« 孫は優しい | トップページ | ふわふわ~ »

2011年4月30日

一週間

Photo_2

月曜日 アスパラガスのチーズ焼き ウインナー 肉だけハンバーグ 人参のグラッセ ゆで卵のしょうゆ漬け

Photo_3

火曜日 五目豆 焼き魚(マグロの味噌漬け) ウインナー ほうれん草の胡麻和え 玉子焼き

Photo_4

水曜日 キャベツとしめじのサッと煮 カボチャのソテー ウインナー ピーマン肉詰め ゆで卵のカレー風マリネ 

Photo_5

木曜日 きんぴらごぼう 焼きコロッケ ウインナー アスパラベーコン 玉子焼き

Photo_6

金曜日 鶏肉の煮物 チンチンコロッケ ブロッコリー ウインナー ゆで卵しょうゆ漬け
昨日は休日だったが、公開授業及び進路指導があったのでお弁当だった。

 
 お弁当ライフが始まって3週間。段々とペースがつかめてきたみたい。たかがお弁当されどお弁当。最初の週はとにかくゴテゴテで、冷凍食品を1~2品使ったにもかかわらずやたらと時間がかかってしまったり箸を入れ忘れたり・・・・・・。頭の中はお弁当のことでいっぱいだった。2週目に入ってようやく夕食を作る際に材料を取り分けておくことを覚え、3週目になるとお弁当を作りながら夕食のメニューを考える余裕が生まれた。世のの主婦たちは、よくやっているつくづく思う・・・・・。

 娘はここの所、かなりお疲れ模様。環境が大きく変わってしまったのだから無理もない。これから先も体力気力を必要とする行事がたくさんある。母として出来る事は食生活を整えることくらい。空っぽのお弁当箱はゆうきの原動力。食欲があれば大丈夫だ。あまり気負いすぎずかといって手抜きしすぎず、楽しむくらいの気持ちで娘にエールを贈り続けたい。

|

« 孫は優しい | トップページ | ふわふわ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の長男の高校は給食の学校なのでお弁当は作っていないけど以前主人の勤務先が弁当だったので3年間作っていました。
ご飯はふりかけやのりべんなどがあるので困るのは「おかず」のチーム!
当時は冷凍食品なんてなかったし、本もない、ネットもまだそれほど普及させていなかったので自分でノートを作ったよ。
お肉のおかず、卵のおかず、野菜のおかず、缶詰を使うおかず。
それぞれ数種類を作っておいてあとはカードにして←写真を撮ってパウチするといい!色どりなどを考えていろいろと組み合わせると1か月分のおかずのパターンができました。あとはそぼろご飯のようにご飯だけでもボリュームがあるお弁当シリーズなど自分でまとめたっけな~
自分で考えたおかずは今でも夕食のメニューになる時もあります。

長女ですか?私自身自分でお弁当を作っていたので本人に作らせていました。年に数回作ったこともあるけどそのおかげである程度の料理ができるようになったかな?
当時私も夏菜と一緒に学校に行っていたので忙しかったので自分のご飯は自分でねと強引に作らせてしまったわー 

投稿: 千里 | 2011年4月30日 14時17分

お弁当、がんばってますね~(^^

私は新婚当時、主人のお弁当から
数えたら20年以上作っていました。

今から考えたらよくやったものです。
夕食のハンバーグを取り分けて
お弁当には煮込みハンバーグにしたり、
ミンチカツに変えてみたり、
ソーセージの飾り切りを前日の夕食時に
やっておくと朝がすごく楽です。

また慣れてきたらゆうきさんのことだから
いろんなアイデァが出てくるだろうと
思います。

投稿: patapataokan | 2011年4月30日 17時54分

お弁当は彩りや栄養、味と色々考えて作っていたのですが、此処最近はがっつリ食べたい長男の意向で、量優先となってる我が家の弁当事情なの
夕飯から1・2品は必ず平行移動してますし、朝から作る物も・・・朝は忙しいね。
ゆうきさん頑張ってね。空っぽのお弁当箱を洗うときが一番充実感を味わうときでしょう?

