« 最初の夕食は | トップページ | 夏の花 »

2010年7月14日

雨上がりに

1

 雨露が日差しに照らされて光り輝く様を撮りたかったけれど、なかなか難しいな。

2

 水溜りに映った青空って何故か心引かれる。

 雨上がりの散歩は気持ちがいい。雲の切れ間から覗く青空が目に眩しく、小鳥のさえずりが耳をくすぐり、緑の香りを多く含んだ風が優しく頬をなでる。空気を美味しいと感じるのも、雨上がりの場合が多い。

 ゆうきが学校帰り、道くさをしなかったことはほとんどないということは以前の記事に記した。それが雨上がりだった時にはなおさら。通常ならば徒歩で30分弱の道のりを、一時間以上もかけて帰ることもたびたびだった。長靴を通じて感じる水の感触を確かめたくて、わざと水溜りに足を突っ込んだり、草花に残った露が太陽の日差しに照らされて光り輝く様子を、「自然の宝石」と命名して飽きることなく眺めたり、カエルに悲鳴をあげたりカタツムリをつついたり、アメンボウを見つけることが出来た時は飛び上がって喜んだ。くだらないことがこの上なく楽しかった。雨上がりの街並みはただそれだけで魅力の宝庫だった・・・・・・。

 デジカメであちらこちら撮影しているゆうきの脇を小学生の男の子が駆け抜けていった。何か予定があって忙しいのかな?雨上がりの街並みを愛でる様子はない。
 アメンボウはどこに行ってしまったのかな?カエルやカタツムリも随分と減ってしまったような気がする。三十数年後の雨上がりの街並みにそれなりの魅力を感じつつも、物足りなさも見え隠れする。

3


 散歩から帰りしばらくすると日が暮れた。この日の夕焼けは素晴らしく美しかった。あの忙しそうに駆け抜けていった男の子はこの夕日を見ることが出来ただろうか。

 

 

|

« 最初の夕食は | トップページ | 夏の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も学校帰りは散歩道でしたよー
うちの子たちも帰ってくるまで時間がかかったけどその帰りの道草は必要だと思っていました。
友達とお花をとったり、雨が降っていてもわざと傘をささずに遊んで帰って来たものですね。
最近の子供たちはおけいこ事が多いみたいでダッシュに家に帰るのかな?
今日のきれいな夕日を見て「きれいだな」と感動して欲しいよね。自然をもっと感じてほしいなと思うんだよねー

投稿: ちさと | 2010年7月14日 21時01分

きれいに夕焼けしていますね。
こちらは西側の山にせき止められた雨雲が空の半分近くを覆っていて夕焼けは見えませんでした。

ワタシも小学生の時は帰り遊びながら帰ってきてたなぁ~。。。

投稿: しま | 2010年7月14日 23時05分

ゆうきさん こんばんは
珍しく夜中にお邪魔してますeye

ゆうきさんのところでは 晴れ間があったのですね。sun
京都では 1日中 激しい雨で一度も晴れ間がなかったです。rain

雨上がりのお花や葉の雫、光、太陽・・・私も大好きですhappy01

私もカメラ持って散歩に出掛けたくなりましたlovely

投稿: ゆうりん | 2010年7月15日 00時10分

 雨上がり…と言うと「宮迫?」と聞いてくる我が娘…なんて色気のない子なんだろう…

雨上がりの空って全てが洗い流された気がして、とても清々しい気持ちになります。
雨の日の朝は、息子には長靴を履かせて思いっきり水たまりに入れるようにします(それでも中まで濡らすんだな~)
そうそう、私もわざとラッパ傘にして雨を溜めてみたりもしたっけ?
懐かしいなぁ…(*^^*)

そういえば、今年はあんまりカエルを見ていないような…どこ行っちゃったんだろう?

投稿: えぐham | 2010年7月15日 11時29分

ゆうきちゃん、今回は珍しく写真が多いね~
心惹かれた気持ちわかるよ。
雨上がりって、気持ちいいもんね。
それに、雨で洗われたせいか、空気も澄んでるし。

カボチャの煮物上手だね。
私の大好物!食べたくなっちゃった。。。

投稿: ゆっきー | 2010年7月15日 15時18分

こちらはずっと雨で今日、久しぶりの晴れ間でした。

学校の帰り道は道草しまくりでした。
今のように変な人もほとんどいませんでしたしね。

でもそのときのことって今になっても覚えてるくらいですからとても楽しいことだったんですね。

今の子は道草もできなくて可哀想ですね。

投稿: patapataokan | 2010年7月15日 16時40分

ちさとさま

道くさ楽しかったよね~!
草花を摘んだり、虫と戯れたり、一見すると遊びのようでいて、学ぶこともたくさんありました。

うちの娘は小学校が、徒歩一分と近すぎるため寄り道の経験はほとんどありません。
「私は、道くさしたくても出来ない・・・・・だってすぐにおうちに着いちゃうんだもん。」
よくぼやいていました。

