« 虜に・・・ | トップページ | 春の雪 »

2010年3月 6日

春霞

Photo  自宅から数十キロ離れた場所にあるフルーツ公園。高台に位置するこの公園は南アルプスの山々と県庁所在地の街並みが一望できる。心地好くてゆったりしたこの風景が大好きでゆうきは折に触れ足を運ぶ。これで何回目だろう・・・・・・。行く度に見るたびに癒される。
 すっきりした青空の下に広がるくっきりはっきりした景色も良いが、こんな風に周辺が霞んで見えてどこにどんな建物があるのかがはっきりわからない景色も悪くないと思う。柔らかで穏やかでゆったりとしていて時が経つのを忘れる・・・・・。
 霞(かすみ)・・・・・ゆうきにこの言葉を教えてくれたのは小学校3~4年の時の担任教師だ。
「白いもやにに包まれて空や周りの山々がはっきり見えないことを春は霞む、秋は霧って言うんだよ・・・・・。」
霞、カスミ、かすみ・・・・・・・・。声に出さずに何度もつぶやき、心の中で転がした。なんて綺麗な言葉なんだろう・・・・・・・。子供心に感じた。ぼんやりしていてあまり好きになれなかった景色がこの言葉を知った瞬間、特別なものになった。日本語って美しいな、日本人に生まれてよかったなって心から思えた。
 この写真を撮影した日は三寒四温の”温”の日だったのだろうか。風が穏やかでほのかに草の香りがした。ゆうきは思いっきり伸びをし大きく息を吸い込んだ。もうすぐ、もうすぐこの景色は絨毯を敷き詰めたかのようなピンク色に染まる・・・・・・・・・。

|

« 虜に・・・ | トップページ | 春の雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

霞とか桜とはは日本のものって感じですね~。

外国の方ってなんでも大雑把だから
霞のはかなさとか理解できないんじゃないかな~。

鈴虫やコオロギの声も綺麗と感じれるのは
日本人だけと聞いたことがあります。

日本人の感性、大事にしたいです。

投稿: patapataokan | 2010年3月 6日 21時42分

霞って、なんだかとてもはかなげな感じがするよね。
最近は、温暖化のせいか三寒四温のサイクルが狂ってきてる感じがしますね。
今度、是非ピンク色に染まった景色を見せてください。

投稿: ふぃる | 2010年3月 6日 22時56分

 日本語のニュアンス、私も大好きです。
外国の人達にはあいまいな表現が理解してもらえないから…
趣きって言葉の意味も分かってもらえないのかなぁ。

3月に入ってから寒い日がほとんどありません。植物達は春の支度は万全なのかな?
このところの気候はちょっと急ぎ足のような気もするけど…

投稿: えぐham | 2010年3月 6日 23時02分

春霞~ですね^^
山々も芽吹きが進んでそれだけでも霞が掛かったようにも見えますよね。
奥に富士山が見える?

投稿: しま | 2010年3月 7日 11時54分

okanさま

霞や桜、日本ならではですよね。

霞がかった景色・・・・・この繊細なニュアンスを外国の方にどう伝えたら良いのでしょう・・・・・・?時々思います。

鈴虫やコオロギの声は風流でとても癒されます。
風流と言う言葉も外国にはないのかしら?

日本人だけにしか通じない感性ってたくさんあるなって改めて思います。

投稿: ゆうき | 2010年3月 7日 20時57分

ふぃるさま

この風景に霞がかかる日は、そう多くはないです。
それを考えるととても儚げで貴重に思えてきます。

あと一月ほどで、この街並みは桃の花で埋め尽くされます。
その頃、またいけると良いな。

投稿: ゆうき | 2010年3月 7日 21時06分

えぐhamさま

日本語のニュアンスって良いですよね。
微妙で繊細な表現を外国の方に理解してもらうのは至難の業だと思います。
趣も日本だけの言葉なのかな・・・・・。


こちらは、暖かい日と寒い日が交互にやってきています。
昨日は、比較的暖かだったのに今日は雪が降っていました。
ようやくほころびかけた梅の花も凍えていることと思います。

投稿: ゆうき | 2010年3月 7日 21時25分

こんばんは
昨年まで、こんなに遠くの方とお話したことは無くて自分の周りの春、それだけしか見えてなく今年はなんか新鮮!!
こちらに無い季節の変化の様子等まだまだ日本は素敵。
桃のピンク色でいっぱいになったところを又見てみたい。

投稿: ねんね | 2010年3月 7日 21時33分

しまさま

春霞・・・・・とても心地好い景色でした。
霞に隠れて見えないところで着実に草木は芽吹いている、そう思うと元気が出ます。

この公園は高台にあるのですっきりと晴れた日には正面に富士山の頭の部分が見えます。

投稿: ゆうき | 2010年3月 8日 00時15分

ねんねさま

私も、ねんねさんのブログからこことはまた違った風景や季節を見せていただいています。
自分が今まで知らなかった日本を知ること感じることって新鮮ですよね。

桃の花が咲きそろう頃にまた足を運びたいです。

投稿: ゆうき | 2010年3月 8日 00時31分

フルーツ公園、はるか昔、娘が小学校低学年の時行ったですよ。
出来たばかりの頃でしたが。長谷川逸子さんという女性建築家が設計したんですよね。丘の上の風船見たいに見えます。

投稿: 銀四郎 | 2010年3月 8日 09時15分

そうですね~
日本語は美しい!
そして繊細
日本語っていいよな~
日本人でよかったな~(ニコニコ)

投稿: あんこや | 2010年3月 8日 18時08分

銀四郎さま

長谷川逸子さんは素晴らしいセンスの持ち主ですよね。
この公園は、風景だけでなく四季折々の草花も建物も素敵なので夫も娘も大好きです。

投稿: ゆうき | 2010年3月 8日 18時45分

あんこやさま

日本語って良いですよね。
英語にはない繊細なニュアンス、優しさがあると思います。
ホント、日本人でよかった。

投稿: ゆうき | 2010年3月 8日 18時47分

こんばんは^^

スッキリ晴れ渡った景色もいいけど
霞がかったこの景色も
とっても素敵ですね。
心がしっとり。。。
素晴らしい公園だね。
ゆっくり歩いてみたいな。

投稿: うにゃ | 2010年3月 8日 20時00分

うにゃさま

霞がかった景色・・・・・・春らしいですよね。
心がしっとり穏やかになります。

この公園は、四季折々の草花が咲いていて、野鳥もたくさんいてゆっくりと歩くにはうってつけの場所です。

投稿: ゆうき | 2010年3月 8日 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/33659701

この記事へのトラックバック一覧です: 春霞:

« 虜に・・・ | トップページ | 春の雪 »