« 雲の向こうから | トップページ | 雨上がりに »

2010年7月12日

最初の夕食は

Photo

 ゆうきの中の”実家の味”は数多い。糠漬けに南蛮味噌、たくあん、油味噌、煮物・・・・・・。兼業農家だったためか野菜系が大半を占める。
 あれはいつのことだっただろうか、外出先で野菜の煮物を食べたことがあった。作ってくれた人には悪いが、化学調味料の味ばかりが先行して正直言って美味しくなかった。それまでは気付けなかったが、自分が今までいかに、素材の味が生かされた料理を食べさせてもらっていたかが実感できた。料理上手になりたい・・・・・心から思った。

 料理上手な奥さんになりたかったが、日々の忙しさを言い訳に、俗に言うお袋の味を覚えないまま、元へ嫁いでしまった。
 新婚旅行から帰った次の日、今日からは一人で全部やらなければならない・・・・・・・頭の中は大パニック。でも、とにかく夕食の準備だけでもやらなくては・・・・・・。ゆうきはとりあえず、買い物に出た。その時、手にした食材は何故かかぼちゃ。「これどうしよう・・・・・・」 家に帰ってから思った。よく考えずに食材選びをした自分自身を責めた。材料は無駄に出来ない・・・・・とにかく何とかしなくては・・・・・・・。実家の母に電話して、それだけでは飽き足らず嫁入り道具の一つであった料理の本を開き煮物のレシピを頭に叩き込んだ。洗濯物を干しながら、掃除機をかけながら、昼食のカップラーメンをすすりながら、何度も何度も復唱した。夕方近くなり、調理開始、肩に力が入っているのが自分でもよくわかった。かぼちゃを切っている間はドキドキ、煮込んでいる間はもっとドキドキだった・・・・・・。気合が入りすぎていたのだろうか・・・・・・・結果は失敗。かぼちゃの皮がはがれなんとも言いようのない代物のとなった。
 「こんなもの食べさせられない。」と泣くゆううきの頭をなでて、彼が一番先に箸を伸ばしたのが失敗作の煮物だった。
「味は悪くないよ。まぁ、徐々に上手くなればいいさ。」
彼の言葉が心に沁みた。

あれから何度、かぼちゃの煮物を作ったのだろう・・・・・・・。時には焦がし、皮がはがしたのも一度や二度ではない、砂糖と塩を間違えた事だってあった。失敗を積み重ねて、ようやくようやく形になった。
昨日の夕食にかぼちゃを煮た。彼はゆうきが初めて作ったかぼちゃの煮物を覚えているのであろうか。あの日と同じように、数々あるおかずの中で一番先に箸を伸ばしたのはかぼちゃの煮物だった。
 

|

« 雲の向こうから | トップページ | 雨上がりに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいねー新婚さん時代の話。
私は新婚時代がないからとってもうらやましいな…
なにしろ結婚して最初は主人の実家に同居をしていたからねーだから最初のメニューというのは自分で考えたり買い物に行ったりがなかったんです。
でも自分たちの家になって初めてやっと自分たちの「家庭の味」というものを作っていきました。
料理はもともと好きだったのでいろいろと考えて作るのが楽しかったあの頃!今ではすっかり手抜きのかかぁ殿下になってしまったけど、でもそれぞれ家族の好きなメニューはちゃんと頭に入っている。
主人はきっと一番「レモンニンニクドレッシング」を使ったメニューが好きだったと思うんだ。今日、作りました!さてあと4時間後に帰ってくる彼は「うまい!」と言って食べてくれるかな?

投稿: ちさと | 2010年7月12日 21時00分

 私が初めて夫に作った料理って何だったかな~?
恥ずかしい事に、全く覚えていません(^^;)

私が結婚を決めてから真っ先に買いそろえた物、それは料理のシリーズ本でした。
毎日、本とにらめっこしながらの料理、最初はちょっと憂うつだったかも。

そういえば、私が息子を妊娠中、夫が料理を作ってくれて、その時のメニューが確かかぼちゃの煮物でしたよ。
形がなくなってドロドロになったかぼちゃペースト?を、当時3歳だった娘と3人で笑いながら食べたの思い出しました。
懐かしいな、ゆうきさん、思い出させてくれてありがとう(*^^*)


投稿: えぐham | 2010年7月12日 22時10分

私が結婚して最初に作ったのは
何だったのか覚えていません。

スパゲティのナポリタンだったような気が
しますが定かではありません。

でもご主人の優しさが出ていますね。

我が家の主人は失敗作には絶対に
手をつけません(-_-;)

投稿: patapataokan | 2010年7月12日 22時12分

ゆうきさん おはようございま~す♪

暖かいお話ですね。heart
実家の味・母の味は なかなか真似が出来ません。
「こんな味じゃなかったなぁ・・・   これも違う・・・」
何度も繰り返しやっと近づく味。
きっと母も同じ事してたと思います。note

昔は 同居が多かったから 姑さんに教わり真似し完成するのでしょうけど 今は 各家族が多いから姑さんに教わるよりやっぱり母に教わる方が多いでしょうね。

私は 娘時代も仕事をしてなかったので台所に立つ母の側で見て覚えてきました。
懐かしいです。

御主人もとても優しいほんわか感が伝わって来ます。
暖かい家庭それが幸せに繋がると思うのですthink

投稿: ゆうりん | 2010年7月13日 09時16分

おや~~!
ゆうきさんのイメージが違うな~(笑)
あんこやさんが持っていた
ゆうきさんのイメージは
嫁ぐ前から
料理上手のイメージ
そっか~
そんな可愛い奥さんなら
全部許してあげるでしょうね(ニコニコ)

投稿: あんこや | 2010年7月13日 14時57分

ちさとさま

新婚当初は、彼の仕事の都合で、神奈川のアパートに住んでいました。
文字通りの右も左もわからない状態で、買い物をするのも四苦八苦でした。
自分で考えて、メニューを決めて、買い物をして・・・・・・世の主婦の偉大さを実感しました。
最初の頃は、とにかく料理に時間がかかって・・・・・。今ではだいぶ要領も覚えて、押しも押されぬ手抜き主婦です。

レモンニンニクドレッシング、すごく美味しそうだよね。疲れた体に良さそう。
ご主人は「うまい!」と言ってくれたかしら?