今は「寄り道は絶対にダメ!」
って学校側からも厳しく指導されているみたい。何だかかわいそうだね。
せめて、夕日を見て、綺麗だな~と感じて欲しいな。

投稿: ゆうき | 2010年7月15日 19時44分

ゆうりんさま

ここ4~5日ほど、雨が降っていると思ったら、突然止んで日が差してきたり、また降ってきたりという天候が続いています。

写真は、ほんのつかの間、晴れている時に撮りました。

雨上がりの光、草花、しずく・・・大人になった今も魅力を感じます。

ゆうりんさんも、ぜひ、デジカメ片手に、雨上がりの町を散歩してみてくださいね。


投稿: ゆうき | 2010年7月15日 19時58分

しまさま

朝から降ったり止んだりの天候でしたが、思いがけず夕日は綺麗でした。
夕日の写真を撮るのは本当に久しぶりです。

昔は道草なんて当たり前ででしたよね。

投稿: ゆうき | 2010年7月15日 20時03分

こんばんは

空の風景は昔とちっとも変わらないのに
あの頃の街並みや
そこにあった緑や虫たちは
どこへ行ったんだろうね・・・
私も道草をして帰っていたから
あの頃のことが懐かしく感じました^^

投稿: うにゃ | 2010年7月15日 21時21分

こんばんは
青空も此処のところ見ていませんね
大雨の影響はところどころに見受けられ、大きな被害は今のところ私の周りには無いのですが・・・早く梅雨が明けないかなと思う毎日なの
夕焼けの空も素敵
私も良く空を見上げてることが多いの、傍目にはどんな人に見えるのかな?

投稿: ねんね | 2010年7月15日 22時43分

えぐhamさま

うちの娘も似たようなものです。色気なんってどこ吹く風・・・。

雨上がりの空っていいな~・・・今日も飽きることなく眺めていました。
長靴を通してのあの感触、懐かしいです。
今は、水溜りの数も以前に比べて減っているような気がします。

わざとラッパ傘にして・・・・・
私もやりました。楽しかったな。
今の子はやらないんだろうな。

今年はまだ、一度もカエルを見ていません。
どこに潜んでいるのかしら?

投稿: ゆうき | 2010年7月15日 22時51分

ゆっきーさま

雨上がりの自宅周辺は思いがけない発見がいっぱいで写真を撮りまくってしまいました。
空気が澄んでいて、この時期だと、一雨ごとに緑の色が濃くなって、ほんと気持ちいいよね。

かぼちゃを上手に煮ることが出来るようになったのは、まだ最近です。
かぼちゃの煮物って美味しいよね。
私も大好きです。

投稿: ゆうき | 2010年7月15日 23時03分

okanさま

こちらも、午前10時頃から、青空が広がり始め、久しぶりに車の窓を開けて運転することが出来ました。
とても気持ちがよかったです。

道くさをしない日なんてほとんどなかったです。
今と違って変質者もほとんどいませんでしたから、親の方もそれほど心配することはなかったんだろうな。

道くさの、あのなんともいえない楽しさを、もう一度味わいたいです。

ちなみに、うちの娘はアメンボウを知りません。何だかかわいそうな気がします。

投稿: ゆうき | 2010年7月15日 23時17分

うにゃさま

空の美しさは、子供の頃となんら変わりはないのに、周りの風景だけが変わってしまいました。
私たちの心を鷲づかみにした、あの自然は、虫たちはどこへ行ってしまったのだろう・・・・・・つくづく思います。

道くさ、楽しかったな。

投稿: ゆうき | 2010年7月16日 01時03分

ねんねさま

幸いにも私が住む地方では、これと言った被害は出ていませんが、テレビで大雨による被害の様子を目の当たりにすると胸が痛みます。
これ以上、被害が拡大しないことを祈ることしか出来ない自分がもどかしいです。


よく空を見上げる私を見て、娘は
「ママがまた自分だけの世界に入っている~。」
と笑っています。

投稿: ゆうき | 2010年7月16日 01時10分

 私もみちくさをして良く帰りましたが、なぜか雨上がりは苦手でした~

 ゆうきさんのようにきれいな感性がないのかな?

 私の雨上がりは何か蒸し暑さでどよ~んとした空気の泥臭いようなにおい
かえるやイモリの多さにげんなりで、長くつも苦手だったの・・・

今は・・・
 どんな感じで雨上がりを感じているかというと山にかかっていた雲がなくなって爽快~

 さっぱりとして緑濃い山がきれいに見えることが雨上がりかな~
 

投稿: もえぎ | 2010年7月16日 09時29分

もえぎさま

今一度、子供に戻って道くさをしたいです。
あの頃は、感性が綺麗というよりは好奇心の塊でした。


子供の頃は、雨の日と言えば必ずのようにいたカエルやカタツムリは数を減ってしまい、アメンボウはどこを探してもいません。
みんなどこへ行ってしまったのかな。

雨上がりの、あの緑の濃い香りが好きです。
雲の切れ間からのぞく青空も、ちょっと湿り気を含んだ風も。

投稿: ゆうき | 2010年7月17日 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/35751411

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりに:

« 最初の夕食は | トップページ | 夏の花 »