« トンネル | トップページ | 風土 »

2010年2月20日

ハイカラな

Photo  37年前の春、ゆうきは保育園に入園した。それまで祖母にべったりのおばあちゃん子だったゆうきは、強い戸惑いを感じた。何しろ人に預けられるのは初めて、家族の監視抜きで同じ年頃の子供と接触するのも初めて、はさみやのり、クレヨンといった道具をあたえられるのも初めて・・・・・・・あれもこれも何もかもが初めてづくしなのだから。自分のおかれている状況がわからず頭の中は大パニック。ゆうきは保育園にいる間中泣きまくった。歌を歌っている時も折り紙をしている時もおやつの時さえも。保育室のガラスが割れんばっかりに泣き叫んだらしい・・・・・(あまりよく覚えていないが少し大きくなってから家族が教えてくれた。)当時のゆうきの様子は後に伝説となった。
「とにかく泣いて泣いてよわった。(困った)お前を保育園においてくる時は地獄だった・・・・・・。」
 嫁ぐその年まで言われ続けた。
 そんな日々が続いたある日、
「ゆうきちゃん、今日は土曜日だから早くおうちに帰れるよ。」
と担任の先生から一個のドーナッツを差し出された。これを食べたら帰してくれるんだ・・・・・・。そう解釈したゆうきは夢中でドーナッツにかぶりついた。甘い香りと共に初めて経験する味が口いっぱいに広がった。
「これ、美味しい・・・・・・・」
泣いたカラスが笑った。手を油だらけに顔中を砂糖だらけにして完食した。当時、ゆうきが住む町には洋菓子店がなかった。ファミレスもスーパーも遠く離れていた。コンビニがなかった時代、まん丸で真ん中に穴が開いた甘いパンとの出会いは衝撃だった。家に帰り祖母に保育園でどんなに美味しいものを食べたかを身振り手振りを交えて一生懸命説明した。
「ゆうきは保育園でハイカラなものを食べて来たんだね。」
 祖母はにっこり笑いながら頭をなでてくれた。保育園ってそんなに悪いところじゃないなって感じた。ゆうきの中で、土曜日=ドーナッツ=ハイカラという図式が成り立った。毎日が土曜日だといいのに・・・・・って思った。

 あれからいったい何回の土曜日を経験したのだろう・・・・・・・。
久しぶりに暖かく穏やかな天候となった土曜日の昼下がり、キッチンでドーナッツを揚げた。ハイカラとは程遠い形だがあの頃を振り返るには十二分な味に仕上がった。

|

« トンネル | トップページ | 風土 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵な思い出ですね!
私は転勤のために3年間違う幼稚園でした。
いろいろと思い出がありますね~
私も今度ブログで子供のころをお話ししようかな?
先生の優しさが今のゆうきちゃんの優しさと同じです!

投稿: 千里 | 2010年2月20日 20時52分

ドーナツにそんな思い出があったんですか。
私はいつドーナツを食べたのかな?
まったく覚えていません。(-_-;)

ただ当時は大阪のどまん中に住んでいたので早くからバタークリームのケーキを
食べていたのは覚えています。

食べ物ってニオイや味で一瞬のうちに
昔にタイムスリップしますね。

投稿: patapataokan | 2010年2月20日 21時40分

今となっては良い思い出ですね。
子供の頃の笑ったこと泣いた事怒ったこと
みんな良い思い出です。
子供たちにも今の大変なことも大人になると
良い経験で良い思い出になることを分って
もらいたいです。

投稿: ぷぅおやじ | 2010年2月20日 21時50分

 おいしそう~
私も幼稚園に行くのが怖くて、おじいちゃんの自転車、そのころは運搬車と言ったらしく、大きなコンテナを乗せる荷台に乗せられて幼稚園に運ばれたようです~

 でも幼稚園に着けば楽しく遊んでいて自分と同年代の子がいることに不思議さも感じていたのかな

おいしいドーナツなどのおやつが出た記憶はないけど、みんなそれぞれいろんな思い出があるのですね
 

投稿: もえぎ | 2010年2月20日 22時32分

ドーナツにそんなほろ苦い思い出があったんですね^^
私もちびっ子の頃から保育園に預けられてましたが
全然泣かなく、毎日楽しく行ってたそうだ^^
保育園に預けられるまで、核家族の私は
母は職場に私を連れて行けず
父親がダンプカーの運転手だったので
父親と共にお弁当を持って一緒に行ってたの。
なんとなく覚えてるんだけどね。
そこで保育園に行けるようになり
そりゃ~子どもにとったらダンプカーに乗せられるより外で遊べるのが嬉しかったんだと思う。記憶には無いけど^^

投稿: ふぃる | 2010年2月21日 00時02分

幼い頃の思い出が蘇る食べ物があるなんてステキですね~^^

ゆうきさんは、記憶力がいいですよね!
そして感性豊か・・・・
ステキな女性なんだろうなぁ~^^

見習いたいです~

投稿: バニラ | 2010年2月21日 14時19分

千里さま

涙、涙の毎日が今となっては素敵な思い出となっています。

あれからかなりの時が経過しているのに、色々と覚えています。

ちーちゃんの小さい頃のお話も聞きたいな。

ドーナッツを差し出してくれた先生が女神様に見えました。


投稿: ゆうき | 2010年2月21日 20時43分

okanさま

カステラやプリン、クッキー等を初めて食べた瞬間は覚えていないのにドーナッツだけはすごく鮮明に覚えています。
よほど強烈だったんでしょうね。

保育園に通っていた当時、ケーキは年に1~2回しか味わえない高価な食べ物でした。
苺が乗った大きなケーキを一人で食べることを夢見ていました。

今は、ドーナッツの種類も様々で感心してしまうほど。
でも、私が選ぶドーナッツは粉砂糖が振りかけてあるシンプルなものです。

投稿: ゆうき | 2010年2月21日 20時58分

 私は先生の立場を経験したから、入園したての泣き虫ちゃん(くん)を見てきました。
何がきっかけになるかわからないものですよね。そうそう、食べ物ってけっこう鍵だったりもしました。

