« 輝く町 | トップページ | よかった~ »

2010年3月15日

元気かな

Photo  義理チョコやホワイトデーの風習が始まったのはいつのころからなんだろう・・・・・・・?ゆうきの学生時代にはすでに定着していたような気がするが、当時のゆうきは、そういうことに関して無頓着。恋愛感情のない人にチョコレートをあげる感覚がいまいち理解できなかった。
 ゆうきが義理チョコ&ホワイトデーを初めて体験したのは会社に入って一年目の時。同じ部署の先輩が音頭を取り、男性たちにチョコレートを渡そうということになった。みんなで車を乗り合わせて、買出しに行った。ゆうきは、腑に落ちなかったが、当時は一番下っ端、黙って従うしかなかった。着いた先は可愛いグッズがたくさん置いてあることで有名なとあるショップ。様々な形のチョコレートが置いてあり、平日にもかかわらずあらゆる年代の女性が群がっていた。同僚たちとあ~でもない、こ~でもないと言い合いながら、おじ様うけする?無難な形のチョコレートを選んだ。本命ではないのにちょっとワクワクした。
 会社に戻り、早速、男性陣に配った。
「いつもありがとうございます。これ、女性陣からの気持ちです。」
の一言を添えて。
「ありがとう~」
普段、仏頂面のおじ様方が顔を歪ませて喜んでくれた。300円にも満たない安物ののチョコレートなのに・・・・・・・こんなに喜んでくれるなんて・・・・・・。ゆうきの心は驚きでいっぱいになった。
 一ヵ月後のホワイトデー。
「ゆうきちゃん、バレンタインデーの時はありがとう。これお返しだから。」
おじ様が綺麗にラッピングされた包みを渡してくれた。お返しがあるとは思わなかったからびっくりした。びっくりしすぎて「ありがとうございます。」の言葉がすぐに出てこなかった。
「こういう、風習って良いよね・・・・・・。気持ちのキャッチボールみたいでさ・・・・・・・。」
言葉を失っているゆうきに二十才近く年上のおじ様がつぶやいた。義理チョコのことを内心めんどくさいと思っていた自分を恥ずかしく思った。心をくすぐられたような喜びが徐々に広がっていった。恋愛や友情、家族愛の他にも大切にしなければならない関係があることをこの時、学んだ。何の変哲もないキャンディーがとても特別なものに思えた。
 あれから20年もの時が経過したが、あの時感じたくすぐったい喜びは今も心の奥底に残っている。あのおじ様方は、元気かな?元気で幸せであって欲しい・・・・・・・。

写真は、夫がバレンタインデーに貰ってきたチョコレートのお礼用に焼いたマフィンです。
本文と関連性がなくてごめんなさい。

|

« 輝く町 | トップページ | よかった~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かに心のキャッチボールですね。

そのすてきなおじさまももうお孫さんも
おられるお爺さんになっておられるんでしょうね。

でもホワイトデーが来るたびに
ゆうきさん達女子社員のことを思い出して
おられるかな?

ご主人のホワイトデーのお返しに
マフイン焼かれたんですね。

ラッピングもすてきです(^^

投稿: patapataokan | 2010年3月15日 21時07分

どんなチョコでも、感謝の気持ちをこめて
渡したら、うれしいに決まってる!

ゆうきちゃんのマフィン、と~ってもおいしそう。かわいいし。。。
もらった人たちは喜んだでしょうね。
また、いろんなもの一緒に作ろうね!!

投稿: ゆっきー | 2010年3月16日 11時52分

はじめまして。
(コメントは、です。)

ちょこっとした贈り物っていいですcherry

上手く言えないけど、
ゆうきさん、ありがとうございますnote

投稿: メタボでべそ | 2010年3月16日 19時26分

こんばんは^^

私も職場でのバレンタインのときを
思い出しちゃった。
「気持ちのキャッチボール」
確かにそうだなぁ。。。
懐かしい。。。

投稿: うにゃ | 2010年3月16日 19時38分

 ゆうきさん、旦那様のお返しを手作りされたんですね♪すご~い(*^^*)

義理チョコってけっこう大切な習慣だと思います。
職場の方のいつもと違う表情を見られるいい機会ですしね…

そうそう、聞いて聞いて!うちの旦那さん、今年はバレンタインのお返しくれなかったのーーー(TT)
まあ、当日は朝から夕方まで息子の野球の試合で忙しかったから仕方ないんだけど…

