« 楽しみ・・・・・ | トップページ | がんばれ! »

2010年2月 8日

教え

Photo  夫がパンの耳を大量購入してきた。最初こそ珍しがってつまんでいた娘だが、そのうちに飽きて手を出さなくなった。パンの耳は、まだ大量に残っている。そこで、ゆうきはパンの耳をサラダ油でサッと揚げて熱々のうちにきな粉をまぶした揚げパンを作った。三皿作ってお値段は70円弱。かかった時間は15分程。危うくゴミ箱行きとなるところだった固くなったパン耳がおやつへと変貌を遂げた。
  ゆうきには、物心つく頃から言われ続けていることがある。。それは「食べ物もぜったに粗末にしないこと。」箸の持ち方よりも挨拶の仕方よりもまずそのことを躾けられた。ゆうきには甘い祖母もそのことだけは譲らなかった。「飯粒一つ残したらダメだ。罰(ばち)が当たるぞ!」言われ続けた。実際、ご飯、味噌汁、おかずと全部食べきるまで席を立つことを許されなかった。「うちはどうしてこんなに厳しいんだろう・・・・・〇〇ちゃんの家ではこんなことを言われないのに・・・・・・・。」口に出さなくてもずっと不満に感じていた。
 ある時、ゆうきは、家庭科の調理実習でサンドイッチを作り、その際、大量に出てしまったパン耳を家に持ち帰った。その日は調理実習で作ったサンドイッチを学校で食べて来た。当然のことながらあまりお腹はすいていない。これ以上食べたら夕食が食べられなくなる・・・・・。ゆうきは、台所にそのまま放置した。次の朝、パン耳は固くなっていた。多少の後ろめたさを感じながらもそのまま学校へ行った。学校へ着くとパン耳のことなんか忘れてしまった。午後になりお腹をすかせて帰宅した。台所からパチパチという音と共に揚げ油の匂いが漂ってくる。ゆうきは、そっと台所に足を踏み入れた。大皿いっぱいの揚げパンが目に飛び込んできた。「パンが勿体無かったから作ったんだよ・・・・・・。」祖母が笑顔で言った。固くなったパン耳が美味しそうなおやつに変身した。ゆうきは夢中で頬張った。食べながらパン耳を放置した自分を恥じた。「食べ物を無駄にしてはいけない。その食べ物に携わった人のことを考えてみろ。」 怒鳴りつけれれるよりも優しく諭されるよりも身にしみてわかる体験となった。

即席のきな粉揚げパンを、学校帰りの娘は美味しそうに頬張った。この子に教えなければならない大切なことってまだまだたくさんある。

|

« 楽しみ・・・・・ | トップページ | がんばれ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 パンの耳、我が家の子ども達は大好きで、サンドイッチを作る時も耳はそのまま付けてるんです。周りからは「珍しいね~」と言われるけど、美味しいと思うんだからいいよね?

私も子どもの頃、たまにパンの耳を揚げて砂糖をまぶしたものを作ってもらいました。

食べ物を大切にする事、これって命を大切にする事と同じですよね。

投稿: えぐham | 2010年2月 8日 21時05分

食べ物だけではなくってたくさんのものを大切にすること、これは親がちゃんと教えてあげないとね~
わが家では私が「もったいないばばぁ」になっています…基本的にお菓子は買い置きをしていません。
いただきものがあったりやっぱり手作りの方がいいからね~
パンの耳は他にもプディングにしてもいいし、ほかにもお菓子に変わるんですよ~

投稿: 千里 | 2010年2月 8日 21時16分

家でもパンの耳を貰ってお菓子作ってました。
美味しかったですよね。
食べ物やモノを粗末にしないことは大事な事
だと思います。
今の時代、どれだけの大人がそう思っているのか?