投稿: ねんね | 2011年4月30日 20時00分

こんばんは~^^

ゆうきさんと同じく・・・毎日のお弁当、悪戦苦闘しながらも、
やっぱり3週間目に入って、少し慣れた気がしてます。

そして、空っぽのお弁当箱を見ると、
そんな悪戦苦闘も飛んでいきますよね~^^

子供達も少し高校生活に慣れてきて、
疲れが出てくるころでしょう。
体調を崩さないようにさせたいですね。

投稿: ブルー | 2011年4月30日 22時03分

今が一番疲れが出る時期ですよね~。
GW、少しゆっくりできると良いですね^^

お弁当、
数年前までは毎朝3つ作ってたなんて今やすっかり思いも出せず^^;

投稿: しま | 2011年4月30日 23時14分

お弁当が空っぽになって帰ってくるのが
一番嬉しいよね。
私は息子が中二になった時に、いつも弁当が空だったのに
残して帰るようになって、おかしいと思って
担任に電話をして様子を聞くと
やっぱり気の許せる仲良くなれそうな友達が見つからなくて
本人は5月までの1ヶ月辛かったみたい。
5月以降、先生も息子に声をかけてくれたりしてクラスに馴染み
お弁当も空っぽになって帰って来た。
娘もたまに残して帰って来ると、友達とケンカしたりしてて
お弁当って子どもの健康管理や心の健康管理に役立ちますよ^^

投稿: ふぃる | 2011年5月 1日 18時09分

千里さま

ちーちゃんの長男君の高校は給食なんですね。いいな~って思ってしまします。

実家の母は10年近くも父のお弁当を作り続けていました。私がまだ小学生の頃です。
便利な冷凍食品が出回るようになったのも、ネットで色々検索できるようになったのもまだまだ最近だよね。あの頃、我が家には電子レンジすらありませんでした。
母も色々と工夫していたな~。毎朝、母がすることを見ていたので、私も自然とお料理が出来るようになりました。

娘も私がすることを見て色々覚えてもらおうと思います。
私がずっと作ってやれるわけではないし
料理が出来なくて困るのは本人だもんね。

投稿: ゆうき | 2011年5月 1日 19時25分

okanさま

最初はどうなることかと思ったけれど何とかやっています。

健康のことを考えると主人にもお弁当を持っていってもらいたいのですが、職場でお弁当を持ってくる人はいないみたい。


ポテトサラダを次の日にコロッケにしたり、クリームシチューをグラタンにしたり徐々にコツがつかめてきました。
忙しい朝にあまり手をかけなくて済むように前の晩に下準備をするようにしています。

もう少し慣れたら、アイデァメニューも浮かぶと思います。

投稿: ゆうき | 2011年5月 1日 19時36分

ねんねさま

私は女子ですか彩りの良いお弁当の方が嬉しいけれど、弟はそれでは物足りなかったみたい。
よく
「もっと肉の量を増やしてくれ~」
と不満を訴えていました。二種類のお弁当を作らなければならなかった母は本当に大変だったと思います。

私も夕食のおかずを平行移動させていますよ~。

毎朝大変だけれど、空っぽのお弁当箱を見ると明日もがんばろうと思えます。

投稿: ゆうき | 2011年5月 1日 19時45分

ブルーさま

毎日のお弁当、悪戦苦闘・・・・・私の心情を代弁してくれてありがとうございます。

毎朝、大変だけれど空っぽのお弁当箱を見るとがんばった甲斐があったと思えます。

入学して1ヶ月。一番疲れが出やすいときですよね。
寝込んだりしないよう心を配りたいです。

投稿: ゆうき | 2011年5月 1日 20時08分

しまさま

お疲れモードな娘、連休はのんびり過ごしています。
私もお弁当がない分、寝坊させてもらっています。

毎朝3つのお弁当・・・・・しまさんも大変でしたね。
お弁当作りは主婦であれば一度は通る道なんだな~。

投稿: ゆうき | 2011年5月 1日 20時14分

ふぃるさま

学校給食は楽だけれど、子供の心情を察することが出来ないのが唯一の難点。何しろ全部食べたかどうかなんて判りませんから。
中学校時代、娘が発信するSOSを見逃してしまったことがありました。
お弁当は学校での様子を知るバロメーターですよね。
3年間がんばります。

投稿: ゆうき | 2011年5月 1日 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/39804182

この記事へのトラックバック一覧です: 一週間:

« 孫は優しい | トップページ | ふわふわ~ »