« 節約料理 | トップページ | 食べたいな »

2010年7月24日

はなっぽろ?

Photo

 向かって左側の雲、皆さんは何に見えますか?

 一昨日、昨日と夫の実家に帰省してきた。昼過ぎに出発して一泊するだけの強行。例年であれば、もう少しゆったりとした日程を組むのだが、今年は受験生がいる。のんびりしたいのは山々だが、それは来年までおあずけだ。中学校の終業式を終えて帰宅する娘を待ち、準備もそこそこに車に乗り込んだ。

 夫の実家までは高速を乗り継いでも3時間を要する。運転をするのは何時も彼。ゆうき母娘は、音楽を聴いたり窓の外を眺めたりして過ごす。出発して一時間弱、代わり映えしない景色に飽きたゆうきは、少しウトウトしようと助手席のシートを倒した。その瞬間、視界の大半が空となった。「お~、いいじゃん、いいじゃん。」 ゆうきは心の中で手を叩いた。これならば地上にいながらにして空の旅を楽しむことが出来る。自分で移動する必要はないし、足元を気にせずとも転ぶ心配もないし、怪しい人と思われることもない・・・・・・・。空を眺めるのは大好き。眠気はどこかへ吹き飛んでいた。車が、自宅と彼の実家との中間地点を過ぎたころ、面白い形の雲を見つけた。
「ねえ、ねえ、見て、見て、あの雲、ソフトクリームみたい!」
ゆうきが歓声をあげた。
「う~ん?あれがソフトクリーム?ゆうきはホント”はなっぽろ”だな~。」
彼が苦笑した。ちなみに”はなっぽろ”とは彼の故郷の方言で食いしん坊のことだ。食いしん坊などと面と向かって言われるとムッとするが、”はなっぽろ”と言われると心をくすぐられたような不思議な心地好さを感じる。同じ意味の言葉なのに・・・・・方言ってホント素晴らしい。
「へへ~、そうかも。」
ゆうきは舌を出し肩をすくめた。

Photo_2

車が、彼の故郷の町へと入った。一昨日の夕方はホント空が綺麗だった。真っ赤な太陽を肉眼で見るのは何年ぶりだろう・・・・・・。
ゆうきの故郷とはまた違った方言を話す彼の義母や兄弟たちとそう頻繁に会えるわけではない。娘が大きくなるのに伴い年々足が遠のいているのが事実だ。会えないのは寂しい・・・・・。でも、でも、私たちは、同じ太陽の恵みを受けて生活している。群馬の彼の家族も北海道に暮らす義妹夫婦もみんなみんな。過去も今もこれから先もずっとずっとそのことだけは変わらない・・・・・。そう思うとちょっぴりだけど元気になる。

|

« 節約料理 | トップページ | 食べたいな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

旦那様の実家帰省、お疲れ様です。
とてもきれいな夕日ですね^^
もくもくとした雲は、本当に色々な形を見せてくれますよね^^
しかし、毎日暑い(ーー゛)

投稿: ふぃる | 2010年7月24日 21時02分

 長い道のり、運転される御主人も大変だけど、乗っているだけでもけっこう疲れますよね。

 身内になかなか会えない…うちもそうです。
特に私達が離れて暮らしているので、年に1度会えればいいかな。

私は弟とももう何年も会っていません。連絡もほとんど取り合う事なく現在に至っています。
でも、空と海はつながっているんですよね。
そう思うと、私も元気になれます。

 そうそう、最初の雲の写真、私には
     「グッジョブ!!」
 と、親指を立てた時のようなポーズに見えました(^^) 

投稿: えぐham | 2010年7月24日 22時46分

群馬でははなっぽろっていうんですね。
可愛らしい、愛のある言葉ですね^^

車に乗ってぼーっと外を眺めるのって大好き。
自分で運転している時は標識とか道とか人とか・・・そんなものばかりしか目に入ってこないけれど横に座ってるときはのんびり出来ますよね~^^

