« 食べたいな | トップページ | お化けのその後 »

2010年7月28日

一番の思い出

Photo

 この時期、この紙面は必ずチェックする。

Photo_2

  こういう記事を見つけると、目頭が熱くなる。

 自他共に認めるほどの運動音痴なゆうき。日頃スポーツ番組はほとんど見ないが、高校野球だけは別だ。特に地方大会は知らず知らずのうちに力が入る。
 今年は、母校が予想以上の大奮闘を見せてくれた。残念ながら後一歩のところで甲子園への切符は逃してしまったが、ナインの顔は、とても爽やかで瞳の輝きは、この上なく美しかった。ゆうきは、心からの拍手を母校の球児たちに贈った。

 高校時代の一番の思い出は何かと問われれば、ゆうきは迷うことなく 「高校野球の応援。」と応える。
 24年前、県中心部に位置する球場で体感した、肌を突き刺すような日差し、土埃の匂い、球場全体にとどろくざわめき、ナインの真剣な表情、口に含んだかち割氷の感触・・・・・その全てが今でも鮮明だ。
 我が母校は、今でこそ、県内でそこそこにその名を知られているが、ゆうきが在学していた当時は創部まもなくて無名と言っても過言ではなかった。
 ゆうき自身、特に気に留めたことがなかった野球部が、昭和61年の大会では底力を見せた。多くの生徒の予想に反して?一回戦、二回戦、三回戦と勝ち進んでいき、ついには準々決勝にまで上り詰めた。当然のことながら創部以来初めて。日頃、机を並べている同級生の活躍に心がざわめいた。校内は大いに盛り上がり全校応援となった
対戦校は、優勝候補とされるT校、何度も甲子園出場を果たしている。力の差は歴然としていた。誰もが無理だと思っていた。でも、でも、どうしても勝って欲しい、勝たせてやりたい試合だった。
 試合は当然のごとく、相手校優勢で進んでいった。それでもゆうきたちは、選手たちに届けと大声で応援した。一進一退とはお世辞にも言いがたい試合展開、このままではコールド負けとなってしまうと言う所で一点を返した。スタンドは湧いた。大声が金切り声となった。スタンドには地元の放送局のカメラが構えていて、テレビに映る可能性大だったが、そんなことはどうでも良い。美人さんもイケメン君も仏頂面の先生も、みんな、みんな、汗と涙とプラス鼻水で顔をぐしゃぐしゃにして声を張り上げた。金切り声は、いつしか涙声に変わっていた。選手と一心になりたかった。
 試合は、相手校が逃げ切る形で終わった。試合終了のサイレンが鳴り響いた瞬間、ゆうきは、崩れるように座り込んだ。涙が後から後からあふれ出てくる。悔しいというのではない。言葉に出来ない熱いものが心の底から次から次へと湧き出てきて、ただただ泣きじゃくった。
 自身は、あの時、あの瞬間、お金では絶対に買えない、高校時代にしか味わえない感動を味わったのだと悟ったのは、家に帰って気持ちが落ち着いてからだった。

 四半世紀近くの時が流れ、高校野球を親目線で見つめるようになった。目線が変わると色々なものが見えてくる。ベンチに控える選手たち、スタンドで声援を送る生徒たち、大会の裏方で奔走する生徒たち、会場に駆けつけることは出来なかったけれど他の部活で汗する生徒たちetc.立場は違えど、みんながみんな高校時代にしか出来ない経験をしていることは共通している。学生時代に流す汗に無駄な汗なんてないとゆうきは思う。大いに汗して大いに涙して欲しい・・・・・・心から思う。

|

« 食べたいな | トップページ | お化けのその後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

我が家も息子3人野球をやっていましたから高
高校野球は外せません。

特に長男は高校も野球部に所属していたので
私もおっかけでよく試合観戦に行きました。

プロ野球はほとんど見ませんが球児の
ひたむきな姿を見ていると目頭が熱くなります。

昼間は仕事で見れないので夜の熱闘甲子園を
息子達と見るのが楽しみです(^^

投稿: patapataokan | 2010年7月28日 20時44分

 高校野球は日頃野球に興味のない人にとっても特別なものですね。
私も去年の春は、母校が出場したので毎回欠かさず見てました。優勝した時は最高に嬉しかったです(^^)

憧れのお兄さんから同級生に、そしていつの間にか息子のような存在に…
時が経つのは早いですね。

投稿: えぐham | 2010年7月28日 21時47分

ワタシも一回だけ母校の応援に行ったことがあるなぁ~。
熱かったな。
甲子園へも応援に行ってみたかったけど、そんな学校でもなかったし。
・・・でも、そんな学校とは誰も思っていなかった高校が甲子園に行ったんですよね~。ワタシが高3のとき、友達の学校が~地域一番の進学校が突然・・・。
そんなこともあるから高校野球は面白いのかも。

投稿: しま | 2010年7月28日 23時09分

私が高1の夏
誰も予想していなかったことが起こって
なんと自分の高校が本命校を破って甲子園へ!
全く予期していなかったことだったから
応援団も無くて 制服はブレザーだから
隣の高校から学ランを何着も借りてきて
男子はそれを着て
夏休みに学校で応援の特訓をしました。
(やらされました)
結果 一回戦で撃沈(ボロ負け)
その後 2度甲子園には出場して
最後に出た時は二回戦に進みました。
でも 県内の県立高校は強豪私立にだんだんかなわなくなって
私の母校も今ではシード校でもなくなっています。
時の流れを感じますわね~。

