« 実り | トップページ | 輝き »

2010年9月11日

あっ!

Photo_4

 猿 まずは一枚目。なかなかうまくいかず・・・・・・。

2_3

 気を取り直して二枚目。が、やはりピンボケとなってしまった。

 全国各地で猿による被害の報告が相次いでいる。畑を荒らされた、背後から襲われた等。ゆうきが住む県も例外ではない。つい先日、自宅から、数十km離れた山間部を車で走っていたら、突然、数匹の猿が目の前に表れた。
「あっ!」
「早く、今のうち。」
急いでデジカメを構えたが、林の方へ逃げ込まれた。
「ならば俺が。」
と車を降り林に近づき何回かシャッターを切ったが、結局、上手く撮る事は出来ず肩を落とした。被写体は野生の猿。人の思うようにいく方がおかしい。彼らだって生きるのに必死なのだから。

 野生の猿が、人が生活する場所に出没するようになったのは、いつの頃からだろう。少なくともゆうきが子供の頃は、そんなこと聞いたこともなかった。
 以前、 とある番組で猿による被害がいかに酷いかを報道していた。畑をあらし、土産物屋の軒先から食べ物を盗み瞬く間に逃げていく。凶暴ですばしっこくて、人達はなす術がない様子だった。「ひどいな~。」と思いながら見ていたら、小さな小猿を背負った母猿が目に付いた。母猿は、上手く逃げ切れたことを察知すると、小猿をおろし、さっき調達してきた食べ物を食べさせていた。注意深く辺りをうかがいながら。そのシーンを見たら、たまらなく切なくなって思わずチャンネルを変えてしまった。猿も必死に子育てをしているんだ・・・・・思い知らされた。なんと言えない後味の悪さだけが残った番組だった。

「衣食足りて礼節を知る」 と言う言葉がある。このことは、人だけではなく、猿にもいえるのではないだろうか。猿だって生息している場所に食料があったならば、わざわざ危険を冒してまで人里を襲うことはないはずだ。彼らの生地に最初に足を踏み入れたのは人間たちなのだ。

 某市の猿捕獲に懸賞金がかけられた。ゆうきは、思う。もし無事に?捕獲された暁には、その猿はどうなるのだろうって。猿にとっても人にとっても最善の方法をとって欲しい・・・・・。

|

« 実り | トップページ | 輝き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

夫の実家の近所の山には野生の猿がいるのですが
山から石灰を取るために発破を続け
どんどん猿たちが山を追われた結果
やはり畑の作物を荒らしています。
鹿も山を追われて 下りてきています。
絶滅動物を守ろうと言いながら
真逆のこととしている気がします。

投稿: まーち | 2010年9月11日 15時45分

人間が動物の生活の場にまで侵入した結果
だと思うんです。

地球の生物の中で人間がいなくなれば
地球はもっと緑が戻り動物も豊かな生活ができると聞いたことがあります。

地球の害虫は人間かもしれません。

投稿: patapataokan | 2010年9月11日 17時12分

本当に、私もいつも思う。
この辺は、まだそういう被害は無いけれど
隣の市などは、山を切り開いた住宅街が多くて
いのししが時々暴走する事件がある。
そして、いのししの被害を伝えるのだけど
それを見ながら、最初に自然界をこわし動物たちの住居である山を侵入しておきながら
自分たち人間の所に来れば、文句を言う。
これっておかしくない?って思ってしまう。

投稿: ふぃる | 2010年9月11日 21時01分

 私もちょっと前に近所で猿を目撃しました。
思えば、私が今住んでいる所はかつてミカン山だったとか。
もしかしたら、宅地になってしまったせいで住む所がなくなった猿なのかな…

最近、ニュースで騒ぎになっている猿は、人間にいきなり襲いかかるそうですね。
普通はそんな事ないそうなので、よほど人間に恨みがあるのでしょうか。

投稿: えぐham | 2010年9月11日 21時22分

ゆうきさん こんばんはhappy01

私も以前TVで見ました。サルが人間を襲う。農作物を荒らす・・・
生きてくスベでしょうね。paper

そうです・・・人間が自然を破壊し動物達の居場所をなくしてるのです。

京都に比叡山と言う山があってね。
ドライブウェイになってるんだけどそこによくサルが出るんです。
人間に慣れていてね。車のボンネットの上に乗ったり窓から中の様子を伺ってるの。

面白がって人間の食べるものをポイポイあげる人が居るんです。
それを知って近寄り襲うのです。
サルは 頭が良いのねangry

投稿: ゆうりん | 2010年9月12日 01時20分

サル~、ココのところよくニュースでも話題になりますね。
我が家のひとつ山に近い町会はサルが出没して色々と被害があるようで回覧板で「サルを撃つので子供は山に入らないように」って回るんですって。サイズがサルと同じぐらいだから間違って撃たれちゃった事があるそうで・・・。山ったってちょっとした雑木林程度なんですが・・・。
鍵の開いた窓から入ってコタツでみかん食べてた、っていう話は本当によくい聞きますよ^^;

