« 蓮の花 | トップページ | 秋探し »

2010年8月28日

夏の終わり

Photo

 火祭り・・・・・富士山の山じまいを告げるお祭りそして日本三大奇祭の一つです。

Photo_2

 ゆうきたちが訪れた時間帯、イベント広場では太鼓の演奏が行われていました。胸に響く迫力ある演奏でした。

 吉田の火祭りは、ゆうきにとって花火大会と並ぶ夏のイベントだ。物心着く頃から毎年のように足を運んできた。小さい頃は両親に手を引かれ、少し大きくなってからは友達同士で。楽しみで楽しみで仕方なかったお祭りにもかかわらず、いつの間にか毎年とはいかなくなった。仕事が忙しい事を言い訳に。子供が小さいのを言い訳に。気分があまり乗らないことを言い訳に。
 今年は、夫が誘ってくれたのでいく気になった。彼はゆうきと娘を連れて行きたいがために夕食の準備まで手伝ってくれた・・・・・。

 三人でブラブラ歩き会場へ。
家を出た時は三人きりだったのが会場に近づくにつれ段々と人が増えていった。徐々に大きくなるざわめきと、ほのかな火の粉の香りが、居合わせた人々を祭りの世界へと誘った。
 立ち並ぶ露天、行き交う人々、燃え盛るタイマツ・・・・火祭りは見どころ満載。何度も来ているはずなのに、初めて来た様な錯覚に襲われる。見慣れた通りはいつもと全く違っていて日常を探すのが難しい。行き慣れた洋品店や時折見かける知った顔さえも普段とは変って見えるから不思議だ、彼も娘もゆうきも、ほとんど会話を交わすことなく、まるで夢を見ているかのような幻想的な雰囲気に酔いしれた。

Photo_3

 祭りから一夜が明けた空。

 火祭りが終わると夏が終わり町は秋色に染まり始める。祭りの後のなんとも表現しがたいほろ苦さと秋を迎える充実感を今、同時に噛み締めている。

|

« 蓮の花 | トップページ | 秋探し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
「火祭り」は男性的な祭りの感じなのですか?
勇壮な太鼓と火があいまって見事なのでしょうね。見てみたいです。
お祭りはただ見ているだけじゃなく、参加するのがいいのだけれど・・・もう年だから、エネルギーが足りない。
雲も秋の様子を見せてますし、秋色に山々も染まっていくことでしょう。でもね、これからねんねさんの地方は台風シーズン、これは避けて通れません。上陸しないこと、被害が少なくて済むように毎度願っています。(今日も台風の影響かも知れませんが、風が強いの)

投稿: ねんね | 2010年8月28日 15時08分

聞いたことはありますが火を使うだけあって
とても幻想的です。

ご主人もきっととても行きたかったんでしょうね~。娘さんもお年頃だしもうあと何回行けるかわからないとなれば気持ちもわかります。

和歌山の那智の滝にも火祭りがあります。
見に行ったことはありませんが写真で見た限りはやはり幻想的でエネルギッシュでした。

投稿: patapataokan | 2010年8月28日 17時18分

迫力のあるなかなか硬派なお祭りですね。
歩いて行けるのですか。いいなぁ。

もう8月も夏休みも終わりですね。9月になるとどんなに昼間暑くても夕方になると物悲しい雰囲気になってきますね。

投稿: しま | 2010年8月28日 18時00分

非常にお久です。中国に行ってたりPC壊れたり、2週間ほどバタバタしてました。
吉田といえば吉田うどん大好き。
ある日の日曜日、急に食べたくなって朝早く車で忍野八海まで買いに行った事があります。コシがあって大好きです。

投稿: 銀四郎 | 2010年8月29日 06時03分

 火祭り、きっと近くで見ると凄い迫力なんでしょうね。
私の住む所では火とは対照的に、水を使う祭りがあります。
これもなかなかダイナミックで、まさに男の祭り!って感じですよ。

お祭り、もう随分遠ざかっています。

早いものでもう夏も終わりますね。
まだまだ昼間は暑いけれど、朝晩はちょっと空気が変わってきたような気がします。

今年の夏はいつもと比べとても慌ただしかったなぁ…

投稿: えぐham | 2010年8月29日 15時32分

ねんねさま

神輿を担ぐ男衆、燃え盛る炎、とっても荒っぽくて迫力があり男性的なイメージが強いです。
でも祭りの端々に目を向けると女性らしい優しさを見つけることが出来ます。
富士山を信仰し町を愛する人達みんなで作り上げるお祭りなのだと思います。

伝統あるお祭りなだけに、祭りに寄せる思いはとてもエネルギッシュです。
あまりの迫力に圧倒されてしまって・・・見るだけに留まっています。

今年は異常気象が続いたので、今後の天候が気にかかります。
台風などの災害による被害が最小限であることを祈るばかりです。

投稿: ゆうき | 2010年8月29日 19時41分

okanさま

吉田の火祭りはとても有名で県外や外国からも多くの人々が訪れます。
タイマツの炎に照らされた街並みはとっても幻想的でうっとりしてしまいます。

主人も娘と行けるのはあと何回もないと感じているようです。
気乗りしない様子の娘を必死に説得していました。

私は地元以外のお祭りに参加したことがなくて・・・ぜひ一度、生で見てみたいです。

投稿: ゆうき | 2010年8月29日 19時49分

しまさま

火祭りは400年もの伝統があるお祭りで、それだけに祭りに寄せる人々の思いはとても熱くて、行く度に毎回、圧倒されています。

九月も残り二日ですね。
ここ数日、朝晩がとても過ごしやすくなりました。

投稿: ゆうき | 2010年8月29日 19時54分

銀四郎さま

お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。

吉田うどん、私も大好きです。
時々、急に食べたくなって、一人こっそり食べに走ります。

家で生めんを茹でて食べることもあります。
主人や娘も大のうどん好きなので、ザルいっぱいに茹でてもあっという間になくなってしまいます。

投稿: ゆうき | 2010年8月30日 00時28分

えぐhamさま

火祭りは映像で見るよりも生の方がずっとずっと迫力があります。
県外や外国からも多くの人達が訪れ、皆一様に目を丸くしています。

山国に生まれ育ったためでしょうか。まだ一度も水を使うお祭りを見たことがありません。
ぜひ一度、見てみたいです。


今年の夏はとにかく忙しくて・・・遠出が出来ませんでした。
うちの娘は30日から二学期。忙しい日々がまた戻ってきます。

投稿: ゆうき | 2010年8月30日 00時36分

ゆうきさん おはようございま~す♪

火祭り・・・迫力ありますねぇ~凄いわぁ~
写真でもこんなに迫力あるなら実際側で見ると凄いでしょうね
やっぱり暑いでしょsign02

毎年行われてる行事。小さな頃 両親と行った思い出 胸が熱くなりますねhappy01

投稿: ゆうりん | 2010年8月30日 10時49分

ゆうりんさま

火祭り、大迫力です。行く度に圧巻されています。

燃え盛るタイマツからは容赦なく火の粉が降り注ぎます。
熱いというより怖いと言う気持ちの方が大きいです。

幼かった私と弟の手を引いて火祭りに行ったこと・・・・・両親の中でも良い思い出となっているようです。

投稿: ゆうき | 2010年8月30日 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/36402849

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わり:

« 蓮の花 | トップページ | 秋探し »