« 雪の跡 | トップページ | 教え »

2010年2月 6日

楽しみ・・・・・

Photo   雪が降った後の楽しみ・・・・・ゆうきには雪景色を愛でる他にもう一つ楽しみがある。それは、雪だるまを見つけること。幼稚園、保育園の園庭に、小学校のグランドに子供がいるであろう民家の庭先に。普段は見向きもしない場所だが雪が降った後だけは違う・・・・・。どこから見ても完璧な形の雪だるま、所どころに泥をつけた雪だるま、ちょっといびつな雪だるま・・・・・・。当たり前のことだけれど一つとして同じものはない。それぞれがそれぞれに愛着のある表情をしている。
 子供の頃、雪だるまを作った後はドキドキだった。壊されていないか、溶けて形が崩れていないか、雪だるまの安否を確認しに行くことが日課となった。一日に何度も足を運んだこともある。雪だるまが壊れていると泣きそうになり、雪だるまが作った時のまま現存しているとホッとした。雪だるまに話しかけたり、お友達と称して自分が作った雪だるまの周りに小さな雪だるまを何個も何個も作った。自身が毛糸の手袋をびしょびしょにして作った雪だるまは、話しかけてはくれないけれど、向こうから近づいてきてはくれないけれど大切な大切な友達だった。
  写真の雪だるは、自宅から数十キロ離れた(ゆうきが住む地域よりも雪が少ない)とある観光スポットの駐車場脇の芝生で見つけた。この近くには、幼稚園も保育園も小学校も民家もない。雪が降ったのが1日の月曜日でこの雪だるまを見つけたのは翌々日の水曜日だ。作った子はどんな子なんだろう・・・・・・。いつ誰と作ったのかな。なんだか数十年前にゆうきが作った雪だるまによく似ている気がする。ひょっとしたら写真には写っていないどこかで雪だるまのことを気遣っているのかな。
  寒さが厳しい日が続いている。あれから三日。あの雪だるまさんは今頃どうしているのだろう。人間にとっては過酷な寒さも雪だるまにとっては絶好の状況であることは間違いないだろう。元気かな?元気でいて作った子の心を和ませていて欲しいな。

|

« 雪の跡 | トップページ | 教え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 きっと夢中で作ったのでしょうね。
もしかしたら、友達が隣にできているかも…?
こちらは残念ながら雪が少なく(でも寒いんですよ~)雪だるまを作れる所がうらやましいです。

投稿: えぐham | 2010年2月 6日 20時45分

大きな雪だるま・・・
こちらではテレビでしか
本物を見た事が無いの。
こちらで作れる雪だるまは
せいぜい、手のひらサイズのみ。
子どもが小さい頃、一緒に大きな雪だるま作りたかったなぁ~^^

投稿: ふぃる | 2010年2月 6日 21時13分

そういえば子供のころはこんな大きな
雪だるまを作れましたが今は大阪では雪が
降らなくなって雪だるま自体作ることが
難しくなってしまいました。

冷たいのに手袋をびちゃびちゃにして
作ったけど今の子はそんな楽しみも
味わえないなんて可愛そうかな~。

投稿: patapataokan | 2010年2月 6日 21時47分

 大きな雪だるま☃もうまわりの雪はほとんどないけど頑張って持ちこたえてくれていますね
 私も雪だるま、子どもと一緒に1度作りました
雪を丸めてコロコロと転がして大きな球を作ること、さらさらとした雪が手袋について冷たいこともわからなくなるくらい楽しいね
溶けないように気遣い、でもいつかは大きな水溜りとかしてしまうだけの雪だるま・・・
今のこの時期にしか遊べない大事なお友達だね
  

投稿: もえぎ | 2010年2月 7日 08時43分

雪ダルマがぽつんと佇んでますね~^^
我が家の隣の空き地にも近所の子供たちが転がした雪玉がひとつ、まだ日影にありますよ。
もう一つ作るだけの雪はなかったみたい^^;

