« もうすぐ | トップページ | 気を付けてね。 »

2010年4月 7日

祖先の知恵

Photo  知人から珍しい食べ物を頂いた。”しみ芋”。ゆうきにこの食材の思い出はない。見るのも初めて聞くのも初めてだ。
 しみ芋はゆうきの住む市から10km程離れた村に伝わる保存食。冬の寒い日に畑にゴザを広げて収穫したジャガイモを広げる。ジャガイモが凍ったところで踏みつけ中の水分を搾り出す。それを2~3回繰り返した後、天日に当て十二分に乾燥させる。食べる時は水から煮る。飢饉などで作物が摂れない時に食べられていたそうだ。兼業農家に育ち、小さい頃から自宅の畑で摂れたジャガイモを食べ続けてきたゆうきもこんな保存方法があるとは知らなかった。しみ芋、だいたい干し椎茸と同じくらいの大きさ重量だ。遠い昔、人々は食べ物がない時、しみ芋を分け合い飢えをしのぎ命を繋いだ。交通機関が発達していなかった当時の食糧事情はゆうきの想像を絶するくらいの悲惨さがあったことだろう。しみ芋が伝わる村とゆうきの出身の市は10kmほどしか離れていない。当時の人々なら平気で歩いていたはずだ。手法が伝わっていても不思議ではない。ゆうきの先祖もしみ芋を食べていた可能性がある。もし、しみ芋がなかったら、ゆうき自身もこのしみ芋を快く譲ってくれた知人もいなかったかもしれない。
 今日、丸一日、水につけて置いたしみ芋を煮てみた。教えられた通りに水から弱火でコトコトと。味付けは塩オンリー。出来るかどうか心配だったが何とか無事に仕上がった。早速、娘と二人試食。意外にももっちりとしている。
「思っていたよりいけるんじゃない?」
「うん。」
しみ芋を初めて見た瞬間、これって食べられるの?と疑心暗鬼になった自身を恥ずかしく思う。
しみ芋を考え出した祖先の知恵に敬意を表したい。

|

« もうすぐ | トップページ | 気を付けてね。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

へ~!
私もしみ芋初めて見ました。

でも昔の人の知恵は現代人の考えも
及ばない素晴らしさです。

今では当たり前に毎日口できる食べ物が
飢饉で食べられなくてどれだけの方が
亡くなったことか。

飢饉の恐ろしさを身をもって知っていたから
色々な保存法を考えたんでしょう。

息子たちには食べ物の有難さをしっかり教えて
いかないとだめですね。

投稿: patapataokan | 2010年4月 7日 22時01分

昔の人の知恵はすばらしいですね。
食べ物の保存食(梅干・干し芋)などは
昔の人が美味しく食べ続ける事が出来る知恵で出来た食べ物。
今の私達では考え付かない事を考える事が出来た人達を尊敬しますね。
私もしみ芋は聞くのも初めて^^

投稿: ふぃる | 2010年4月 7日 23時16分

おはようございます^^

しみ芋・・・・・
私も初めて目にしました。
昔の方々の知恵はすごいですね。
昔から伝わる保存食は今でも食べられ続け
それが身体にいいものばかりだしね。

このしみ芋も
味が凝縮されていて
シンプルな味付けで十分おいしく食べられるのだろうね。
私も食べてみたいな☆

投稿: うにゃ | 2010年4月 8日 08時33分

踏まれることででんぷんに粘りが出るんでしょうかねぇ。
塩味だけで食べるんですね。
素朴でおいしそうです^^

たった10キロでも言葉が違ったりもしますよね。
今は10キロなんて車でだってすぐだけど昔はみんな数時間かけて歩いたんでしょうね。

投稿: しま | 2010年4月 8日 11時47分

しみ芋、初めて知りましたflair
はじめは、サツマイモかなって思っていたのですが、
ジャガイモなのですね。
もっちりとしているのですねclover
北海道のドライブインで食べた、芋餅(確かそんな名前だったと思います。それもジャガイモでした。)も、もっちりとしていました。それに似ているのかなって想像しました。

各地方の保存食。
調べてみると面白そうですflair
先人の知恵の塊ですもんclover
特産物や気候によっても、かなり違いがあるんだろうな。

そうですよね。
ゆうきさんの言うとおり、
なにかひとつ欠けても、わたしたちは、今、ここにいないかもしれない。
感謝ですheart02

ゆうきさん、どうもありがとうございますgood

投稿: メタボでべそ | 2010年4月 8日 15時25分

 しみ芋、初めて聞いた名前です。
どこにもその土地にしか伝わっていない食べ物がありますよね。偶然生まれた保存法なのでしょうか、踏みつけるっていう発想には驚きました。たまたま踏んでしまったのかしら?

そうそう、私いつも思うんですけど、なまこって一体誰が一番最初に口にしたんだろう?
けっこう勇気が入ったでしょうね!?