投稿: しま | 2010年9月12日 10時53分

こんにちは
今まで野生の動物と仲良く暮らしてバランスが取れていたのに、人間がその領域を侵し、バランスを崩していってるのに気が付かない。
サルも大騒ぎするから悪者になっている。
ねんねさんのところも去年さる騒動がありましたが、人に怪我させることは無く、いつの間にか終息。
酷い被害が無くてよかったです。
野生の動物も、人間達も平和に暮らして欲しいです。

投稿: ねんね | 2010年9月12日 13時47分

まーちさま

そうなんですよね。
最初に手を下すのはいつだって人間。行き場を失った野生動物たちは、一体どうすればいいのでしょう。
自分たちが自然界を荒らしておいて、絶滅動物を守ろうだなんて矛盾していますよね。

投稿: ゆうき | 2010年9月12日 19時53分

okanさま

山を切り開き、海を埋め立て人はどこまで彼らの住処に侵入すれば気が済むんでしょうね。

地球の害虫は人間・・・・・・そうかもしれないですね。
野生動物たちがいくら強暴だといっても、知恵が回るといっても、道具を使って自然をい破壊することはありませんから。
彼らはみんな、生きるのに必死なだけです。

投稿: ゆうき | 2010年9月12日 20時00分

ふぃるさま

私の住む地域では、猿だけではなく、イノシシや熊まで出没しますよ。
時折、防災無線で住民に注意を促しています。
「どうして、こんな所まで」
って言う人はいるけれど、ここは元々、野生動物の住処だったんですよね。
人間ってホント身勝手だと思います。

投稿: ゆうき | 2010年9月12日 20時04分

えぐhamさま

私の住む地域の猿出没地点も、元は猿山と呼ばれるくらい猿が多い場所だったそうです。
そこを人が切り開き道路を作り宅地にしてしまったのですから、彼らが行き場を失いさまようのも無理ないと思います。

野生の猿に対して、面白半分に心無いいたずらを仕掛ける人はいますから。その猿もひどい目に遭わされた経験があるのかもしれませんね。

投稿: ゆうき | 2010年9月12日 20時15分

ゆうりんさま

人間が野生動物たちの居場所を奪っていっているから、結果的に彼らは人間たちの食べ物に手を出すしか生きていく術がない。やるせないです。

栃木県日光市でも、人間に慣れている猿が多数いるそうです。
観光客を襲ったり土産物屋に進入したりとかなり深刻みたい。でも、猿たちをそのような行動に駆り立てたのは、元はと言えば身勝手な人間たちなんですよね。

投稿: ゆうき | 2010年9月12日 22時24分

しまさま

猿は、ここ数週間ほどよく話題になっていますよね。

私が住む市はそれほどでもないのですが、隣町ではよく猿が出没します。
彼らは本当に頭が良くて、人間が石を投げれば同じように石を投げ返しえくるし、棒を振り回せば同じように棒を振り回してくるそうです。幸いにも怪我人は出ていませんが、何とかして欲しいです。

投稿: ゆうき | 2010年9月12日 22時35分

ねんねさま

私たちが子供の頃は、猿騒動なんて聞いたこともなかったのに、いつの間にこのような状況に陥ってしまったのでしょう。
人間たちが彼らの住処を奪ったことが原因なのに、猿ばかりが悪者になるのは悲しいです。
ねんねさんの地域の猿騒動は、怪我人が出なくてよかったですね。
某市の猿騒動も平穏無事に終息して欲しいです。

投稿: ゆうき | 2010年9月12日 22時43分

 この頃、猿の被害などのニュースを聞いていたら毎年どこかで被害が報告されているのを思います

 人間にとって害をなすものはやっぱり気になるし何とかしなければならないと思いますが、それが最善の方法であって欲しいとは思います

 山の恵も今年はこの暑さで不足しているのでしょう

 実家の父も先日、氏神様にお参りに出かけて猪に遭遇したらしいです

ともに共存できることがうまくできるように願いたいです
 

投稿: もえぎ | 2010年9月13日 13時34分

確かにサルは怖いです。
でも、理由もなく人を襲ったりはしないでしょう。
私もゆうきちゃんと同じ考えです。
よい対策を考えてほしいですね~

投稿: ゆっきー | 2010年9月13日 14時19分

もえぎさま

猿にイノシシ、熊、野生動物による被害が多く報告されるようになりましたよね。

被害は人が野生動物たちの居住地を奪ったからこその結果。
彼らばかりが揶揄されるのは理不尽な気がします。

野生動物たちだって、生まれてきたからには生きる権利があります。
同じ地球上に生きる仲間。上手く共存していくべきだと思います。

投稿: ゆうき | 2010年9月13日 16時36分

ゆっきーさま

猿はとても頭が良くてあなどれないです。

人を襲うのは生きるのに必死だから。
ちゃんと理由があります。

ぜひぜひ人間都合でない最善の方法をとって欲しいですね。

投稿: ゆうき | 2010年9月13日 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/36671397

この記事へのトラックバック一覧です: あっ!:

« 実り | トップページ | 輝き »