投稿: しま | 2010年2月 7日 15時59分

えぐhamさま

所どころがでこぼこしていて、ちょっと泥もついていて、一生懸命作ったということがよく伝わってくる雪だるまでした。

写真に写っていないだけで、きっとどこかにお友達がいることと思います。

私の子供のころは、あちらこちらに空き地があって雪だるまを作ることが出来たのですが、今はその空き地もほとんどなくなってしまいました。雪があるのに雪遊びができない子供たちがちょっとかわいそうです。

投稿: ゆうき | 2010年2月 7日 20時49分

ふぃるさま

こちらに降る雪は、湿り気が多く重い雪なので、雪だまを作って転がすのも一苦労です。
本当は、自分の背丈よりも大きな雪だるまを作りたいけれど、1m.くらいの大きさのものが関の山です。

自宅近くの小学校には、雪だるまの頭注経過?(ただの雪のかたまり)がたくさん転がっています。(笑)

投稿: ゆうき | 2010年2月 7日 20時55分

okanさま

私たちが子供の頃に比べて気温が上昇して降雪量自体が減った上に、宅地開発が進んで雪遊びができる空き地が減ってしまいました。
時折、見かける雪だるまもどこか寂しげに見えてしまいます。

今日、自宅近くの小学校のグランドの前を通りかかったのですが、遊んでいる子供はいませんでした。雪があるのに勿体無いなと思いました。

投稿: ゆうき | 2010年2月 7日 21時05分

こんばんは
周りに雪が無いから余計にわびしく見えちゃうのね。
近頃の子供達はお外で遊ぶことが少ないから、雪だるまさんも単独行動が多いのかな?

投稿: ねんね | 2010年2月 7日 21時46分

もえぎさま

氷点下の気温が手助けになっているのでしょう。雪だるまさん、がんばっていますよね。

雪が降ると近所の空き地に飛んでいって、夢中になって雪だるまを作りました。
寒さも冷たさもあの時は、ほとんど感じませんでした。それだけ一生懸命だったのかな?
自分で作った雪だるまは、すごく愛おしくて期間限定の大切な大切な友達でした。

投稿: ゆうき | 2010年2月 7日 23時44分

しまさま

ぽつんと一人佇む姿に心引かれて
気付くとシャッターを切っていました。
この雪だるまを作った子ももっとたくさんの雪だるまを作りたかったのだけれど雪が足りなかったんだろうな。
一人ぼっちの雪だるまさん、ちょっと寂しそうでした。

投稿: ゆうき | 2010年2月 7日 23時52分

ねんねさま

雪だるまさん、ちょっと形がいびつで所どころに泥がついている・・・・・。きっと周りの雪をかき集めて一生懸命作ったんだろうな。

一人ぼっちの雪だるまさん、今頃どうしているのかな。

投稿: ゆうき | 2010年2月 7日 23時56分

雪だるま。懐かしいねぇ~
昔、とにかく大きなのを作ろうと大きな雪の固まり二つ作ったのはいいけど頭が乗せられなくて、大人に手伝ってもらった思い出がよみがえりました。。。写真の雪だるまも結構大きいね。。

投稿: 銀四郎 | 2010年2月 8日 15時35分

滅多に雪が積もらない広島で
積雪があった時には
必ず
雪だるまを作るようです。

気温が高いせいで
1日ともたない
儚い雪だるまなんですよ~

投稿: あんこや | 2010年2月 8日 16時28分

銀四郎さま


雪の固まりは意外と重いですよね。
小さな頃、大人の背丈よりも大きな雪だるまを目にしたことがあって、「あの雪の玉はどうやって上に乗せたんだろう・・・・・・・」 子供心にも不思議に思いました。
こんな大きな雪だるまを見たのは久しぶりです。

投稿: ゆうき | 2010年2月 8日 18時43分

あんこやさま

雪が積もると作りたくなるのが雪だるまですよね。

こちらも、今日は気温が上昇しました。
人間たちは暖かくなってホッとしたけれど、雪だるまさんは困っているかも。

投稿: ゆうき | 2010年2月 8日 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/33274171

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しみ・・・・・:

« 雪の跡 | トップページ | 教え »