« 安心できる木 | トップページ | 光る花 »

2010年4月28日

家庭訪問にて

Photo  昨日は娘の家庭訪問だった。掃除にお茶の準備にと気が張っていただけに無事に終わってくれてホッとしている。
 娘の担任は若さあふれる20代の男性教諭。昨年度に引き続き二年目だ。ベテラン教諭を希望していた娘はかなり不満顔。
「私は、担任運を小学校で使い果たした。」
なんて中三に進級して以来毎日のようにぼやいている。学校の先生も大変だな~とつくづく思う。
 娘の気持ちはわからなくもない。ゆうきも中三進級時、似たような事を母親に愚痴っていた。当時のゆうきの担任は大学を卒業したばかりの新米男性教諭。異性を意識し始める微妙な年頃だったこともあって、この先真っ暗だとまで感じていた。上手く言葉に出来ないけれどどこか物足りない気がしてベテラン教師が担任である隣のクラスを心底、羨んだ。きっと卒業したらすぐに忘れるだろうと思っていた。
 が、しかし、大人になった今、振り返って最も印象に残っている先生は中三時の担任教諭だ。テレビドラマに登場するような熱血先生とは程遠い大人しい先生だった。が、心の目は鋭かった。小さな努力も決して見逃さなかった。
「ゆうき、よくがんばってるな。」
何をやっても不器用でコンプレックスの塊だったゆうきを、褒め続けてくれた。
 あの当時の小さな励ましは、大きな励みとなって今もゆうきの心を支え続けている。担任されている時は実感できなかったけれど、ゆうきは運に恵まれていたのかもしれない。

 若さあふれる娘の担任教師。まだ20代。純粋で真面目な好青年だ。ベテラン教師に比べて蒼いのは当たり前だ。
誰にだって最初はある。木の実が熟すように徐々に徐々に色づいていってくれれば良い。色づく頃にはきっと生徒の方も成長を遂げているはず。がんばれ~!新米教師。

写真は、家庭訪問の際、お出しした手作りクッキーです。先生は食べないとわかっているけれど自分が食べたいから焼きました。

|

« 安心できる木 | トップページ | 光る花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大丈夫ですよ~
先生は一生懸命の方が多いと思います。
若い先生はいろいろ苦労されて先生になっています。経験が少ないのは仕方がないんですが、でも何事にも一生懸命!
きっと先生はお嬢さんたちのクラスをまとめようと頑張っていると思います
きっといつかこの先生でよかったと思う日が来ますよ~

投稿: 千里 | 2010年4月28日 21時54分

千里さんがおっしゃってるように
若い先生には情熱があります。

ベテランの先生にはない
一生懸命さは年々なくなって
いきますからね。

卒業してあの先生でよかったと
思えるようになってほしいですね♪

投稿: patapataokan | 2010年4月28日 22時23分

今は3年生には新人をつけない学校が多いけれど、その2年目の先生はきっと学校側からの信頼も厚いのかも^^
進路指導も若い先生は自分の経験とのギャップが少ないかも?
学校の先生になる人はいわゆる勝ち組よりも中堅どころがいいのかも、なんてワタシは思うけれど~^^

クッキー、先生食べていかなかったですか?
家に上がらない学校もあるんですってね。
なぜだか我が家にやってきた先生はみんな出したお貸しや果物食べてってくれたな~。

投稿: しま | 2010年4月29日 12時19分

 家庭訪問って、普通のお客様と違って緊張しますね~
こちらでは「湯茶の接待はご遠慮します」と案内が来ますが、一応用意しておきます
先生は一口も召し上がらないけどね~

 私も印象に残っている先生は、情熱的になってくださる若い先生だったかな~
それと小さなことでも見逃さずに見てくださっていて、ほめてもらえたうれしさとか悪いことでも頭ごなしじゃなくちゃんと理由を聞いて諭してくださった先生~

 中3で異性を意識するから本人さんにはいやな様でも逆にいやな生徒にみられたくないからいい刺激かもね~

 一年間、ファイト!!だね
 

投稿: もえぎ | 2010年4月29日 13時29分

お疲れ様でした。
家庭訪問のときは力を入れてお掃除したものでした。花なども綺麗に飾ってね。(鉢植えなどは友達同士で貸し借りして飾っていました)
私も中2のときに新人先生が担任でしたが、其の先生は、引っ込み思案の私の性格をガラリと変えるくらい色々なことにチャレンジすることを教えてくれた方でした
成人してから良く思い出すのは其の先生です。
きっとゆうきさんのお嬢さんの担任も指導力を買われたのだと思います。

投稿: ねんね | 2010年4月29日 15時48分

千里さま

娘の担任の先生もとても一生懸命です。
父兄の話にも真剣に耳を傾けとても親身になって相談にのってくれます。

若く生き生きとしたエネルギーに満ちていて、話しているとこちらまで元気になります。
クラスを団結させよう・・・・・心意気がひしひしと伝わってきました。

娘もいつかわかってくれることと思います。

投稿: ゆうき | 2010年4月29日 20時48分

okanさま

とても純粋でひたむきで情熱に満ちていて、眩しいくらいです。

自身の経験から言っても、どこかすれたベテラン教師よりも生徒の目線に立てる若い先生の方が返って良いかなと思います。

娘もなんだかんだ言いながらも頼りにしている様子です。
いつかきっとあの先生でよかったと思える日が来ることと思います。

投稿: ゆうき | 2010年4月29日 20時57分

うちも家庭訪問終わりました。
終わってしまってから、これって人生最後の家庭訪問だったんだ~って
思ってしまった。
高校生になると無いからね。
息子の幼稚園の時、初めての家庭訪問経験。
ドキドキして玄関も綺麗にしてってしてたけど
今回なんて、娘の調査で先生は玄関にも入って来ないと聞いてたので
門の所で話そうとすると先生から玄関に入らせてもらってと言われて
「えぇ?玄関に入るんですか?」って思わず
超失礼な事を口にしてしまった(ーー;)
だって、娘の調査で玄関掃除してなかったもん・・・しくしく

