« 昔話の | トップページ | 冬の花 »

2010年1月11日

名物

Photo  その土地に古くから伝わる名物ってあると思う。夫の実家方面の名物は数多いがそのうちの一つがこれ、”鯉のあらい”である。海がない内陸の県ならではの川魚料理。夫の大好物だ。
 ゆうきが初めて鯉のあらいを口にしたのは、結婚して初めて迎えたお正月、お年始に訪れた夫の実家でのことだ。忘れもしない、平成7年1月3日。あの日、ゆうきは、もの凄く緊張していた。何しろお嫁さんとしての最初の訪問、失敗は絶対に許されない・・・・・・。「彼の家族に嫌われたらどうしよう・・・・・。」最悪の状況ばかりが頭に浮かんだ。
 近くの神社に4人で(義父母と私達夫婦)初詣に行った後、夫の家族と共に夕食を囲んだ。鯉のあらいはその席で振舞われた。
「これは、鯉のあらいと言ってこの辺の名物なんだよ。」
説明もそこそこに口に運ぶ彼。「鯉?ってあの池で泳いでいる鯉?あれって食べられるの?」色々な思いが脳裏をよぎったが、とりあえずゆうきも箸を取った。生魚に酢味噌なんて当時のゆうきにとっては邪道だったが、余計なことを口にして生意気だと思われたらまずい・・・・・・。郷に入らば郷に従え的に黙って従った。食事にマナーにばかり気をとられて味なんて全然わからなかった。ゆうきに思いのはけ口は、体調に現れた。翌日早朝から嘔吐が止まらない・・・・・。(食事中の方ごめんなさい。)トイレを占領してしまった・・・・・・・。「良い嫁になろう・・・・・」ゆうきの決意は失敗に終わった・・・・・・。
「バカだな、無理することなかったのに・・・・・・。ゆうきはゆうきのままで良いのに。」
夫の言葉と背中に感じる手のぬくもりが嬉しくて、心配顔で見守る義父母や義妹や義弟に申し訳がなくて涙が止まらなかった。
 あれから15年、母となりあの頃の数倍は図太くなったゆうき。鯉のあらいは大好物だ。
でも、でも、これを見るたびにあのお正月を思い出す。

|

« 昔話の | トップページ | 冬の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かわいいお嫁ちゃんです!私は特に「これは・・・?」という食事はなかったけど・・でも一生懸命のお嫁ちゃんの姿は可愛かったでしょう。さて、私はどうかな?「いい嫁」ってなんでしょうね~自分らしく生きるのが一番いいお嫁さんなんでしょうね!

投稿: 千里 | 2010年1月11日 21時10分

鯉はいまだに食べたことありません。

でもそんな場面だったらきっと
食べたでしょうね。

そんなゆうきさんの一生懸命さを
皆さん、わかってくださってますよ。

母になるとどんどん逞しくなりますね(^^

投稿: patapataokan | 2010年1月11日 22時02分

私も夫の家族の前では頑張っちゃう嫁です。
いくつになっても どうも本当の親子のようにはなりません。
何気に疲れてしまいますが案外あちらもそう思っているかも。。。

投稿: まーち | 2010年1月11日 22時05分

 わかるよ~。私も緊張するタイプだから…
でも、夫の家族はみんなとても仲が良くて、ちゃんと私の事も家族として仲良くしてくれるから、今はけっこう甘えてしまうかな?

鯉は1度しか食べた事がないけど、思ったよりもくせがなく美味しかった記憶があります。
それにしても酢味噌で食べるとは知りませんでした。

投稿: えぐham | 2010年1月11日 23時09分

鯉のあらいが名物なのですねー。
ごくごくたまーに近所のお店で売っているのを見かけます。
こちらではとても珍しいものですね。
なので私も食べたことがありません^^;
そんなお味なのでしょう?
コリコリするのかな~?

