« 屋台で | トップページ | 一卵性父娘 »

2012年2月22日

やっぱり、これ!

Cimg4756

 この冬、彼は干し柿にハマった。何かきっかけだったのか定かではない。
「とにかく無性に食べたい!」
と言いつつ、それこそむさぼるように食べていた。どのくらいの数を消費したのだろう。スーパーで見かけては籠に入れ、ネットで見つけては注文していた。ゆうきもご相伴にあずかった。実家以外の場所で作られた干し柿を食べるのは、実は、初めてだったりする。何種類か味わったが、どれもそれぞれの特徴ががあり、それなりに楽しめた。

 いったいあれはなんだったのか。彼のマイブームはいつの間にか去った。ブームの最終章は実家の干し柿だった。

 各地の干し柿にそれぞれのこだわりがあるのは当然だが、母だって色々とこだわっている。気を付けている。母は丁寧だ。カビないよう、食べた人がお腹を壊さないよう細心の注意を払っている。時間をかけて手を洗い、皮をむくのに使う包丁は熱湯消毒する。皮をむき終えたら、実の部分にはあまり触れないようにしながらビニールひもに括り付ける。軒下につるす際も、柿が窓枠等に触れないよう気を付ける。地道且つ根気のいる作業だ。
「まぁ、この家では、綺麗に柿をつるしていること!」
ご近所の主婦に褒められたそうな。程よく干しあがったら、いったん冷凍庫で凍らせてから、今度は冷蔵庫に移す。そうすることで、数日後には白く粉がふく。30年来変わらない母の手法だ。
 お茶うけに出された干し柿を、夫婦して頬張った。彼の満足げな表情に、ちょっとだけ優越感を覚えた。販売されている干し柿は、もちろん美味しい。だが、ゆうきの中では、実家のが一番だ。
 

|

« 屋台で | トップページ | 一卵性父娘 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

旦那さん、干し柿好きなんですね♪
ネットで買っちゃうなんて、ほんとにハマっているんですね~

お母さんが作ったこだわりの干し柿。
ゆうきさんの自慢の干し柿なんでしょうね。
どうだ!エッヘン!って思えるゆうきさんもとても素敵です♪

一度凍らすとか、
そんな手間がかかる何て知りませんでした。
ほんと、凄いなぁ~

投稿: サンサラ | 2012年2月22日 15時49分

お母さん、干し柿まで作っちゃうなんて
凄い!!

手作りのって本当に柔らかくって
美味しいんですよね~。

わが家はいつも弟が持ってきてくれるのを
心待ちにしています(^^

投稿: patapataokan | 2012年2月22日 17時46分

子供の頃は柿の木がある家も多くて冬場軒下に柿が下がっているお宅も多かったけど最近はあんまり見かけなくなりましたね。
自分の口に一番合うのはやっぱり母の味なんでしょうね。

投稿: しま | 2012年2月23日 10時29分

ゆうきさん  こんにちわ

久しぶりのまとまった雨で、何となくしっとりとした空気が流れ、気持ちがいいです。

我が家も、干し柿大好きですよ。
毎年、11月頃、信州の野菜売り場までダンボールごと買いに行きます。主人と、柿の皮をむき終わった頃は、主人も私も、柿の渋でベトベトです。
お正月には、出来上がった干し柿を
熱いお茶でいただきます。

干している間は、柿にコバエが止まらないように、みかんなどを入れてある、細かいネットで、柿に被せます。

投稿: なか | 2012年2月23日 14時56分

サンサラさま

 近年は、ネットでいろんなものが買えちゃうんですね。
別の意味でびっくりしました。

 作業が丁寧なためでしょうか。
一度もカビたことがありません。
風味も豊かで市販されているものに引けを取りません。
自慢の干し柿です。

 干し柿は元々とても手間がかかります。
値段が少々高くてもても仕方がないかな。

投稿: ゆうき | 2012年2月23日 19時19分

okanさま

 母は、もう40年以上もの間、干し柿をつくりつづけています。
色々と試行錯誤を重ねつつ、時に失敗もしながら、今に至ります。
もはやプロの領域です。

 実家の干し柿は、少々小ぶりではありますが、とっても風味豊かです。

毎年楽しみにしている干し柿。
母が元気なうちに引き継ごうと思います。

投稿: ゆうき | 2012年2月23日 19時37分

しまさま

 こちらでも、干し柿をつるしているお宅をあまり見かけなくなりました。
柿の木自体、私が子供のころに比べて減ってきています。
冬の風物詩が消えつつあり、寂しい限りです。

投稿: ゆうき | 2012年2月23日 19時40分

なかさま

こんばんは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

こちらも午前中いっぱい雨が降っていました。
この雨で近所の梅の木の蕾が少し膨らんだような気がします。
あと少しで開花です。

 なかさんも干し柿を作られるんですね。
そうそう、柿の渋ってかなりべとべとしますよね。
実家の母もぼやいております。
私も熱いお茶と一緒に頂くのが好きです。とっても幸せな気分になります。

 カビないように、虫がたからないように、干し柿って本当に手間がかかりますよね。
頭が下がります。

投稿: ゆうき | 2012年2月23日 20時07分

今晩は
 一口に干し柿と言っても、手間がかかるんですね。
 我が家は無精者ばかりなので、皮を剥いて干して、はい終わりと言う感じなの
 だから、カビたりして食べられない時も有るんですね。そんな時天候のせいにしたりして・・・・
 一度凍らせるのは初めて聞きました
美味しい物を食べるというのは、作る側の手間に感謝しながら・・ですよね。
 ゆうきさんのお母様が作られる干し柿食べたいです。
 
 

投稿: ねんね | 2012年2月23日 20時29分

ねんねさま


 父と母が協力して、時間をかけて作業を行います。
全部の柿をつるし終えるころには、クタクタに疲れてしまうそうです。美味しいものを食べるのは大変だ・・・・・しみじみ思います。

 実家の干し柿は、ご近所、友人知人に好評で、欲しがる人みんなにおすそ分けするので、私たちの口に入るのは、ほんの少しです。

投稿: ゆうき | 2012年2月23日 22時57分

うちも子ども達が干し柿が好きで
小さい頃は、義父の田舎で渋柿をもらってきて
干し柿を義父と作っていました^^
しかし、私はあんぽ柿が好きなんですよね~^^

投稿: ふぃる | 2012年2月24日 22時32分

ふぃるさま

 うちの娘も干し柿が好きですよ~。
実家でもらってきて、リビング等に置いておくといつの間にかなくなっています。

あんぽ柿、この冬初めて食べました。
柔らかくて美味しかったです。

投稿: ゆうき | 2012年2月25日 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/44211190

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり、これ!:

« 屋台で | トップページ | 一卵性父娘 »