投稿: えぐham | 2010年3月16日 19時48分

okanさま

心のキャッチボール・・・・・・上手いことを言うなと思いました。

とても働き者のおじ様でしたので、60を過ぎたたぶん今も社会に貢献していることと思います。
でも、休日はお孫さんたちの相手をしているんだろうな・・・・・・あれこれ想像すると楽しいです。

いつものマフィンにカラーゼリーを散らしたらだいぶ華やかになりました。

ラッピングセットは100円ショップで購入したものです。不器用な私にも簡単にラッピングすることが出来ました。

投稿: ゆうき | 2010年3月16日 20時51分

こんばんは
お若い頃のホワイトディーの思い出、素敵なおじ様のお返しと言葉。
いいなあ
手作りのマフィンを頂いた方の笑顔、目に浮かぶようです。

投稿: ねんね | 2010年3月16日 21時45分

ゆっきーさま

「ありがとう」の気持ちを伝えることがいかに大切かということを、義理チョコで学びました。

家族以外の人にプレゼントするのは、初めて・・・・・・とにかくドキドキでした。
形の悪さはラッピングでごまかしちゃいました。
開けた人はびっくりするかも。

これからも色々な物を作っていきたいな。
ゆっきーちゃん、よろしくね。

投稿: ゆうき | 2010年3月16日 22時55分

メタボでべそさま

はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。

プレゼントは気持ちが大事ですよね。

のんびり気ままに綴っているブログです。
また、遊びに来てくださいね。

投稿: ゆうき | 2010年3月16日 22時59分

うにゃさま

毎年、ホワイトデーが来るたびにあの頃を思い出します。
懐かしいな。
「心のキャッチボール」って素敵ですよね。
おじ様たち元気にしていると良いな。

投稿: ゆうき | 2010年3月16日 23時03分

えぐhamさま

市販のホワイトデーの品物は、とにかく高くて・・・・・・・。
出費が痛いので、手作りすることにしました。
ラッピングのセットは100円ショップで購入したのでとても安く済みました。

普段は仏頂面のおじ様方の妙に照れた顔がとても印象に残っています。
厳しさの裏にある優しさがとても嬉しかったです。


そういえば、私もホワイトデー貰っていません。バレンタインデーに手作りケーキあげあのにぃ~。
まあ、うちも色々と忙しいからしょうがないかな。

投稿: ゆうき | 2010年3月16日 23時12分

ねんねさま

あの時のおじ様の言葉は今でも私の心の中で生き続けています。
大切な大切な思い出です。

マフィンを受け取った人はどう思ったんだろう・・・・・・ちょっと気になります。

投稿: ゆうき | 2010年3月16日 23時16分

プレゼントって、頂くのも あげるのも
すごくワクワクしますもんね♪
私も贈り物が大好きです!
あと、時々友達に手紙を書くんですけど
メールよりもなんだか好きなんです^^

気持ちと交差させるのって、いいですよね^^

投稿: バニラ | 2010年3月16日 23時27分

バニラさま

プレゼントって良いですよね。

プレゼントを贈る日とのことを考えながら、作ったり選んだりする・・・・・・至福のひと時です。
貰う時も贈ってくれた方のことを思うととても温かい気持ちになります


私は超アナログなタイプなのでメールよりも手紙の方が好きです。(笑)

気持ちと気持ちが通じ合うって幸せですよね

投稿: ゆうき | 2010年3月17日 01時49分

ホワイトデー。
旦那様、ゆうきさんの手作りマフィンを持っていかれたんですね^^

本当にほんのちょっとしたことなんですけど、日頃の感謝の気持ちをこめて・・・ですよね。
義理は義理でもちゃんと意味がある義理・・・というか本当は義理じゃないよ、っていうか。。。
なかなか良い風習だと思いますよ( ´艸`)

投稿: しま | 2010年3月17日 11時53分

しまさま

家族以外の人に自分が焼いたお菓子をあげるのは初めてなので、貰った人がどう思ったかがちょっと気になります。

ほんのちょっとした心遣いで、人間関係がとても円滑になるということを、義理チョコで学びました。
とても良い風習ですよね。
廃って欲しくないです。

投稿: ゆうき | 2010年3月17日 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/33786456

この記事へのトラックバック一覧です: 元気かな:

« 輝く町 | トップページ | よかった~ »