと立ちすくす人あり、紅葉を見た人皆が芸術家と化します。

紅葉の鮮やかさと空の青さが目に焼きついています。

来年もまた行けたらと思います。

投稿: ゆうき | 2009年11月 7日 18時52分

もえぎさま

こちらは、つい先日、初霜を観測しました。
同じ山梨県内では、初雪が降った地域もあります。ローカルニュースで流れた赤いもみじと白い雪のコントラストは凄くきれいでした。

ここは、新緑を楽しめる場所でもあります。
木々には四季折々の楽しみ方があると改めて実感しています。

投稿: ゆうき | 2009年11月 7日 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/32070384

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡との出会い:

« 魅了されて | トップページ | 再会 »