投稿: ぷぅおやじ | 2010年2月 8日 21時37分

我が家でもパンの耳はおやつにしていました。チーズをたっぷりかけてレンジでチンしても美味しいですよ。

私の父も戦争を経験しているので
食べ物を粗末にすることは嫌がりました。

今の時代、アフリカでは飢餓で多くの
子供が死んでいるのに日本では
まだ食べれても賞味期限が切れただけで
食べ物が捨てられる。

どうにかならないものかと思ってしまいます。

投稿: patapataokan | 2010年2月 8日 21時41分

 食べ物を粗末にしてはいけない事、私もしっかりと小さな頃から教え込まれてきました
食べるものに苦労してきた親世代は、今の裕福な食事情に世の中の反映ともったいない事をしていることにも杞憂しています
 
 私もこどもに対しては食べれる事の幸せと無駄にしてはいけない事を話しますが、どのくらい感じてくれているかこの先のことを心配します

 うちも時々パンの耳、揚げます
いつも砂糖を掛けていましたが、きなこもいいですね
お正月の残りが冷蔵庫にあったのでちょうどいいです
 

投稿: もえぎ | 2010年2月 8日 22時19分

こんばんは
パン耳はピザや、ラスク、フレンチトーストに変身。余ったらパン粉にも。
食べ物はそれに携わった方達の苦労があるから、粗末には出来ないよね。
勿体無いから、全て食べちゃう・・・メタボになる~~~。悪循環

投稿: ねんね | 2010年2月 8日 22時35分

懐かしい~パン耳の揚げパン^^

うちは、父がうるさかったなぁ~
お陰で、嫌いな物でも好きなの?って言われるぐらい
綺麗に皿を空けれる人間に育ちました^^
しかし、子どもには出来てないなぁ~
やっぱり、甘いのかなぁ~(^^ゞ

投稿: ふぃる | 2010年2月 8日 22時36分

ワタシ、パンの耳好きですよ^^
特に一番端っこのところ。耳の親分みたいなところにジャム塗って食べるのが大好きです♪

小さい頃はサンドイッチとか作るとよく母が勇気さんみたいに耳を上げてお砂糖まぶしてくれたっけ。

投稿: しま | 2010年2月 8日 23時02分

昔ちっちゃいころに作ってもらったのを思い出しました。

すごく懐かしい気持ちです!
今度機会があったら作ってみよっかな?

投稿: みっちゃん | 2010年2月 9日 01時35分

ゆうきさん
おはようございます。

日常からも色々と教育出来る事ありますね。
大事な事です。(^_^)v

投稿: 大重です | 2010年2月 9日 06時31分

ゆうきちゃん、うちでも砂糖まぶして
作ってるよ~今度、きなこにしてみる!

食べ物は大切にしないとね。今の子供達にはピンとこないかも。でも、私も言い続けます。粗末にしちゃいけません!!

投稿: ゆっきー | 2010年2月 9日 11時43分

パン耳は、活用範囲広いですよね~^^
でも最近は、パン屋さんに置いてある事がなくなりました~
置いてあったら、買うんだけどな♪

私も、子供にあれこれ言うよりも
自分がする事で知って欲しいなっていつも思ってます。
挨拶しなさい!って言ってる親が挨拶できない人・・・みたいな恥ずかしい事がないように(笑)

投稿: バニラ | 2010年2月 9日 12時39分

えぐhamさま

我が家もサンドイッチを作る時に耳をそのままにしますよ。豪快にかぶりつくと美味しいですよね。ですから市販のサンドイッチはなんだか物足りなく感じてしまいます。

私は、パンに関する思い出は少ないのですが、それだけにパン耳で作った揚げパンに出会った時の感動は大きいです。

私たちは、たくさんの命をいただいて生きている・・・・・・そのことを忘れてはいけませんよね。

投稿: ゆうき | 2010年2月 9日 19時56分

千里さま

物の大切さを教える・・・・・・親が我が子に伝えなければいけない大事なことですよね。

私もしっかりと「もったいないばばぁ」をやっていますよ。何しろ実の母親から
「ゆうきはしっかりしている。」
と認められるくらいですから。筋金入りです。

パン耳のブディング美味しそう・・・・・・今度作ってみたいな。

投稿: ゆうき | 2010年2月 9日 20時10分

ぷぅおやじさま

パン耳で作るおやつ、美味しかったですよね。
市販のスナック菓子よりずっと思い出深いです。
まだ十分い使えるモノが捨ててあったり、毎日たくさんの食べ残しが破棄されたり・・・・・・時代の流れとはいえ悲しいです。