投稿: ふぃる | 2010年4月29日 21時02分

しまさま

何事にも一生懸命に取り組む先生だなと、昨年度から感じていました。
こちらが質問して答えられないときは、後で調べてきちんと報告してくれます。

進路指導も色々と力になってくれそうです。
子供たちと近いほうが返っていいのかも知れません。


娘が幼稚園の頃からお茶やお菓子を用意してきたのですが、手をつけたのはほんの数名です。

投稿: ゆうき | 2010年4月30日 00時08分

もえぎさま

家庭訪問は子供の立場からしても親の立場からしてもとても緊張します。
きっと、先生たちも同じなんだろうと思います。
こちらでも「お茶等はご遠慮します。」との通知があるのですが、親の立場としてはついつい準備してしまいます。

小さな励ましがどれほど嬉しかったことかはかりしれないです。
あぁ~ちゃんと見ていてくれる人がいるんだ、大きな自信に繋がりもっともっとがんばろうと思えました。

うちの娘は、その先生が担当する教科をはりきって勉強しています。親としてはそれが嬉しいです。

投稿: ゆうき | 2010年4月30日 00時22分

ねんねさま

片付けにお掃除・・・数日前から張り切りました。
先生が見ないであろう場所まで綺麗に磨いてまるで年末の大掃除のようでした。

私の中三の時の担任の先生は、努力の積み重ねが、いかに大切かを教えてくれました。
何事もコツコツとこなす性格はその時に培われたのかもしれません。

誠実で何をするにも一生懸命な先生。
同じように感じている父兄は私だけではないと思います。

投稿: ゆうき | 2010年4月30日 00時34分

ふぃるさま

そう言えば、家庭訪問は今回が最後ですよね。バタバタしすぎていて忘れていました。

娘の担任は昨年度も上がりこみました。
ですから今年もと思い、必死で掃除しました。
張り切りすぎたためか、先生が帰った後はぶったりでした。

娘が幼稚園に入園して以来毎年あった家庭訪問も今回が最後だと思うとちょっと寂しいです。

投稿: ゆうき | 2010年4月30日 00時42分

色んな考えありますよね。
両者にもいい所があるんですよね。
若い先生はすれていないところや
がむしゃらな感じがいいような。
あくまで、イメージです。スミマセン。
クッキー美味そうに焼けましたね!

投稿: ぷぅおやじ | 2010年4月30日 12時55分

まだ始まったばかり
先生も生徒も
きっと
いい面をみるようになりますよ(ニコニコ)

投稿: あんこや | 2010年4月30日 15時39分

お疲れ様でしたclover

確かに、先生『運』はありますが、(~_~メ)。
人をみる機会でもあった気がします★

フレッシュで、希望とやる気に満ちた方は、そんな方にも、「フレ~」と言いたくなりますgood

投稿: メタボでべそ | 2010年4月30日 17時18分

ぷぅおやじさま

物は考えよう、あら捜しをするよりもいい面を見つめたほうが相手にとっても自身にとってもプラスになると思います。
娘の担任の先生、若いなりに一生懸命です。彼の思いはきっと生徒にも通じると思います。

クッキー、先生が帰った後で娘と二人でむさぼりました。

投稿: ゆうき | 2010年5月 1日 01時02分

あんこやさま

先生の教師人生はまだ始まったばかり。
一つ一つの経験をステップにしてがんばっていってもらえたらと思います。

娘は大人になった時、中三だった一年をどう振り返るのでしょう・・・今から楽しみです。

投稿: ゆうき | 2010年5月 1日 01時10分

メタボでべそさま

自分はとても運に恵まれている・・・・・実際に担任され指導を受けている時は実感できずにいました。
ほんのちょっとした言葉がこんなにも心の支えになるとは思わなかったです。
中三の時の担任は大切な恩師です。

娘の担任の先生も希望とやる気に満ちています。
影ながらエールを送り続けたいです。

投稿: ゆうき | 2010年5月 1日 01時15分

 うちの娘の担任も男性でまだ若くて(確か3年目とか)初めての3年生の担任になったそうです。でも、周りの先生方もしっかり見守って下さるだろうし、なんと言うか…ベテランの先生の中には「お前達、そんな態度だと…」と内申をちらつかせて脅し!?をかけてくる先生がいまだにいるらしいから、かえっていいのかもなんて思ったりもします。

男の先生も女子生徒にどう接していいかきっと悩んでいるんだろうな…

投稿: えぐham | 2010年5月 2日 20時57分

えぐhamさま

娘の担任の先生も当然のことながら3年生を受け持つのは初めて。とても張り切っています。
ベテランの先生と比べて純粋且つひたむきで、見ていて清々しいです。
娘もその先生の教科(数学)は特にやる気を出しています。もしかしたらのせるのが上手いのかもしれません。

男の先生が女子生徒の生活面の指導をするのは本当に大変だと思います。
中には先生よりもすれている生徒もいますから。

投稿: ゆうき | 2010年5月 3日 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/34429497

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭訪問にて:

« 安心できる木 | トップページ | 光る花 »