投稿: まーち | 2010年7月29日 09時01分

okanさま

あの夏以来、高校野球に病み付きです。
母校以外にも地元の高校、主人の出身校、以前住んでいた神奈川の強豪校等など勝って欲しい、応援したい高校はいっぱいです。

息子さんが野球をしているとなるとなおさらですよね。
ちなみに当時の野球部の父兄たちは、二十年以上が経過した今も時折、集まるそうです。
汗する息子を支えあったもの同士、大きな絆となったようです。

私も追っかけをするのが夢だったのですが、残念ながら、うちの子は女の子です。

「高校野球は純粋でいいな~」
実家の母は孫を見るような目つきで球児たちを見守っています。

投稿: ゆうき | 2010年7月29日 19時23分

高校野球 私も大好きですcd
息子もね 学生時代エースだったのです。
甲子園を目指したこともあります。
残念なことに肘を痛めて途中で辞める事になったのですが 小学2年生からずぅ~っと家族全員で応援し一緒に地方に出掛けてました。
残念なことだったけど 悔いはありません。
精一杯やってきたから・・・confident

高校野球といえば 娘は 高校生の時 チア部で高校野球応援にも毎回参加してました。
娘は チアで甲子園の高校野球応援に行ったのです。
チア部のキャプテンだったのでインタビュー受けたり新聞にも載ったのですよ

うふふ・・・少し自慢しちゃったhappy01

投稿: ゆうりん | 2010年7月29日 20時11分

私もプロ野球などは全く興味がないけど
高校野球は好き~
高校時代は、友達と甲子園球場が行ける距離だったので
よく行ったよ~^^
今でも、最後まで試合を見れば感動するよね~^^

投稿: ふぃる | 2010年7月29日 20時28分

えぐhamさま

うちの主人も実弟もプロ野球には興味がないようですが、高校野球は別なようです。

我が母校は、まだ一度も甲子園出場を果たしていませんが、それでもいつかはと信じています。

憧れのお兄さんから同級生に・・・いつの間にか息子のような存在に・・・・・次は孫のような存在になるのかしら?
何年経っても高校野球のファンであり続けたいです。

投稿: ゆうき | 2010年7月29日 21時22分

しまさま

卒業してからも応援に駆けつけたいとは、おもってはいるのですが、日々の生活に追われて、テレビでの観戦のみになっています。

私が現役高校生の頃は、いつも一回戦で敗退していた高校が、二十年が経過した現代、甲子園出場を果たしています。
何が起こるかわからない・・・だからこそ面白いんですよね。

来年からは娘が進学する高校も併せて応援しようと思います。
今から、とっても楽しみです。

投稿: ゆうき | 2010年7月29日 21時29分

まーちさま

誰も予想していなかったことが起こるのが、高校野球の醍醐味ですよね。
小学校の頃から密かに高校生になったら甲子園に応援に行きたいと願っていたのですが、結局は叶いませんでした。


応援の特訓も懐かしいです。
母校独自の応援歌は、今でも鮮明で歌詞を見なくとも歌えます。

私立は県外からも有力選手が入学してきますから強敵ですよね。

投稿: ゆうき | 2010年7月29日 23時02分

ゆうりんさま

息子さんは、エースだったんですね。すごいな~。途中で断念したにもかかわらず、悔いが残っていないのは、家族共々精一杯取り組んできたからこそだと思います。
素敵な素敵な歴史ですね。

甲子園で活躍しているのは、何も選手たちばかりではありませんよね。
放送を担当する子、ブラスバンドに所属する子達、チアガールの子達、そのために見えない場所で一生懸命働く子達・・・・・・・。みんなそれぞれに素晴らしいと思います。

投稿: ゆうき | 2010年7月30日 00時51分

ふぃるさま

高校野球には、人々をひきつける何かがありますよね。
私の周りにはプロ野球は見ないけれど高校野球は好きと言う人がたくさんいます。

甲子園は、大人になった今も、まだ見ぬ憧れの地です。一度でいいから足を踏み入れてみたいです。

投稿: ゆうき | 2010年7月30日 01時00分

どうも!やっと来れました!
高校野球は大好きです❤
今年の千葉県代表は甥っ子の行く学校で
結構出場しています。
千葉県もなかなかいい戦いをしていましたよー
彼らの一生懸命さは元気と勇気をくれるよね!
甲子園…いまから楽しみですねー

投稿: ちさと | 2010年7月30日 21時50分

こんばんは
ねんねさんの出身校は女子高。だから甲子園には縁が無いんです。
子供達の出身校は弱いチーム・・・・こちらも縁が無いcoldsweats01
だから、お友達の子供が出場していたらその学校を応援するみたいな・・・

投稿: ねんね | 2010年7月30日 22時07分

ちさとさま

ちーちゃん、忙しい中、コメントありがとう!

高校野球って何が起こるかわからないから、面白くて大好きです。
千葉県も接戦だったんだね。
甥っ子さんが在学している学校が出場しているとなると尚のこと力が入ってしまうのかな?

高校球児の一生懸命さにいつも目がウルウルしてしまう私です。

投稿: ゆうき | 2010年7月31日 00時55分

ねんねさま

私の出身校は、毎年、良い線まで行くのですが、まだ一度も甲子園出場を果たしていません。
でも、いつかはと信じています。
来年からは娘が入学する高校も併せて応援します。

投稿: ゆうき | 2010年7月31日 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/35933673

この記事へのトラックバック一覧です: 一番の思い出:

« 食べたいな | トップページ | お化けのその後 »