« 山開き、その後 | トップページ | 一口サイズの »

2011年7月13日

山小屋の・・・

Photo

ずーっと、ずーっと撮りたいと思っていた。長年の?念願がようやく叶った。富士山の山肌にポツンポツンと白色系の点があることがお分かりいただけるだろうか。山小屋の灯りだ。昨日の午後7時半頃、撮影することが出来た。
 ゆうきは夏場限定のこの光景がとにかく大好きで折に触れては眺めている。山小屋の灯り、何故だかホッとする明かり。小学生の頃、夕方、暗くなってからお使いを頼まれると嬉しかった。理由は山小屋の灯りが見られるから。富士山の方角ばかり気にしているから転んで膝小僧を擦りむいた。中学生の頃、部活の帰り道、山小屋の灯りが目に沁みた。心身の疲労、胸のうちを占めていた悩み・・・・その全てが溶け出していくようで声を出さずに泣いた。あぁ~、癒されるとはこういうことを言うのかな・・・・・しみじみ実感した。
 ホッとする灯り、大好きな灯り、愛おしい明かり・・・・・。夏のこの時期、なんだかんだと用事を見つけては、外へ出て眺めている。

|

« 山開き、その後 | トップページ | 一口サイズの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山小屋の明かりが見えるんあて
ちょっとビックリです。

登山してる人にとってはなくては
ならない山小屋。

この明かりのように山登りで疲れた
人々の心の癒しなんでしょうね。

投稿: patapataokan | 2011年7月13日 17時47分

住んだことがないとはいえ、両親の住む実家が富士山の麓なので・・・
富士山の写真を見ると、なんだかホッとしてしまう私です^^;

山小屋のあかり。
なんだか『あの場所でしばし休憩しながら、頑張って登ってる人や働いてる人がいるんだな』って思います。
いつかは・・・私も富士登山したいな~。

投稿: ブルー | 2011年7月13日 19時26分

ぽつんぽつんと光が確かに見えます^^
こういった景色も見えるなんて
知らなかった~^^
登山家は光を目指して歩いてるんですね^^

投稿: ふぃる | 2011年7月13日 21時22分

 本当にほっとする灯りですね
高い山に灯りがともっているのって不思議と安心します

 こちらは富士山ほど高くない小さな山ですがロープウェイの明かりが心癒やされるときがあります

 不思議ですが、真っ暗闇に小さな灯りってずっと探しますよね

 

投稿: もえぎ | 2011年7月14日 15時04分

ゆうきちゃん、おひさ~^^
山小屋の明かりが見えるなんて、すごいね~
でも、癒される気持ちわかったよ。

ゆうきちゃんの写真すべてに、優しさがあふれてる。
久しぶりに来て見て、やっぱりそう思った。
ゆうきちゃんが、優しいからだね。
いつも気にかけてくれて、ありがとう。
なんだかんだあっても、頑張らねばね^^
ありがとう。

投稿: ゆっきー | 2011年7月14日 16時14分

okanさま

もう少し暗くなり富士山が見えなくなると、灯りが宙に浮いているように見えます。
期間限定、時間限定の夏富士です。

山小屋で働きながら人々の安全を祈っている人がいます。

「山小屋があったおかげでどんなに助かったことか・・・・・・。」
富士登山の経験がある人が話していました。

投稿: ゆうき | 2011年7月14日 20時37分

ブルーさま

富士の麓に生まれ育って四十年余り。やめるときも健やかなる時も富士山に癒されてきました。

麓から見る山小屋の灯り。富士山と繋がっているようで気持ちがほんのりします。
いつか私も頂上を目指したいです。

投稿: ゆうき | 2011年7月14日 20時45分

ふぃるさま

実際はもう少し灯りが連なっているのですが・・・・・・数個しか写りませんでした。
山小屋でしばし休憩を取って再び頂上を目指します。

ひたすら歩いて段々光がちかづて来た時の心中は、何ものにも代えがたいと思います。

投稿: ゆうき | 2011年7月14日 20時58分

もえぎさま

夏場、夕方になると無意識のうちに、富士山の方角に目がいきます。
明かりを見つけられると心の底からホッとします。

暗闇にポツンとある小さな灯り、心のオアシスです。

投稿: ゆうき | 2011年7月14日 21時09分

ゆっきーさま

ゆっきーちゃん、久しぶり!
遊びに来て盛られて嬉しいよ。


色んな写真を撮りながら、お料理をしながら、用事を済ませながら、今頃、ゆっきーちゃんもがんばっているのかなって思っています。
こちらこそいつもありがとう!
写真を喜んでもらえて嬉しいです。

投稿: ゆうき | 2011年7月14日 21時13分

山小屋 って
なんとなくロマンチックな響きですね^^

投稿: まーち | 2011年7月15日 08時09分

山小屋の明かりなんだか、彷徨う人生にポツンとついた誘導灯のように感じます
富士山の山小屋って結構有るのですね。
無知なねんねさんは1つか2つかなと思っていたの・・・・
やはり登山者にとっての安心できる場所、必要不可欠なものですね

投稿: ねんね | 2011年7月15日 17時14分

わあぁ!
こういう風に見えるんだ~。
いままで考えもしなかったけど山小屋の明かりが点々と見えるんですね。
本当にふもとに暮らす人たちにはこれも夏の風物ですね^^

投稿: しま | 2011年7月15日 17時19分

まーちさま

山小屋と言う言葉の響き、ホントロマンチストですね。
すごく憧れます。

投稿: ゆうき | 2011年7月15日 20時28分

ねんねさま

高山病で苦しい中、山小屋の灯りを目標に登る人も多いかと思います。
山小屋はとても大切な存在です。

写真に写っているのは数個ですが本当はもっともっとたくさん灯りが連なっているんですよ。
夕暮れの夏富士は本当に壮観です。

投稿: ゆうき | 2011年7月15日 20時47分

しまさま

本当はもう少し連なっているのですが、写真に写ったのは数個だけでした。


夕暮れの夏富士は本当に美しくて、一句詠んで見たくなります。

投稿: ゆうき | 2011年7月15日 20時50分

空気が澄んできれいだから山小屋の明かりが見えるんですね。私も見てみたいな~
富士山は本当にいいですね!ゆうきちゃんのところに来るたびに遠くの富士山が近く感じます。

投稿: ちさと | 2011年7月15日 21時33分

ちさとさま

昔と比べて開発が進んだとはいえ、このあたりは、まだまだ空気が澄んでいます。
肉眼だともっと明かりが連なって見えます。
ちーちゃんにも見せてあげたいな。

また、綺麗な写真が撮れたら記事にするね。

投稿: ゆうき | 2011年7月16日 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/40792614

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋の・・・:

« 山開き、その後 | トップページ | 一口サイズの »