« 祖先の知恵 | トップページ | 開花宣言 »

2010年4月10日

気を付けてね。

Photo  夫が一昨日久しぶりに丸一日お休みがとれた。願いに願い続けた休日。ほぼ1か月ぶりだ。特別、何かを手伝ってくれるわけではないけれど、朝、娘が学校へ行く時間帯に夫がいる、ただそれだけで嬉しい。
 まったりした朝の時間帯を過ごし、恒例のドライブへ。疲れているのでは?と懸念したが一日中、家にいたら気持ちが腐ってしまうそうな。それもそうかもと妙に納得した。
 行き先は隣県のショッピングモール。娘の春物の洋服を物色し、昼食をとり早めに帰路に着いた。天気も良いことだし、どうせなら森林浴でもとちょっと遠回りをした。車は冬と春が共存する林道へ。ゆうき一家が密かに”鹿出没ゾーン”と呼んでいる道だ。夫は知らないが、ゆうき自身はショッピングそのものよりも鹿を見つけることの方がメインだったりする。
「探していると見つからないんだよね~。」
「そうそう。」
どうしても見たいというわけではないから気は楽だ。林道をひた走りそろそろ町中に近づいて来た頃、夫が叫んだ。
「いた、いた、いたぞ。」
「へっ?」
夫はいったん車を止め、後続車が来ないことを確認してから車をバックさせた。
今の音で逃げてしまったのでは?と思ったが鹿は微動だにせずこちらを見つめていた。エンジン音に驚いている様子はない。窓を開けデジカメを構えても逃げる気配すら見せない。こんなのは初めてだ。ゆうきは夢中でシャッターを切り続けた。撮影の間、鹿はジッとこっちを見つめていた。「鹿はゆうき達のことをどう思っているのだろう・・・・・?」ふとそんな考えが脳裏をよぎった。いつもであれば、鹿の方が逃げてしまうのに、今回に限って先にその場を後にしたのはゆうき達の方だった。サイドミラーで確認したら鹿はきょとんとした表情で車を見送っていた。鹿をデジカメに収めることが出来たことは嬉しいけれど、ここまで警戒心がないと返って心配になる。この林道は猛スピードで走りぬける車ががたくさん通る。心ないハンターもいる。交通事故にあわないで欲しい。誰にもつかまって欲しくない。「鹿さん、気を付けてね・・・・・・・。穏やかで幸せな毎日を送ってね。」
 

|

« 祖先の知恵 | トップページ | 開花宣言 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 こんなに身近な所に鹿が生息しているんですね。
そこは住みやすい所なのかな、一人ぼっちなのかな、餌とか大丈夫なのかな…いろんな心配をしてしまいますね。

ゆうきさんのような人間ばかりなら、この鹿も幸せなのにね(^^)

投稿: えぐham | 2010年4月10日 21時05分

こちらで鹿といえば奈良公園か動物園でしか
見たことがありません。

こんな本当の自然の鹿がゆうきさんの
近くでは見れるんですね。

でもあまりに人慣れしていると
こちらが心配してしまいますね。

昨今は心ない人もたくさんいますから。

鹿が無事、過ごしてくれることを
祈ります。

投稿: patapataokan | 2010年4月10日 22時01分

鹿とかイノシシとかサルとか・・・我が家の辺りでもよく目撃されているようです~、ワタシはまだ見たことないのですが^^;
動物達が住んでいるところに人間が道や建物をつくってしまったんですよね。
元気でね~、シカさん!

投稿: しま | 2010年4月11日 10時03分

かわいいね!以前長野の菅平に行ったときにカモシカを見ました。やっぱり自然の中にいる動物って神秘的でかわいいですね~雪の中を走っていました。それから毎年のように菅平に行くんですがなかなか遭遇しませんね。
ここら辺では狸ちゃんはたまにお散歩しています。

投稿: 千里 | 2010年4月11日 12時22分

野生の鹿sign01
わたしは、野生の鹿は、見たことがありません。
見てみたいです♪

でも、なんでだろう。。。いつもと違ったのは。
警戒心がない様子なのですね。
若いのかしらん?
世間しらずなのかしらん?
鹿を見慣れていないわたしには、若いのか老いてるのかさえ、よくわかりませんcoldsweats01

