« 山小屋の・・・ | トップページ | 熊出没地点 »

2011年7月16日

一口サイズの

 「今日もお弁当を食べる時間がなかった・・・・・・」
 定期テスト終了以降、娘がお弁当を残してくるようになった。昼休みは文化祭の準備に追われているそうな。半分ぐらいしか食べていない日もある。病院にかかるほどではないが、少し顔色が悪い。朝、なかなか起きてこない。相当疲れているのだろう・・・・・。文化祭準備期間中とはいえ、授業は普通に行われるし宿題だって出されるし小テストもあるのだから無理もない。親としてぐったりした様子を目の当たりにするといても経ってもいられなくなる。彼もまた、自分の事そっちのけで娘の事を気にかけている。
「食べる時間が5分くらいしかない・・・・・・ごめんね。」
娘は言う。お弁当を残してしまうことを申し訳なく思っているようだ。

Photo

 5分で食べきれるお弁当・・・・・ない知恵を絞った結果、具沢山ハンバーグを作ることにした。ひき肉350gに対して(夕食の分もかねているので) タマネギ1個、ピーマン2個、人参60g、椎茸4枚、チーズ80g、卵1個、パン粉 適量 あれもこれもと欲張ったら、お肉のグラム数よりも、その他の具材のグラム数の方が上回ってしまって・・・・・・。一口サイズにするのにちょっと苦労した。

Photo_2

 その後、フライパンでじっくり焼いて・・・・・ついでだからおにぎりも一口サイズにした。ハンバーグが少し焦げてしまったのはご愛嬌だ。

 この日、ゆうきは娘が帰って来るまで落ち着かなかった。
「今日は全部食べきったよ。5分で食べられた!」
娘の元気な声に心の底からホッとした。

 宿題にテスト、部活に各種行事・・・・・高校生はとにかく忙しい。娘なりの心の葛藤、それによって生じる体調不良もあろうかと思う。主役はあくまでも娘。その時々に応じたお弁当を持たせてやりたい・・・・・。

|

« 山小屋の・・・ | トップページ | 熊出没地点 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

娘さんもゆうきさんが一生懸命
作ってくれるお弁当を残すことに
すごく罪悪感があったんでしょうね。

すべて小さく一口大に作ってあげる
なんて家で娘さんの様子を毎日見ていてこそ。

娘さん、きっとお弁当全部食べれたことも
ですがゆうきさんの心遣いがとても
うれしかったと思います。

またこれでがんばって勉学に文化祭にと
頑張れることでしょう(^^

投稿: patapataokan | 2011年7月16日 16時31分

あれやこれやと盛りだくさんで、それが大人になった時良い思い出になったりもするのだけれど。 やっぱり食は基本で食べないと体がもたないですよね。
私も子供が高校生のころ食べる時間がないっておにぎり作ったこと思い出しましたよ。

投稿: しま | 2011年7月16日 21時03分

なんだかお互いを思いやっているゆうきさん親子にジーンとしてしまいました(ノд・。)

お母さんが一生懸命作ってくれたお弁当をなかなか食べられず
「悪いな・・・」って罪悪感を持っていた娘ちゃん。
その娘ちゃんを心配して、5分でも食べられるお弁当を一生懸命作って
お家で心配しながら待つゆうきさん。

とても深~い愛情を感じました。

全部食べきったよ!って聞いて、ゆうきさん・・・嬉しかったことでしょうね^^

投稿: ブルー | 2011年7月16日 21時32分

娘ちゃん、お弁当を残す事で
すごくストレスもあったんじゃない?
お母さんに申し訳ない気持ちがいっぱいで。
こうやってゆうきさんの愛情一杯のお弁当が
娘ちゃんの元気の源になってるんでしょうね^^

投稿: ふぃる | 2011年7月16日 22時56分

 よかったですね~
お弁当食べられてちょっと元気でたかな

いろんな行事が重なったりでゆっくりとできない日もあるようですね

 お母さんの愛情たっぷりのハンバーグ
おいしかったんですね
空のお弁当箱がいちばんですね

 

投稿: もえぎ | 2011年7月17日 20時24分

okanさま

「ごめんね~。」
と本当に申し訳なさそうな顔をするので余計に心配になってしまって・・・・・・・。

幸いにも家にいる時の食欲は普通なので、食べやすさを優先しました。
全部食べられてよかったです。

娘は体調を崩すことなく、無事に文化祭を乗越えました。
良い思いでも出来たみたい・・・・・。
娘ががんばっているので、私もがんばります。

投稿: ゆうき | 2011年7月17日 20時31分

しまさま

定期テストが終わった後も普通に授業があって、放課後に部活と学園祭の準備があります。
家に帰ってくるのは、7時過ぎ。食べなければ体を壊してしまいます。

おにぎりと具沢山ハンバーグ、全部食べきれてよかったです。
このお弁当もまたよき思い出となるのかな。

投稿: ゆうき | 2011年7月17日 20時44分

ブルーさま

高校生なり、昔ほど学校での様子を話してくれなくなりました。
何か悩んでいることはないか、体調を崩していないか、毎日持ち帰るお弁当箱は娘の精神状態を察するバロメーターです。

高校に入って初めての学園祭、色々大変だったけれど無事に乗越えてくれました。
この経験でまた一回り成長できたようです。

投稿: ゆうき | 2011年7月17日 20時56分

ふぃるさま

何しろ、入学以来一度も残してくることがなかったので、相当なストレスになっていたようです。

一口おにぎりに一口ハンバーグ、何だか幼稚園児に持たせるお弁当みたいになってしまいましたが、ちゃんと食べきれてよかったです。
娘の元気のためこれからもがんばります。

投稿: ゆうき | 2011年7月17日 21時02分

もえぎさま

食べられるのと食べられないのでは、体力的に随分と違うようで、この日も帰りが7時を過ぎたのですが声に張りがありました。

久しぶりの完食でした。
お肉よりも野菜の方が多かったハンバーグ、作った甲斐がありました。

投稿: ゆうき | 2011年7月17日 22時08分

遅くなっちゃったゴメンネ
忙しすぎてお弁当を完食できないなんて心配(我が息子なら、授業中にでも食べちゃうかも・・)
時間だけでなくて、ストレスも有るのかしらね
一口サイズのお弁当はナイスアイデア。ゆうきさんの親心痛いほどわかります。体を壊さないように、暑い夏を乗り切ってください
2学期になると、高校生活にも余裕が出てくるかもしれないね。
頑張れゆうきちゃん、お嬢ちゃん。

投稿: ねんね | 2011年7月18日 13時43分

ねんねさま

いいえ!お忙しい中ありがとうございます。
コメント嬉しいです。

中には早弁をする子もいるらしいのですが・・・・・。
まだ、その度胸はないようです。

一口サイズのお弁当は幼稚園に通っていた頃のよく作っていました。
あの頃も今もお弁当に籠める思いは一緒です。

学園祭を乗越えて気持ちに余裕が出てきたみたい。
がんばって欲しいものです。

投稿: ゆうき | 2011年7月19日 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/40832668

この記事へのトラックバック一覧です: 一口サイズの:

« 山小屋の・・・ | トップページ | 熊出没地点 »