« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日

秋の味覚 その2

 わが家のすぐ裏は実家の畑。それゆえに両親のどちらかが、しょっちゅう、収穫したての野菜を届けてくれる。先日はピーマンだった。昨日は・・・・

Photo_2

さつま芋だった。正真正銘、掘りたてホヤホヤ。形の奇抜さに笑みが漏れた。泥臭さに鼻の奥がツーンとした。ここでしか採れない、オリジナルなさつま芋だ。同じ形のものには二度と巡り会えないだろう・・・・・・・。
Photo_3

 「うちの畑で採れるさつま芋は甘くないから天ぷらにするといい。」
母は言っていたけれど、あいにく小麦粉を切らしていて・・・・・・・仕方がないからスイートポテトフライにした。

 揚げたて熱々のフライドスイートは大好評。瞬く間に完売となった。彼曰く
「甘くないところが返って美味しい・・・・・。」
だそうな。言われてみればそうだ。数時間前まで土の中にあった作物を今、もう口にしている。最高の贅沢に家族の会話が弾んだ。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年9月26日

秋の味覚 その1

 お彼岸のお中日(ゆうきの住む地域では春分の日や秋分の日をそう呼ぶ)、実家を訪ねたら、母はちょうど庭先で近所の主婦と雑談中だった。両親と同年代の女性。古くから交流があり、時折、物をあげたりもらったりしている。今回、彼女が持ってきてくれたのはスーパーの袋いっぱいの栗だ。70代の母はこういった付き合いをとても大事にする。栗を受け取る際の母は嬉しそうだった。
Photo

 「ゆきもどうだ?」
母は当然のように分けてくれた。生の栗を手にするのは実に久しぶり。思っても見なかった贈り物だ。まずは香りを堪能した。

Photo
  家に持ち帰った栗は残念なことにそのほとんどが虫食いもしくは中が黒くなっているものが多くて・・・・・食べられそうなのは10個程だった。

 さてどうしたものか・・・・・ない知恵を絞りに絞った結果?茹でた栗をホットケーキの生地に混ぜ込むことを思いついた。こうすれば家族3人で味わえる。

 やがて出来上がったホットケーキは、どこか懐かしい味がした。子供の頃、これと似た様なお菓子を食べたことがあるような気がする・・・・・・。夫や娘はどう感じたのだろう・・・・・。2人とも一心にパクついていた。

考えてみたら、この家に越してきてから、忙しさをいい訳におやつ作りをサボっていた。栗入りホットケーキはこの家に越してきて最初の手作りおやつと言うことになる。最初が季節の秋の味覚でよかった?ゆうき家の秋の夜は静かに更けていった。
 

 
 
 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011年9月24日

傘雲その後・・・

 毎朝5時10分起床。カーテンを開け窓を開け、その日が嵐でない限りはベランダに出て大きく深呼吸する。引っ越してきてから自身の意志で追加した日課だ。朝一番の空気は本当に美味しい。空気にも味がある・・・・・実感する瞬間だ。

Photo

 ここへ来て、もう何枚、富士山の写真を撮っただろう。とにかく撮りたい。富士山は刻一刻と魅力が変化するだから撮らずにはいられない・・・・・・。

 一昨日は、富士山に傘雲がかかっていた。こんな光景も年に数回だ。傘雲富士に出会えたことがとても嬉しい。台風一過の一日を爽やかな気持ちで過ごせた。

 富士山に傘雲がかかると次の日は雨が降る・・・・・いつだったかおじいちゃんが言っていた・・・・・・。その言葉の通り昨日は雨で富士山は見られず・・・・・。(実際に70~80%の確立で雨が降る。)ゆうきのデジカメは、一日休日だった。

Photo_2

 今日も雨かなぁ~。諦めモードでカーテンを開けた今朝、ハッと息を呑んだ。初冠雪だ・・・・・。我を忘れてデジカメを取りに行くべく階段を駆け下りた。
 初冠雪をこの目で見たは小学生の時以来だ。ひんやりした空気とは裏腹に胸には熱いものが込み上げた・・・・・・。
 富士山はゆうきが一通りの家事を終える頃には雲に覆われてしまった・・・・・・。やはりあの時に撮って置いてよかった。今日も一日気持ちよく過ごせそうだ 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月21日

台風の朝

Photo_2

 昨日、今日とニュースもワイドショーも台風15号関連のことを一番に伝えている。すでに被害に遭われている方も多いとの事。みなさんの住む地域は大丈夫だろうか?