投稿: しま | 2010年1月12日 00時21分

ゆうきさん
おはようございます。

いつもありがとうございます。

『鯉や鮒』私は絶対無理です。
川魚は鮎と鰻以外は食べたらダメと
私の消化器系が言うてます。(^_^)

それと納豆。

私も過去に同じような場面がありましたが、キッパりハッキリ、断ってしまいました。
それ以来、嫁方からは「好き嫌いの多い娘婿」と語り継がれています。

ゆうきさんの「ゆうき」に拍手。

投稿: 大重 | 2010年1月12日 07時26分

おはようございます。
私の「ユナ」と同じだね。私の場合はいまだに受け付けない。新婚時代は可愛いお嫁さんだったのに・・・とつぶやくうちの彼の声が。(聞こえないふり)
鯉のあらいってどんな食感?私の地方では食べたこと無いから、ちょっと興味ありよ~~ん。川魚は鮎か、鱒くらいしか知らないから、比較しようが無いかも。

投稿: ねんね | 2010年1月12日 09時55分

ゆうきちゃんに、そんな思い出があったとは
びっくり~
だって、私は鯉のあらい大好き!
こちらでもほとんど売っていないので
なかなか食べられませんが、酢味噌で食べるのがおいしいよね。いいな。。。
我が家では、ときどき義父が鱒のさしみを
養殖場から買ってきます。
酢味噌で食べますが、おいしいです。

結婚したばかりって、緊張したよね~
私は同居だから、すっかり家族?
まあ、一緒に生活したら慣れるもんだよ。
図太くずうずうしくなったからかも??

投稿: ゆっきー | 2010年1月12日 14時20分

鯉のあらい、大好物・・
おいらの田舎(信州)でも名産です。
鯉こくもメッチャ好きです。あるスーパーで鯉の切り身があったので、買ってきて鯉こくに挑戦しました。添付のレシピ通りに作ったら、オフクロの鯉こくと同じ味になったのには驚きました。
あっ!それと昨日「おかき」油で揚げて食べました。ポリポリ!美味しかったです。。。
では、また。

投稿: 銀四郎 | 2010年1月12日 15時51分

すんごい思い出ですね~
その緊張感が文章からでも感じられます(笑)
鯉のあらい
あんこやさんはまだ食べたことないんですが
どんな味なの?
海魚の刺身しか食べたことないんで
興味ありま~~す

投稿: あんこや | 2010年1月12日 16時26分

鯉のあらいは あたしはあまり合わないです
新婚当初って 義父や義母には かなり気を使いますよね

自分の息子の嫁には リラックスできるように
あれこれ気を使ってあげようかなと思ってますけどね
相手によりけりだけど 早く息子達結婚すればいいなって 最近は思いますね
まだ学生ですけどヾ( >▽)ゞ

投稿: ドリームママ | 2010年1月12日 19時13分

千里さま

あの頃は、純粋で可愛らしかったなって自分でも思います。
所変れば風変る・・・・・・と言うのが食卓を見た第一印象です。
夫の実家の味に慣れようととにかく必死でした。
今は、ゆうきらしく、嫌いなものは嫌いとはっきり言えるようになりました。
自分らしいのが一番ですよね。

投稿: ゆうき | 2010年1月12日 19時52分

 大変な思いをされたことが結構いい思い出に?なっていますね

 私も鯉のあらいは食べた事がありません~
多分、こちらでは川魚は泥くさいというイメージがあって食べないようです
私も鮎やもろこ?ぐらいかな~
海以外のお魚は・・・

 一生懸命なゆうきさん、いいお嫁さんですね
 

投稿: もえぎ | 2010年1月12日 20時04分

okanさま

鮎は食べたことがあったのですが、鯉はこの時が初めてでした。

好き嫌いが多いと思われるのがいやで、味わう余裕もなく口に運んでいました。

この事件?がきっかけで、夫の実家の家族と話せるようになりました。

母は逞しくなければやってられませんよね。

投稿: ゆうき | 2010年1月12日 20時08分

まーちさま

やはり、自分の実家と夫の実家では違いますよね。
夫の実家から帰省してくると、ちょっとホッとします。
気を使っているつもりはないけれど、何処かで肩肘を張っているんだろうな。
たぶん、向こうも同じだと思います。

投稿: ゆうき | 2010年1月12日 20時15分

えぐhamさま

平静でいようとすればするほど、緊張してしまいますよね。
今では、だいぶ慣れたけれど、それでもついつい気を使ってしまいます。

写真の鯉のあらいも、癖がなくて美味しいです。
酢味噌の酢が嫌いな娘はわさび醤油で食べています。

投稿: ゆうき | 2010年1月12日 20時36分

私も鯉は未だかつて口にした事が無いです。
きっとゆうきさんは極度の緊張と
初めて口にした鯉のあらいで食あたりをこしたんでしょうね。
それだけ初々しかったって事ですよ^^
結婚当初はさすがの私も大人しくしてましたが
1年もしないうちに偉そうな嫁に変身しました(笑)