投稿: しま | 2010年7月25日 14時54分

ふぃるさま

今回は強行日程だったのでホント疲れました。二日経った今も引きずっています。

もくもくした雲・・・・ずっとアイスクリームが食べたかったからそんな風に見えたのかも知れません。
私は正真正銘のはなっぽろです。

投稿: ゆうき | 2010年7月25日 19時49分

はなっぽろなんて可愛いいい方ですね。
どんな言われからこんないい方になったのか気になります。

方言、とてもまったりして好きですが
意味を知っていても使わない方言は
もう息子達にはわかりません。

母の年代はまだかなり方言を使っていましたがTVの影響もあるのかドンドン使わなくなっています。
なんか寂いしい気がしますがこれも時代の流れ、仕方のないことなんでしょうか。

私もまさしくはなっぽろです(^^

投稿: patapataokan | 2010年7月25日 20時07分

えぐhamさま

関越自動車道が開通する前は、片道だけで5時間くらいかかりました。
その上、娘も小さかったから色々と持っていかなければならないものが多いから、帰省はとにかく大仕事でした。
道路が整備されて娘も大きくなって、だいぶ楽になりました。

北海道の義妹とは、ホント会える機会が少なくて、今度いつ会えるかもわかりません。
でも私たちは同じ太陽の恵みを受けて生きているんですよね。そう思うと元気になります。

「グッジョブ!!」ですか。
なるほど、言われてみればそんな風に見えます。雲ってホント面白いです。

投稿: ゆうき | 2010年7月25日 22時55分

しまさま

はなっぽろ、最初に聞いた時、何て可愛らしい言葉なんだろうと感じました。

助手席で、ボーっとしていると、色々なことに気付くことが出来ます。
が、ひとたび、運転席に座るとそうはいかない。自転車に対向車、小学生の列etc.注意すべきことか次から次へあってほとほと疲れてしまいます。

投稿: ゆうき | 2010年7月25日 23時05分

okanさま

はなっぽろ・・・・・・可愛らしくて愛情あふれる言葉だと思います。
主人の実家の方言ではあるけれど、私はとても気に入っていて、よく使っています。

知っていても使わない方言っていっぱいあります。
娘はたぶん意味すら知らないと思います。

義母も私の母もなるべく方言を使わないようにしようとする節がうかがえます。
そうやって廃っていってしまうのかなと思うと寂しいです。

私の周りにははなっぽろがいっぱいいます。

投稿: ゆうき | 2010年7月25日 23時17分

ゆうきさん おはようございま~す

”はなっぽろ”初めて聞きました
私も”はなっぽろ”です。
夏場は 食欲がないって言われる方多いけど 私はまったく・・・年中”はなっぽろ”です(笑)

故郷・・・良い響きですね
私達夫婦は 京都市内出身で京都市内在住だから故郷と言う感じじゃないです。
帰省とか言う言葉もないし・・・down

でも、近くに居てもなかなか会えません。
まして子供が成人すると休みも違いますし 一緒にってことがほとんどないですね。think

各自今でも「おばぁちゃ~ん」と言って行くようです。
まぁ・・・それも良いかなぁ~happy01

投稿: ゆうりん | 2010年7月26日 08時33分

ゆうりんさま

はなっぽろ=食いしん坊・・・・主人と結婚しなかったら一生知りえなかったと思います。
私は暑いのは大嫌いなのですが、不思議と食欲が落ちることはありません。
夏太りする年もたびたび。夏痩せできる人が羨ましいです。

故郷・・・ホント良い響きですね。
主人の故郷、自身の故郷、両方大切にしたいです。

私の実家は市内なのですが、孫の顔を見たい両親になかなか会わせてやることが出来ません。娘も大きくなって色々と忙しいので仕方がないのですが、寂しそうな両親の顔を見るとかわいそうな気がします。

頻繁に会えなくてもおばぁちゃんはおばぁちゃん。気持ちは繋がっていますよね。

投稿: ゆうき | 2010年7月26日 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/35879581

この記事へのトラックバック一覧です: はなっぽろ?:

« 節約料理 | トップページ | 食べたいな »