 上の写真はゆうきが住む地の今朝の様子。雨が強まったり弱まったり、霧も少し出ていて、時折、風が吹き付ける。いつもなら目の前にそびえ立つ富士山も雲の向こう側。こんな時、野鳥たちは何処で雨を凌いでいるのだろう。雨音に混ざってチュンチュンというさえずりが聞こえる。
 夫は仕事に、娘は学校へと出かけていき、つい2時間程前に2人とも無事に到着したことを確認した。ホッとしたのもつかの間、今度は帰りのことが気になる。ゆうきの実家はすぐ近くだからまだいいけれど、彼の実家方面の様子が気になる。義母は義弟は友人は知人は・・・・・・・心配事が次から次へと湧いてくる。自然に対して人間は太刀打ちできない・・・・・家の中を意味もなくうろつきながら、しみじみ痛感している。

 今、また雨足が強まってきた。
被災されている方たちのことを思うと胸が痛む。これ以上被害が拡大しないことを祈るのみだ。みなさんもどうかお気をつけ下さい。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年9月19日

初秋の空

Photo

 ここの所、とにかく忙しい。一日一日があっという間。何かに一生懸命になっていてふと気付くともう夕方で、また何かに集中していて再び時計を見ると今度は日付が変っている。
 毎日が充実している。疲れてはいるけれど、それは心地好い疲れだ。

 昨日の夕暮れ時のこと、網戸越しに頬に受けた風があまりに気持ちがよくて、ちょっと外に出てみる気になった。
 
 特に用事があるわけではなく靴を履くのは引っ越してきて以来初めて。玄関を開けた瞬間、高く青い空がゆうきを包み込んだ。白い雲がくっきりはっきり。富士山もくっきりはっきり。目の前の光景が眩しくて愛おしくて・・・・・・思いっきり深呼吸した。生きていてよかった~心の底から感じた。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年9月17日

白い花

Photo

 夕暮れ時のホームセンター入り口で、コスモスを見かけた。白いコスモス。鉢植えにしては大輪で生き生きとしている。引越しのバタバタで心身共に疲れているときだけに、とても魅力的に映った。

 あれはいつのことだったかな。子供の頃なのかそれとも大人になってからなのか、それさえも思い出せない。広い広いコスモス畑に佇む夢を見た。白いコスモスだった。空は青かった。辺りを見回しても人っ子一人見当たらなくて・・・・・・。
「誰かいないの?」
って叫んだところで、目が覚めた。その後、どういう行動をとったのかも覚えていない。青空に映えるコスモスの白さだけが脳裏に焼きついた

 近年、コスモスに限らず白い花に癒しを感じるようになった。花屋さんでは無意識のうちに白い花を探す。若い頃は、物足りなさを感じて避けていたのに・・・・・・。どういう心境の変化なのか。
 新居の庭に一番最初に咲かせる花は白い花がいいな・・・・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月14日

右側には・・・

Photo

  引っ越してきて4日。夫も娘もゆうきも新しい生活に慣れつつある。
 庭から数歩先は田んぼ。それゆえに野鳥や虫が多い。玄関ポーチでイナゴを発見した。レースのカーテン越しにトンボの影を見た。あっという間の出来事。撮影は出来なかったが、気持ちがほんのり明るくなった。
 越してきて以来毎日、鈴虫の音色を聞きながら眠り、雀のさえずりにより目覚めている。実に快適だ。ベランダに出ると真正面が富士山、右側が田んぼ。空気ってこんなに美味しかったっけ?洗濯物を干したり取り込んだりすることが実に楽しい。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年9月12日

ベランダから

ベランダから
新居に越してきて2度目の朝を迎えている。夫は仕事へ娘は学校へ。引っ越す前となんら変わらない日常。 ゆうきは、日差しがさんさんと降り注ぐリビングでブログを更新している。実は手違いでインターネットがまだ使えなくて・・・・・今回は、携帯電話からの更新だ。ちょっと不自由。日頃、いかにネットに依存した生活をしているかを痛感する。
写真は、我が家のベランダから見た富士山。今朝5時間半頃、撮影した。最良の場所に家を建てたな〜とつくづく感じる。この家に関わってくれた全ての人に感謝だ。これから先、いろいろと大変だけれど、ここからの富士があるかぎりがんばれそうだ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年9月 9日