投稿: ふぃる | 2010年1月12日 20時42分

しまさま

私が住む地域では、売られているのを見たことがないです。
結婚するまで、鯉が食べらなんて思いもしませんでした。

鯉のあらいは、川魚の中でも比較的、癖がなくて食べやすいです。
淡白で白身魚にすこし似ています。
こりこりはしないかな。

投稿: ゆうき | 2010年1月12日 20時43分

大重さま

夫の実家方面のおせち料理には、鮒の甘露煮があります。
これは、私はどうしても食べることが出来ません。

夫の実家の家族は、夫も含めて全員が納豆が食べられません。
ゆえに私は、夫が家にいないときにしか納豆を食べることが出来ません。

ゆうきが結果的には良い方向に結びついて本当に良かったです。

投稿: ゆうき | 2010年1月12日 23時27分

ねんねさま

鯉のあらいは、他の川魚と違って匂いも癖もないので、私も受け入れることが出来たんだと思います。

あの頃は可愛い嫁さんだった・・・・・たぶんうちの人も感じていると思います。

鯉のあらいは、味は比較的淡白で、プリプリした歯ごたえです。

投稿: ゆうき | 2010年1月12日 23時33分

ゆっきーさま

あの頃は純粋だったな~って思います。

最初の頃は、生魚に酢味噌なんて・・・・・・と思っていたけれど、今では、鯉のあらいには絶対に酢味噌だと思っています。

鱒のお刺身って食べたことがないです。
どんな味がするんだろう。食べてみたいな。

私は、同居ではないけれど、年を重ねるごとにドンドン図太くなりました。少なくとも体調を崩してしまうことはないです。

投稿: ゆうき | 2010年1月12日 23時43分

銀四郎さま

記事にするにあたり、ネットで調べたら、鯉のあらいは、多くの地域で食べられていることがわかりました。
まさしく目から鱗です。

鯉こくはまだ食べたことがありません。
添付のレシピだけでオフクロの味が再現できる銀四郎さんはすごいと思います。


投稿: ゆうき | 2010年1月12日 23時49分

いいお話ですね~。
川魚は癖がありますからね。
ナマズは食べた事無い??
生は食べた事無いけど天ぷらは
美味いよ~。

投稿: ぷぅおやじ | 2010年1月12日 23時54分

あんこやさま

あまり綺麗ではない思い出ですが、たぶん一生忘れることはないと思います。

鯉のあらいは、川魚にしては癖がなく、味は白身の魚にちょっと似ています。
プリプリとした食感が後を引きます。
酢味噌と合う生魚があるなんて鯉のあらいに出会うまでは気付きませんでした。

投稿: ゆうき | 2010年1月12日 23時57分

ドーリムママさま

私も最初は???だったのですが、今では大好きです。

夫の実家はやはり気を使いますよね。
娘のお婿さんには、リラックス出来るようにと今から心がけています。
まだ中学生だから、しょうがないけれど、色気のいの字もない娘を見ていると溜息が出ます。(笑)

投稿: ゆうき | 2010年1月13日 00時05分

もえぎさま

大変な思いが、よい思い出となりました。

私も結婚するまで、鮎以外の川魚を食べたことがありませんでした。
池で泳いでいるイメージしかなかった鯉を、しかも生で食べるなんて、信じられなかったです。

あの頃は可愛かったなって自分でも思います。(笑)

投稿: ゆうき | 2010年1月13日 01時04分

ふぃるさま

結婚して初めて鯉を口にしました。

この後、病院に連れて行かれて、色々と検査をしたのですが、結局は精神的なものとの診断でした。
実に初々しかったなとつくづく思います。

今では、だいぶ図太くなって、あの頃の面影はほとんどありません。

投稿: ゆうき | 2010年1月13日 01時21分

ぶぅおやじさま

大変な思いも今となっては良い思い出です。

なまずの天ぷら、一度だけ食べたことがあります。
すごく美味しかったです。

投稿: ゆうき | 2010年1月13日 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/32947884

この記事へのトラックバック一覧です: 名物:

« 昔話の | トップページ | 冬の花 »