投稿: ゆうき | 2010年7月13日 20時15分

えぐhmaさま

新婚当初は初々しかったな~・・・・・とつくづく思います。

私も、料理の本は何冊か持っていっていて、今日は、これを作ろうと決めたら、そのページを何度も何度も読んでレシピを頭に叩き込みました。気負いすぎて、作る頃になると、憂鬱になってしまうこともたびたびだったな。

かぼちゃの煮物は、作るのが難しいですね・・・・・・。ペースト状にしてしまうこともありました。でも、それが意外に美味しくて、家族には好評でした。

投稿: ゆうき | 2010年7月13日 20時29分

okanさま

私が、最初に作ったメニューを覚えているのは、失敗したからだと思います。

もっと、簡単に作れる、焼きそばとかカレーにすればよかったとつくづく後悔しました。


うちの人が、失敗作を食べてくれたのは、おかずが少なかったこともあると思います。この他には確か焼き魚しかありませんでしたから。

投稿: ゆうき | 2010年7月13日 20時39分

ゆうりんさま

結婚して16年、未だに実家の味を真似できずにいます。
姑に教われればそれでいいのですが、我が家も同居ではないので、夫の実家に帰省した際には、実家の味を舌に覚えこませるよう心がけます。

それぞれの実家のよさを兼ね備えた我が家独自の味を作り出せたら良いな思います。

多少形が悪くとも、しっかりと食べてくれる、夫と娘の存在は、お料理をする上でかなり力になります。

投稿: ゆうき | 2010年7月14日 00時52分

あんこやさま

結婚前、野菜を切るなどの調理補助をすることはあっても、肝心の味付けや火を通すところは全て母任せでした。
煮物を作ることが、あんなに難しいとは・・・・・・しみじみと母の偉大さを実感しました。

結婚して16年、料理の腕は上がりましたが、あの初々しさはどこかへ消し飛んでしまいました。

投稿: ゆうき | 2010年7月14日 01時00分

 おいしそうです~
かぼちゃって皮がはずれたりして案外、気を使いますよね
私も何度も失敗したりしています

 かぼちゃの煮物も最近は少し作るのが減って、今はレンジで軽くちんした後片栗をつけて油でごげめをつけて、薄めためんつゆに漬けて冷やします
添え物にいろんな野菜をつけたらかわいいですよ~

 長くなりましたが、いろんな料理にみなそれぞれの気持ちがありますよね
失敗したことやこどもの好きなメニューだったりとかみな心のこもった暖かい料理だからおいしいのかな~

投稿: もえぎ | 2010年7月14日 10時56分

わかります~~~~
ほんとお料理は奥が深いですよね(笑)

マクロビの本を参考に煮物を作ると
ほんとうに少しの調味料しか使いません。
素材が美味しいと、調味料はいらないな~って思います^^

ツヤツヤして美味しそうなかぼちゃ♪
今夜は私もかぼちゃを煮ようと思います^^

投稿: バニラ | 2010年7月14日 17時18分

もえぎさま

結婚するまで、かぼちゃの煮物がこんなに難しいとは思いませんでした。
今まで何度も作りましたが失敗した回数の方か多いかもしれません。

もえぎさんのアイデァ料理、美味しそうですね。夏に良さそう~。
まねして作ってみようと思います。
煮物に和え物、揚げ物・・・・・考えてみたらかぼちゃって色々とアレンジが利く食材ですよね。

ほんと、お料理の一品一品に思いがあるといっても過言ではありません。
失敗を繰り返したり、家族の好みを考慮したり・・・・・家庭だからこそできることだと思います。

投稿: ゆうき | 2010年7月14日 18時09分

バニラさま

お料理は奥が深い・・・毎日、キッチンに立つようになって16年、しみじみ実感しています。

実家の母は素材そのものの良さを大事にする人です。
一見、簡単な調理法のようですが、実に繊細な味がします。

この、かぼちゃの煮物は、少量のお砂糖とお醤油のみで味付けしてあります。
ホクホクしてとても美味しいです。

投稿: ゆうき | 2010年7月14日 18時28分

レモンドレッシングは…午前様になるからと言って寝てていいよと電話があったので寝ちゃったわー
神奈川にいたんだね。以前東横線沿線に住んでいたので懐かしいわー
主人の会社は大田区なのですぐ神奈川です!

投稿: ちさと | 2010年7月14日 21時04分

ちさとさま

旦那さん、忙しくて大変だね~。
疲れた体に、レモンニンニクドレッシングはきくんだろうな~。

東横線方面へは、神奈川に住んでいるころ、よく遊びに行きました。懐かしいな~。
ちなみに私たち夫婦が住んでいたのは小田急線沿線です。

投稿: ゆうき | 2010年7月15日 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/35728690

この記事へのトラックバック一覧です: 最初の夕食は:

« 雲の向こうから | トップページ | 雨上がりに »