投稿: えぐham | 2010年4月 8日 15時51分

あんこやさんも
しみ芋、初めてみました。
これで
ご先祖さんが命を繋いだからこそ
我々がある
なんて思ったら、愛しくなりますね(ニコニコ)

投稿: あんこや | 2010年4月 8日 16時30分

okanさま

私の住む地域のすぐ近くで作られているにもかかわらず、今の今まで知らなかったです。

一度、作られると何年も持つそうです。
ちなみに写真のしみ芋は4年前に収穫したジャガイモです。

昔、この辺りはもの凄い飢饉があったと祖母から聞いた事があります。
その日食べるにも事欠く状況で、生まれすぐに亡くなってしまう子供も多かったようです。

しみ芋は考えに考え抜いて編み出された食材だと思います。
この食べ物が祖先の命を繋いだと思うと感慨深いです。

食べ物の尊さを次世代に伝えることが、祖先の知恵に報いいることだと思います。

投稿: ゆうき | 2010年4月 8日 20時13分

 私も初めて知りました~
昔の人は、いろいろ考えて試行錯誤の中でやっとできたしみ芋ですよね~
 命をつなぐ大事な食べ物、今のような飽食の時代には、なくしてはならない大切な製法としみ芋の歴史ですね~

 

投稿: もえぎ | 2010年4月 8日 20時26分

ふぃるさま

食べ物を長く美味しく保存する方法を考えた祖先を心から尊敬します。
古くから伝えられていた知恵、次世代に伝えないといけないですね。

干椎茸に漬物、今まで色々な保存食を食べてきたけれどしみ芋は初めてです。

投稿: ゆうき | 2010年4月 8日 20時31分

うにゃさま

今まで、様々な保存食を食べて来たけれど、しみ芋は初めてです。
しみ芋を考え付いた人は本当に素晴らしいと思います。
保存料を一切使っていないにもかかわらず、年単位で長持ちするんですから。


しみ芋、見た目はとても地味だけれど、味が凝縮されていてもっちりとしていてとても美味しいです。

投稿: ゆうき | 2010年4月 8日 21時15分

しまさま

踏まれることで余分な水分が抜け、味が凝縮され粘りも出るのだと思います。
お塩とジャガイモがこんなに合うとは思わなかったです。素朴でしたが美味しかったです。

たった10km離れているだけでも随分と違うものだと、しみ芋を見た時しみじみと思いました。
昔はどこへ行くにも徒歩でしたよね。
道路状況も今よりずっと悪かったはずなのに昔の人は本当に逞しいです。

投稿: ゆうき | 2010年4月 8日 21時28分

メタボでべそさま

41年間生きてきて初めてしみ芋の存在を知りました。
初めて見た時、一瞬、干し椎茸かと思いました。

寒い地域は寒い地域なりの、暑い地域は熱い地域なりの保存食があることと思います。
私が住む地域も私が知らないだけで、古くから伝わる保存食があるかもしれません。

今私たちがあるのは、祖先の知恵があったからこそ。
そう考えると自分の命だけではなく、周りの人達の命も大切にしなければいけないですよね。
感謝の気持ちをいついかなる時も忘れずに過ごしたいです。

なんだか暗い内容のブログとなってしまいましたが読んでもらえて嬉しかったです。
こちらこそありがとうございます。

投稿: ゆうき | 2010年4月 8日 21時41分

w(゚o゚)wほ~~~
見たことも聞いたこともなかったです。
1つ物知りになりました。

投稿: まーち | 2010年4月 8日 22時58分

えぐhamさま

しみ芋、生まれて初めて食べました。
見た目は地味ですが美味しかったです。

その土地にしか伝わっていない食べ物、夫の出身地にもたくさんありそうです。
今度、聞いてみようと思います。


なまこは見た目がかなりグロテスクですよね。
私も初めて食べた時は、躊躇してしまいました。
しみ芋もなまこも最初に食べた人は勇気が要ったことと思います。

投稿: ゆうき | 2010年4月 8日 23時29分

あんこやさま

近くに住んでいるにもかかわらず、しみ芋の存在すら知りませんでした。

地味で素朴な食材ではあるけれど、これでご先祖様は命を繋いできたと思うと、切なくて愛おしいです。

投稿: ゆうき | 2010年4月 8日 23時32分

もえぎさま

しみ芋を調理している時、昔の人々がいかなる食材も決して無駄にすることなく大切にしてきたかをひしひしと感じました。

古くから伝わる製法と知恵、私たちは忘れてはならないと思います。

投稿: ゆうき | 2010年4月 8日 23時36分

まーちさま

私も全く知らなかったです。
とても勉強になりよかったです。
しみ芋を分けてくれた知人に感謝したいです。

投稿: ゆうき | 2010年4月 8日 23時38分

こんばんは
初めて聞いたお料理。日本は広いんだなとつくづく思います。
ゆうきさんの所は昔ながらの伝統料理などがいっぱい残ってるんですね。
ご先祖様の知恵に敬意。

投稿: ねんね | 2010年4月 9日 22時34分

ねんねさま

近くに住んでいるにもかかわらず、今まで全然知らなかったです。
伝統料理は奥が深いと改めて実感しました。
しみ芋を分け合いながら命を繋いでくれたご先祖様に心から感謝します。

投稿: ゆうき | 2010年4月10日 01時47分

おはようございます。
凍み芋・・初めて知りました。
凍み豆腐は知ってましたが。
昔の知恵なんでしょうね。
今のように冷蔵庫も加工食品もない時代の
知恵なんでしょうね。
そういう食べ物もなくなっちゃいそうです。

投稿: ぷぅおやじ | 2010年4月10日 09時19分

ぷぅおやじさま

私も凍み豆腐は知っていましたがしみ芋は初めてでした。
しみ芋は見た目はあまりよくないのですが、ジャガイモの味が凝縮されていてなかなか美味しかったです。
このような素朴な食材、なくなって欲しくないです。

投稿: ゆうき | 2010年4月10日 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/34122329

この記事へのトラックバック一覧です: 祖先の知恵:

« もうすぐ | トップページ | 気を付けてね。 »