ホントに、無事でおだやかに過ごしていってほしいですねnote

ご主人とショッピングモール&ドライブ楽しめたようで、よかったですheart02
ご主人も、リフレッシュになったんだろうなshine

投稿: メタボでべそ | 2010年4月11日 17時15分

えぐhamさま

ここは自宅から数十キロの場所です。
以前、同じ場所で群れで行動する鹿を見かけたことがあります。この日はたまたま一人だったのかな。
原生林ですが、寒冷地のため木の芽や草が芽吹くのはもう少し先です。
その間、何を食べているのかが心配です。

何も出来ないけれど、彼らの生活を脅かすことだけはしたくないです。

投稿: ゆうき | 2010年4月11日 20時31分

野鹿だ~
本当に、自然が良い感じに残ってるんでしょうね・
こういう場所は、決して人間の手を入れてはいけないよね。
保護区と言う名の下に人間が好きなように手を加えたりすると
本当の自然が無くなるんだよね。
鹿達がいつまでも自然に暮らせますように^^

投稿: ふぃる | 2010年4月11日 20時45分

okanさま

元々は原生林の奥深くに生息していて、ほとんど人に見かけられることはありませんでした。
ですが、最近は、天敵がいなくなったため数が増え、食べ物が不足してきたため人里近くまで出没してきたようです。

いつもは、エンジン音に驚いて逃げてしまうのですが、この鹿さんは、臆することなくジッとこちらを見つめていました。

猛スピードで走り抜ける車も多いので交通事故にあわないかも心配です。

この鹿さんも鹿さんの家族や仲間たちも、無事に生活して欲しいです。

投稿: ゆうき | 2010年4月11日 20時46分

しまさま

つい先日、自宅最寄の駅近くで野生の鹿が捕獲されました。
元々この地は多くの動物たちが生息していた場所。彼らの居場所を奪ったのは私達人間の方だということを痛感させられました。
捕獲された鹿は山に帰されたとのことですが、どうか無事に生きていて欲しいと願うばかりです。

投稿: ゆうき | 2010年4月11日 22時08分

千里さま

今まで数え切れないくらい走ってきた道路ですが、鹿に遭遇できるのは稀です。
それだけに出会うととても嬉しい気持ちになります。
この辺りは、鹿以外にもイタチやタヌキが生息しているとのことですが、鹿以外の生き物に遭遇したことはないです。鹿よりも数が多いはずなのに不思議です

投稿: ゆうき | 2010年4月11日 22時17分

メタボでべそさま

以前は原生林の奥深くに生息していてほとんどお目にかかれることはなかったようです。
頻繁に見かけるようになったのは最近です。

この鹿さん、微動だにせずこちらをジッと見つめていました。
どうして逃げないのか・・・・・すごく不思議でした。
ちなみに私もこの鹿さんが若いのか老いているのか、オスなのかメスなのかわかりません。
優しそうなお目目をした鹿さん、幸せであって欲しいです。


家でじっとしているよりも出かけることが好きな主人です。

投稿: ゆうき | 2010年4月11日 22時45分

ふぃるさま

野生の鹿が生息するこの場所は原生林です。奥深く行くと磁石が狂うそうです。
何百年もの間、人の手が加えられていない大自然、ずっとこのままであってほしいです。

人が住むには不向きな場所だからこそ、野生動物にとっては楽園なのかもしれません。

投稿: ゆうき | 2010年4月11日 22時53分

自然が多く残っているところなのですね
野生の動物の円らな瞳が人間達の手で曇ることが無いようにと願います。
素敵な出会いが又有ります様に。

投稿: ねんね | 2010年4月12日 14時24分

おおおお~~!
鹿が写ってます。
鹿はホント警戒心に強い動物ですモンね
写真が撮れるなんて
奇跡ですよ。
あんこやさんも以前
野生の鹿に遭遇したことがあります。
こちらが少し動いただけで
ビクッとなるの
なんで
鹿トしてやりました。アラッ!

投稿: あんこや | 2010年4月12日 15時17分

ねんねさま

手付かずの原生林です。
このゾーンには携帯の電波が届かない箇所もあります。

とても穏やかで優しそうなお目目にとても癒されました。
どうか、生涯、この瞳が曇ることがありませんように・・・・・・願わずにはいられません。

投稿: ゆうき | 2010年4月12日 18時17分

あんこやさま

今まで何回か遭遇してきたのですが
その度に逃げられてきました。
こんなに近くからしかも真正面から撮ることが出来たのは初めてです。
ホント奇跡ですね。
もしかしたら写真に写りたかったのかな?

投稿: ゆうき | 2010年4月12日 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/34164618

この記事へのトラックバック一覧です: 気を付けてね。:

« 祖先の知恵 | トップページ | 開花宣言 »