実際に我が子を預ける立場になって、今まで私に託してくださったお母さん達の気持ちが痛いほど分かりました。
幸い?2人共「先生 命!」タイプだったので最初から喜んで通ってくれましたが…それはそれでちょっと寂しかったかな。

投稿: えぐham | 2010年2月21日 21時00分

こんばんは
懐かしい思い出のドーナツ
ねんねさんの小さい頃は甘いものが少なかったから、お菓子の甘さは鮮明に覚えてるの。
チョコレートやケーキなどもかなり大きくなってから、登場しましたので・・・
保育園通いで楽しかったものは給食と、長い長い滑り台でした。

投稿: ねんね | 2010年2月21日 21時09分

ハイカラ・・・懐かしい響きです。
私たちのおじいちゃん、おばあちゃん世代の人たちはよく口にしていましたね^^

投稿: しま | 2010年2月21日 21時13分

ぷぅおやじさま

人生で初めての集団生活、とにかく慣れるまでが大変でした。
ただひたすら泣き叫んだ日々も今となっては良い思い出です。
あの頃の私があって今の私があるのですから。
大変な経験も苦しい思いもいつかはよき思い出になる・・・・・娘に伝えたいです。

投稿: ゆうき | 2010年2月21日 21時19分

もえぎさま

ドーナッツの生地を作ったところまでは良かったのですが、どうやって形にしたら良いかがわからず、湯のみ茶碗と一味唐辛子の蓋で無理やり形にしました。

私を保育園に送っていくことはとにかく一仕事で、おんぶしたり抱っこしたり手を引いたりと大変だったようです。

あの頃は、自分と同じ年頃の人間の存在がとにかく不思議でした。

夫ともお互いの小さい頃の話で盛り上がることがあります。思い出の形は人それぞれなんだなと改めて感じています。

投稿: ゆうき | 2010年2月21日 21時35分

ふぃるさま

ドーナッツを見るたびにあの頃を思い出します。

私は長女にもかかわらずとにかく甘えん坊で家族の誰かがそばにいないと泣き喚いたそうです。
居心地の良い我が家を離れてどうして保育園に行けばならないのかがどうしてもわからなかったです。
細かいことはあまりよく覚えていないのですが、あの時の思いとドーナッツの味は鮮明です。

投稿: ゆうき | 2010年2月21日 22時01分

バニラさま

自他共に認めるほどの食いしん坊な私は、食べ物に関する思い出が数多いです。

物覚えはあまり良い方ではないのですが、一度覚えたことは忘れないタイプです。
特に強烈な思いは後々まで後と引きずります。
記憶力が良いというより執念深いのかも・・・・・・。

投稿: ゆうき | 2010年2月22日 00時40分

えぐhamさま

とにかく泣いてばかりいる子だったので、担任の先生はさぞかし困ったことと思います。
ドーナッツは、私が保育園に馴染むきっかけとなってくれました。

私の予想通り?娘は幼稚園に馴染むのに随分と時間がかかりました。
毎朝、毎朝ギャーギャーと泣き喚く娘を見て当時が甦り、あ~あ、親子だな~って思いました。
幸いにも幼稚園には娘の面倒を良く見てくれるお姉ちゃんがいて、幼稚園が大好きになるきっかけとなってくれました。

投稿: ゆうき | 2010年2月22日 01時05分

ねんねさま

私が子供の頃もお菓子(特に洋菓子系)の数は少なかったです。
家で食べるおやつといえばお団子やおにぎり、蒸かしたお芋でした。

今はどこに行っても甘いお菓子が手に入る次代。娘はケーキにすら余り執着しません。


保育園で出される給食やおやつは、世の中の食文化を知る良い教材でした。

投稿: ゆうき | 2010年2月22日 01時22分

しまさま

ハイカラ・・・・・今ではほとんど耳にすることがなくなりましたよね。
優しく高貴なイメージがあるこの言葉が私は大好きです。

投稿: ゆうき | 2010年2月22日 01時26分

ドーナッツの甘い思い出ですね~(笑)
それから
保育園が楽しくなったんですか?
あんこやさんは
ウチのばーばと
一緒に作ったドーナッツの思い出があります。
これが楽しかったんだな~
今でも思い出されます

投稿: あんこや | 2010年2月22日 16時14分

あんこやさま


甘いドーナッツのちょっぴりほろ苦い思い出です。

大嫌いだった保育園が少しだけ好きになりました。

小学生の頃、母が揚げたくれたドーナッツも、形は悪いけれど美味しかったな。

投稿: ゆうき | 2010年2月22日 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/33462028

この記事へのトラックバック一覧です: ハイカラな:

« トンネル | トップページ | 風土 »