投稿: ゆうき | 2010年2月 9日 20時22分

okanさま

パン耳にチーズをたっぷりかけてレンジでチン・・・・・・栄養たっぷりで美味しそう・・・・・食べたくなってしまいました。

私の祖母は、戦争時代、大変な苦労をしながら父をはじめとする兄弟7人を育て上げました。
普段は優しい祖母が食べ物やモノを粗末にすることだけは許さなかったです。

今この瞬間にも飢餓で命を落としている子供たちがいるんですよね。
まず私達大人がそのことを肝に銘じるべきだと思います。

投稿: ゆうき | 2010年2月 9日 20時32分

もえぎさま

食べ物を粗末にしてはいけないということは、私が最初に受けた躾だったように思います。
テレビなどで、まだまだ食べられる食材が惜しげもなく擦れられる場面を見るたびに、母は「勿体無いな~。」と嘆いています。

「食べ物を無駄にしてはいけないよ・・・」
娘が物心つくかつかない頃から言い続けています。娘の耳にどれだけ届いているか私も自信がないです。

パン耳、きな粉をまぶすと美味しいですよ。
ぜひ作ってみてください。

投稿: ゆうき | 2010年2月 9日 21時00分

ねんねさま

ピザにラスクにフレンチトースト・・・・・パン粉色々な形に姿を変えられるパン耳は万能食材なのかも。
このパン一切れにどれくらいの人々の手が携わっているか・・・そう考えると無駄には出来ませんよね。

私もついつい食べすぎてしまって・・・・・・。
メタボ・・・気をつけます。

投稿: ゆうき | 2010年2月 9日 21時06分

ふぃるさま

パン耳揚げパン懐かしいですよね。

うちは、祖父母、両親みんなうるさかったです。
おかげで、私はどこへ行っても食べ残すことはありません。
うちの娘も好き嫌いがあります。
躾って難しいですね。

投稿: ゆうき | 2010年2月 9日 21時13分

しまさま

パンの耳の親分みたいなところ、美味しいですよね。
私は、マヨネーズを少し塗って食べるのが好きです。


固くなったパン耳・・・・・一手間加えるだけで美味しいおやつに変身する。
一生忘れることがないであろう体験となりました。

投稿: ゆうき | 2010年2月 9日 21時25分

パンの耳は一緒に食べてしまうので
考えたことがありませんでしたが
そうやって食べると美味しそうですね^^

投稿: まーち | 2010年2月 9日 21時32分

みっちゃんさま

パン耳を見たら、たまらなく懐かしくなって、気が付くと作っていました。

機会があったら、また作ろうと、いつもスーパーのパンコーナーを覗いています。

投稿: ゆうき | 2010年2月10日 00時48分

大重さま

子供たちに教えなければならないことは、日常生活の中にこそ潜んでいる・・・・・。
大事なこと、忘れたくないですよね。

投稿: ゆうき | 2010年2月10日 00時54分

ゆっきーさま

パン耳で作る揚げパン、美味しいよね。
私は、今度、砂糖をまぶしてみようかな。
きな粉も美味しいからぜひ作ってみて。


不景気にもかかわらず飽食と言われる時代、娘に食べ物の大切さを教えることは難しいけれど、私も言い続けます。
「無駄にしてはいけません。」って。

投稿: ゆうき | 2010年2月10日 00時59分

バニラさま

私たちが子供の頃は、パン屋さんに行けば必ずと言っていいほどパン耳が置いてあったのに最近はほとんど見かけなくなりましたよね。

おそらく同じ様なことを言われて育ったであろう夫と共に常日頃からきれいに食べきることを心がけています。まずは親がお手本にならないとね。

投稿: ゆうき | 2010年2月10日 01時03分

まーちさま

我が家も、パン耳を切ってしまうことは、ありません。
今回はパン耳だけが大量に安く手に入ったので作ってみました。
とても美味しかったです。

投稿: ゆうき | 2010年2月10日 01時05分

小学生のころ、お袋がよく買ってたパンの耳。好きだったなぁ。そのおふくろは今でも健在。

投稿: マーおじ | 2010年2月13日 17時27分

マーおじさま

パンの耳、美味しいですよね。
私も娘も大好きです。
お母様、お元気で何よりです。
健康でいられるのは食生活が良いから?

投稿: ゆうき | 2010年2月13日 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/33298204

この記事へのトラックバック一覧です: 教え:

« 楽しみ・・・・・ | トップページ | がんばれ! »