« 白樺林で | トップページ | 夏至 »

2011年6月20日

親父の思い

Photo

 ゆうき家の父の日のプレゼントと言ったら手作りと相場が決まっている。今年は和菓子好きの彼のためお団子を作った。米粉を捏ねて丸めて茹でてお皿に移し、きな粉と餡子を乗せただけ・・・・・。本当はもう少し手の凝ったオシャレな一品を作りたかったのだが、肝心の娘がテスト前で一分の時間も惜しい・・・・・・と嘆くので・・・・・・。形は悪いが味はまあまあだったし、彼も嬉しいそうな笑みを浮かべながら全て平らげてくれたから、まぁ良しとしておこう・・・・・・。

 娘も成長した。やたらと熱を出し手もお金もかかった時期を経て、クレヨン片手に大好きなパパの顔を一心に描いていた可愛らしい時期も経て、受験期で親をやきもきさせた時期も経て、今やいっぱしの女子高生だ。時々、母親であるゆうきがどきりとするくらい大人びた言動を取ることがある。色気度0%と思いきやそうでもなくて、中三の秋ごろから頻繁に男の子の名前を口にするようになった。通称イケメン君。(授業参観の際、それとなく確かめたら本当にイケメンだった!)彼とは同じ高校に進学した。今でも時折、娘の話しに登場する。そんな時、父親である彼はとても複雑な表情を浮かべる。
 いつだったか夫婦二人して同じコミック本を読んだことがある。タイトルは忘れたが(10年以上も前なので)、内容は覚えている。一人娘に彼氏が出来て、父親が心配のあまりデートのたびに尾行し、ことごとくその交際を邪魔すると言った趣旨だった。「俺、この父親の気持ちがよくわかる。」 読み終えての彼の感想。その後しばらく元気がなかった・・・・・。先が思いやられる・・・ゆうきが深い溜息をついたのは言うまでもない。彼の娘に対する思いは継続中だ。いやむしろ小さかった頃より強くなった。娘が実際に彼氏を家に連れてきたらどういう反応を示すのだろう・・・・・。

 娘よ。パパはあなたのことをもの凄く大切に思っている。それだけに彼氏に対するチェックは半端なく厳しいはず。覚悟しておきなさい!

|

« 白樺林で | トップページ | 夏至 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます

 娘を持つ父親の気持ち、半端なく大変だと思いますよ
でも親も子もいつかはともに親離れ、子離れしていくもの、娘さんが彼氏を連れてこられて、一緒になられるのが幸せならいいと思えるご主人に今からちょっとゆうきさんのすり込みがいるかもね

 まだ先の事といえ、いつかは通る道だもんね

 

投稿: もえぎ | 2011年6月20日 09時35分

わが家には娘がいませんし主人は
男3人兄弟なので全くそういう気持ちが
理解できないようです。

これだけ大事にされてるんですから
そりゃご主人が他の男性に娘さんを
渡したくないのはわかります。

でも大事な娘だからこそいずれは
親元から飛び立たなくっちゃ。

もえぎさんもおっしゃってるように
そのためにはゆうきさんが間にたって
うまく立ち回らないといけないかも
しれませんね(^^

投稿: patapataokan | 2011年6月20日 16時55分

父の日に素敵なプレゼントを用意したんですね^^
お団子は、黄な粉とあんこがあれば一番美味しく食べれますね^^

うちの旦那も娘とは一番気が合うようで
昔から2人でコソコソと出かけてましたが
彼氏を初めて家に連れて来る時
率先してケーキやらジュースを買ってました。
写真や、話を聞いて安心したのかな?
そんなにショックを受けてなくて
成長したと喜んでるのかも^^
きっと、旦那様も同じようにお嬢ちゃんが隠し立てしなかったら
応援すると思いますよ^^
逆に母親の私の方が離れていく娘に寂しく感じる時があります(^^ゞ

投稿: ふぃる | 2011年6月20日 23時31分

(^ー^* )フフ♪
きっと大丈夫ですよ。
パパさんみたいな彼氏を連れてきますよ。

って、誰を連れてきてもパパはフクザツかぁ~w

投稿: しま | 2011年6月21日 01時32分

もえぎさま

娘もいずれは大人になり、大切な誰かを見つけて親元を離れていく・・・・・理性ではわかっていても感情的には難しいようです。
町中を仲良さそうに歩くカップルを見るだけで複雑な表情を浮かべる彼。
どうフォローしようか・・・・・・今から色々と思案しています。

全国の娘を持つお父さん、みんな同じような思いをしているんだろうな。

投稿: ゆうき | 2011年6月21日 19時26分

okanさま

我が子がもし男の子だったとしたら・・・・・時々考えることがあります。
逆に私の方が複雑な気持ちになり、息子に近づく女の子に嫉妬していたかもしれません。

最近、肉体的にもグンと大人になってきました。
父親として喜ばしいけれど寂しい気持ちもあるようです。

「誰か好きな人が出来たら、まず、ママに相談してね。色々と作戦を練ろうよ。」
娘に話してあります。
うまく立ち回れるよう、母娘のコミュニケーションを大切にしたいです。

投稿: ゆうき | 2011年6月21日 19時42分

ふぃるさま

今までで一番、手間がかかっていないプレゼントとなりました。
今年は私も時間がなくて・・・・・・。

家の娘も特に隠し立てすることなく平気で、「今日、学校で〇〇君がね・・・・・・」
なんて話しています。ひょっとして、これは溺愛する父親に理解を求めるための娘なりの作戦なのかなと感じます。
娘が彼氏を家に連れてきたら、両親として温かく向かいいれたいです。

投稿: ゆうき | 2011年6月21日 19時52分

しまさま

よく長女は父親と似たタイプの男性を好きになるって言いますよね。

主人も気持ちが複雑なのはわかるけれど、娘の幸せのため受け入れていって欲しいです。

投稿: ゆうき | 2011年6月21日 19時54分

やっぱ、男親は娘に対しては同じ感じなのかな?
我が息子も自分の娘に対して同じことを言っていたような・・・・(未だ2歳ですよ、早すぎませんか?とねんねさんは冷ややかな視線を向けていますがね)
我が家は男だけだったから女の子に対する感情はわからなかったですね。

投稿: ねんね | 2011年6月21日 21時40分

ねんねさま

男親の気持ちは古今東西を問わず、みんな同じなのかも知れませんね。

うちの人は、娘が歩き始めた頃から、娘に地被く男の子全てにチェックを入れていましたよ。
そんな彼に親戚一同みな冷ややかな視線を向けていました。

ねんねさんと息子さんの気持ち、家の人なら痛いほどわかると思います。

投稿: ゆうき | 2011年6月22日 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/40466165

この記事へのトラックバック一覧です: 親父の思い:

« 白樺林で | トップページ | 夏至 »