 金曜日だけれど更新。 今日、明日で引越しをする。この部屋で過ごすのは泣いても笑っても今夜が最後。賃貸だけれど、2DKと手狭だけれど、16年間我が家だった場所。それなりに感慨深いものがある。 
 妊娠がわかり、悪阻で苦しむ中、初めてこの部屋に足を踏み入れた日が昨日のことのよう。キッチン、お風呂場、洗面所、おトイレ、居間、寝室・・・・・いたるところに想い入れがあり、壁に出来た小さなシミさえも愛おしい。この部屋から仕事に出かける彼を見送り、この部屋で娘を育てた。笑いあり、涙あり、汗だってたくさんかいた。ここはゆうき一家の歴史そのものだ。
 同じ市内ゆえに、ここの前を通りがかることはある。だが、この部屋の窓から外を見ることはもうない。ここからブログを更新するのも今回が最後。そう考えたら妙にセンチメンタルになって・・・・・ディスプレイが涙で霞んできた・・・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月 7日

残り物一掃セール

 引越しの準備と並行して家にある食材の整理をしている。新居に持っていくことが可能な物とそうでないもの。食べ物を無駄には出来ない。出来るだけ買い物をせず、今ある食材を使い切ることを心がける。娘のお弁当のことを考慮せねばならないから大変だ・・・・・。

Photo

 昨日は、おやつにおからを使ったホットケーキを作った。本当は、もっと凝ったお菓子を作りたかったのだが、そんな時間はない。おから、小麦粉、中途半端に残っていたグラニュー糖、卵2個、牛乳を混ぜ合わせてフライパンで焼いた。材料は計っていない。全て目分量。ホットケーキならぬ適当焼き? これが意外に好評でキッチンのテーブルに置いておいたらいつの間にかなくなっていた。ゆうきは少ししか食べていないのに・・・・・・。


Photo_2

 夕食はくず野菜と豚肉ですき焼きもどきの煮物を作った。ちょっと甘すぎたがこちらも美味しかった。引っ越して落ち着いたらもう少し丁寧に作ってみようと思う。

 冷凍庫及び冷蔵庫の中身がいよいよ底をついてきた。かつてないほどに。不安を覚えないわけではないが、買い物には行かない。今週末に引っ越すまでは今あるもので何とかする。食べ物を無駄には出来ない。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年9月 5日

今年の誕生日

Photo

 引越しに伴い、自分たちで運べるものは自分たちで運ぶようにしている。今住んでいる所はダンボールでいっぱい。頭の中は段取りのことでいっぱい。一日一日があっという間に過ぎていく。とにかく忙しい、とにかく落ち着かない。
 
 一昨日はゆうきの誕生日。バタバタした日々、このまま何事もなく過ぎていくと思っていた。それでも仕方がないと思っていた。思っていたのに、荷物を積んで新居に向かう際、彼は少し回り道をした。寄り道の先はケーキ屋さん。覚えていてくれたんだ・・・・・心がほんのりした。

 新居に持ち込んだ最初の食べ物がバースデイケーキ。そのことが何よりも嬉しい。木の香りがする家、テーブル以外何もない部屋で、ささやかな団欒を楽しんだ。ようやく、ようやく、この家がわが家であるという実感が沸いてきた・・・・・。

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年9月 3日

捨てられない①

Photo

 新居が完成し、引越しの準備をしている。各種手続き、いる物といらない物の仕分けに梱包・・・・・・。すぐ近くと言っても(今、住んでいる所から車で10分ほど。)引越しは引越し、大仕事だ。滞りなく進めたいけれどなかなか思うようにいかない。理由はとにかく物が多いからだ。
 捨てられない物がたくさんある・・・・・。他者から見たら取るに足らないものでも本人にとっては大切な物って誰にでもあると思う。ゆうきにとってその一つがこの菜箸だ。いつ何処で購入したのかまるっきり覚えてい。いつの間にかキッチンにあって、知らない間に手に馴染んでいた。
「そんな古い箸、捨てちゃえば良いのに・・・・・。」
彼は言った。口だけでなく実際に新しい菜箸を買ってきてくれたりした。一度だけでなく何回も何回も。新しい菜箸を何膳無駄にしたのだろう・・・・・。どの菜箸も使い勝手が悪くて・・・・・結局は元の菜箸に戻ってしまった。これがいい!これじゃなきゃダメなのだ。そんな妻の思いを察したのか、もしくは呆れたのか定かではないが、最近、彼は黙認するようになった。少なくとも10年は経っている菜箸。もちろん、新居に持っていく。もうちょっとがんばってもらおう。
 捨てられない物は菜箸の他にも多々ある。それは彼も娘も同じ。
 引越しの準備が遅々として進まない・・・・・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »