« これから | トップページ | 親の思い »

2010年6月26日

撮れた~。

Photo

 「あっ、今だ!」
叫びそうになって慌てて口を押さえた。相手を驚かせてしまっては元も子もない。とにかくそーっと、そーっと・・・・・・・。この上なく慎重に音を立てないように且つ目を離さず、ゆうきはバックからデジカメを取り出し構えた。こんなチャンスはめったにない。もっとちゃんとアングルを図りたいところだが、なにしろ相手は生きている雀、ぐずぐずしていたら逃げてしまう。雀は、さっきから木の葉に見え隠れしている。撮れそうでなかなか撮れない・・・・・・。何度も何度も失敗した。焦りすぎてはいけない。あっ、また、出てきた。
「よし、今度こそ!」
心の中で再び叫び、シャッターを切った。 

果たして撮れているであろうか・・・・・・。画像を確認する手が震えた・・・・・・。雀は・・・・・少しぶれてはいるがきちんと収まっていた。
「やった~!」
ゆうきは小さくガッツポーズをきめた。

 雀は、ゆうきにとって最も身近な生き物だ。雀のさえずりで目覚める朝は多い。玄関を出て、まず遭遇する生き物が(人以外の)雀だ。小さい頃から慣れ親しんできて、その存在を確認できなかった日は数えるほどしかない。ゆうきの実家周辺にも、彼の故郷にも、結婚後一時期住んでいた神奈川にだっている。文字通りのどこだってだ。チュンチュンというさえずりを耳にするたびに、生きていることを実感させられる。

 ゆうきのデジカメに収まった雀さん、撮影後も、飛んでいってはまた戻り、木の葉の影に隠れたと思ったらまた現われを繰り返していた。ひょっとしてこの木の中に大切な家族がいるのだろうか、それともただ単に戯れているだけなのか・・・・・・いずれにしても、この地が、この木が嫌いでないことだけは確かだろう。明日の朝もこの雀さんのさえずりで目覚めるのかな?そうだといいな。

|

« これから | トップページ | 親の思い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すずめ、うまく写真に収めましたね。

そういえば最近、新聞で読んだんですが
すずめの数が減っているそうです。

すずめの暮らしにくいようになってきた
なんてショックでした。

そういえばすずめ、こちらでもそんなに
見なくなってきました。

投稿: patapataokan | 2010年6月26日 19時58分

 小鳥のさえずりといえば、すずめが鳴いているそれが当たり前のように思っていましたが最近、わが家にもすずめがこなくなりました
 巣は残してあるのですが、どこかに宿替えしたのならそれで安心ですが・・

 ゆうきさんの生活にもずっとなくてはならないすずめ
人の気配もなんのその~
うまくカメラに納まってよかったですね
また明日も同じすずめに出会えるといいですね
 

投稿: もえぎ | 2010年6月26日 20時22分

スズメは本当に、身近な存在ですよね。
昔、ベランダに少しの米を置いておくと
スズメが食べに来るので
子供達がすごく喜んでくれました^^

カメラで生き物を撮るのはすごく難しいですよね^^

投稿: ふぃる | 2010年6月26日 23時58分

警戒心いっぱいの雀が上手く撮れてよかったね。
ねんねさんの近くでもチュンチュンと鳴く声が少なくなりました。
本当に暮らし難くなってるのでしょうか?こんなに田舎なのにと、思いますね。

投稿: ねんね | 2010年6月27日 09時14分

うちの会社のベランダにもたまにスズメが来ます。以前えさをまいといたら結構フンだらけにされたぁ~~!
それ以降やめてます。。でも鳥が近くに来てくれるのって和むよね~~!

投稿: 銀四郎 | 2010年6月27日 13時48分

すずめは人が生活しているところにしか
住めないんですよね。
野生と言っても人にすがっているような?
キチンと巣を持っているので同じすずめを
毎日同じところで見る事もあるかも。
行動範囲が一定なんでしょうね。
それでいて寿命が短い的な。

投稿: ぷぅおやじ | 2010年6月27日 14時11分

okanさま

一度はカメラに収めたいと思っていたのですが、いつも逃げられてしまって・・・・・・ようやく念願が叶いました。

子供の頃は、電線に雀が止まっている姿をよく見かけたのに、最近はあまり見られなくなりました。

雀が住みにくい環境になってしまったのでしょうか・・・・・。
ちょっと寂しい気がします。

この写真は、自宅のすぐ前で撮りました。
せめてここだけは、ずっとこのままであって欲しいと心から思います。

投稿: ゆうき | 2010年6月27日 20時15分

もえぎさま

以前は雀天国だった実家の畑周辺が、宅地開発が進んで開けてきました。
便利にはなったのですが、雀をはじめとする野鳥の数はグッと減ってしまいました。
人にとっては住みやすくても、鳥たちにとっては住みにくい環境になってしまったようです。

自宅前のこの木は、剪定もほとんどされず、ほったらかしになっています。そのことが返って雀たちにとっては良い環境となっているようです。
今日、夕食の準備をしていたら、チュンチュンというさえずりが聞こえました。たぶんこの雀だと思います。

投稿: ゆうき | 2010年6月27日 20時27分

ふぃるさま

雀はとにかく身近な存在です。
子供の頃、こっそりと庭に米粒をまいておいっては、雀がついばみに来る姿を眺めては喜んでいました。

写真に収めるまで何度も何度も失敗しました。
すばしっこくてとても難しかったです。

投稿: ゆうき | 2010年6月27日 20時32分

ねんねさま

雀はとにかく警戒心が強いので、そーっとそーっとでした。
無事にカメラに収めることが出来て嬉しいです。

人間に最も身近な野鳥と言えば雀だったのに、みんなどこへ行ってしまったのでしょう。全国的に雀の数が減ってきていると言う現実・・・・・・とても悲しいです。

投稿: ゆうき | 2010年6月27日 22時50分

銀四郎さま

雀の餌付けは、子供の頃にやったことがあります。えさだけをついばみ人には絶対に懐くことなく、頭がいいな~とつくづく感じました。
チュンチュンという可愛いさえずりは、心の疲れを忘れさせてくれます。

投稿: ゆうき | 2010年6月27日 23時01分

ぷぅおやじさま

人間にとって身近である雀、雀たちの方は人間のことをどう思っているのだろう?時々、思います。

この木のどこかに巣があるのでしょうか、よく見かけます。
寿命が短い雀、写真の雀は、去年の今頃見かけた雀の子孫なのかな。

投稿: ゆうき | 2010年6月27日 23時09分

野鳥って難しいんですよね^^;
近づくとちょっとの音でも飛んでっちゃう。
超望遠レンズでも持っていれば・・・ですが。

投稿: しま | 2010年6月28日 10時32分

雀って、毎日見るけど、すぐに逃げちゃうから、なかなか近寄れないよね。
うまく撮れてるね。よかった!!

我が家では、雀の巣があって、毎年子育てをしています。
雛の声もよく聞くよ~
でも、近くで見ることは出来ないんだよね。

変わらずに雀が住み着く環境にいることは
幸せなことだね。

投稿: ゆっきー | 2010年6月28日 11時21分

 うわ~、先越されちゃった~!!

私はまだ我が家に毎朝訪れるスズメの姿を撮る事ができません。
カメラを持つと逃げられて…カメラという物体はスズメにとっては不気味な存在なのかな。

投稿: えぐham | 2010年6月28日 15時33分

しまさま

ほんと難しかったです。何しろ相手は警戒心が強い事で知られる雀ですから。
望遠レンズがあったらもう少し楽だったと思います。

投稿: ゆうき | 2010年6月28日 18時06分

ゆっきーさま

特に危害を加えるつもりはないのにすぐに逃げちゃうよね。
すごく繊細で敏感な生き物なんだろうな。

雀の数が全国的に減ってきているのに雀の巣があるなんてすごいね。
ゆっきーちゃんの住む所も抜群の環境なんだね。雀が住みやすい環境、大事にしたいよね。

雀の赤ちゃん、一度でいいから近くて見てみたいです。可愛いんだろうな~。

投稿: ゆうき | 2010年6月28日 18時12分

えぐhamさま

5~6mほど離れた地点からデジカメの望遠機能を使って撮りました。
アングルを図る余裕なんてなかったからぶれちゃった。

カメラは人以外の生き物には不気味な存在なのでしょうか?雀に限らず逃げられてしまうことが多いです。

投稿: ゆうき | 2010年6月28日 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/35508896

この記事へのトラックバック一覧です: 撮れた~。:

« これから | トップページ | 親の思い »