« ひな祭り | トップページ | 三寒四温 »

2012年3月 3日

霧さむ

Cimg4774

 昨日は、ほぼ一日中、靄(もや)っていて視界が悪かった。こんな日は、家の中に籠っていられればいいのだが、そうはいかない。済ませなければならない用事がある。買い物だってある。車の運転はとにかく慎重にせねばならない。何しろ、周辺の建物はおろか、道路標識や信号さえも見えにくくなっているのだから。突然、目の前に人や車が・・・・・なんてことだって充分にありうる。目を凝らし耳を澄ませ後方にも気を配り・・・・・・。目的地に着くころには、心身ともにクタクタになってしまう。

 「霧さむっている。」 ゆうきが住む地方では、靄がかかって視界が悪いことをこう言う。(年間を通じて)
実家にいるころ、
「今日は霧さむっているから気を付けて行けよ。」
祖母から母からよく言われた。交通安全はもちろん、風邪を引かないよう温かくとの意味も含まれる。「霧さむ」 あえて漢字に変換するとしたら「霧寒」 だろうか。実際、晴れの日に比べて体感温度が寒い。霧さむった日は、いつもより1枚多く羽織って、少し早めに出かける。
 「霧さむっている。」が実は方言だったと気づいたのは、だいぶ大きくなってから。「霧が深い。」 「霞がかっている。」 「濃霧注意報」 と言った標準語覚えたのは、もっと後になってからだ。「霧さむっている。」 方言には標準語にでは伝えきれないニュアンスや思い、温もりが含まれる。だから、県外出身の夫に理解してもらうのにとても苦労した。富士北麓地域は、今現在も霧さむっている。外にいる人の安全を祈るばかりだ。

|

« ひな祭り | トップページ | 三寒四温 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

霧さむは初めて聞きました。
でもなんとなく意味はわかります。

方言て好きなんですが意味がわかっていても
もう私も使わない大阪弁も多くて
息子達が聞いたこともないと言った時は
さみしい気持ちがしました。

人情が薄れていくにつれ方言も
なくなっていくような気がします。

投稿: patapataokan | 2012年3月 3日 17時46分

今晩は
まあ、凄~い、霧が深いですね。
霧さむって言うのですね。方言の響は意味がわからなくても何だか心地よく聞こえるんです
大阪弁、広島弁、山口弁etc
日本中の方言で色々お話したいね。通じるかしら?ねんねさんの下関弁。

投稿: ねんね | 2012年3月 3日 22時45分

うわ~視界が悪すぎです~
霧さむって、ひと言で状況が伝わってきますね。言葉の響きがいいなあ。
響きはいいけれど、状況はすごく危険ですね。

投稿: YUKI | 2012年3月 4日 16時34分

わぁ!
靄がすごいですね。
靄さむってる・・・確かにこちらでは耳にしない言葉かも。

投稿: しま | 2012年3月 4日 18時04分

okanさま

 霧さむ・・・・・状況から見て、とても的を得た言い回しだと思います。

 若い頃は、恥ずかしいと感じていた方言を、近年、温かみがある言葉だと感じるようになりました。

 娘世代の子たちは、方言をほとんど使いません。
このまま廃ってしまうのかしら?とっても寂しく感じます。

投稿: ゆうき | 2012年3月 4日 18時43分

ねんねさま

 この日は、とにかく視界が悪くて、歩くにしても車を運転するにしても恐る恐るでした。

 方言って響きがいいですよね。
テレビ等で耳にするたびに感じます。
下関弁、どういうのがあるのかしら?教えてください。興味があります。

投稿: ゆうき | 2012年3月 4日 18時50分

YUKIさま

 濃霧注意報が出ていました。
四方八方どこを見渡しても、真っ白です。
歩くのが怖い、運転するのはもっと怖い・・・・・神経使いすぎてぐったりしてしまいました。
「霧さむ」 いいのは響きだけかも。

投稿: ゆうき | 2012年3月 4日 19時16分

しまさま

 ここは、すぐそこが山ですから、しょっちゅう、こういう状況に見舞われます。

「霧さむ」 ここから数十キロ離れたところに暮らす知人と話すときに使ったら通じなかったです。

投稿: ゆうき | 2012年3月 4日 19時20分

 すごい霧と雪も残っているんですね
霧が出ているときは寒いっていうのもあまりこちらでは印象がないです

朝早くから霧が出た日はすごくお天気がよくて、想像するのとはちょっと違うようですね

 霧の日は皆が帰ってくるまで心配ですね
運転も気をつけてね

 

投稿: もえぎ | 2012年3月 4日 21時47分

「霧さむっている」これを見た瞬間
体を冷やすほど霧が出てるって思ってしまった(^^ゞ
方言って、説明出来ないニュアンスも含んでるんだろうね^^
こちらは、そのままストレートに伝わってるつもりが伝わってなかったりと^^
でも、方言って大事にしたいよね^^

投稿: ふぃる | 2012年3月 4日 21時58分

すごい霧ですね~!!
本当に車だと怖いでしょう。

私の実家の近くに朝霧高原があるのだけど、
やはりよく濃霧に襲われます。
本当にいきなりすぐ目の前に車がいる!!ぎゃーっ!という感じ。

幻想的なのだけど、怖いですよね^^;
気をつけて~!!

投稿: ブルー | 2012年3月 4日 23時00分

もえぎさま

 雪が残っているためでしょうか、なおのこと肌寒く感じました。

 この日は、一日中、視界が悪かったです。
お天気が回復したのは翌日になってからでした。

 季節の変わり目は、こんな風に靄がかかって視界が悪くなる日が多いです。
運転する際はくれぐれも気を付けます。

 

投稿: ゆうき | 2012年3月 4日 23時09分

ふぃるさま

 夫は県外出身。この地方の方言がよくわかりません。その都度、説明はするのですが、うまく伝わっているか、微妙なところです。
方言は難しい・・・・・・。
でも大切にしたいです。

投稿: ゆうき | 2012年3月 4日 23時25分

ブルーさま

 ホント視界が悪くて、運転するのも歩くのも怖かったです。

 建物はおろか、道路標識や信号すら見えません。いきなり目の前に車や人が現れる可能性大。目的地に着くまで生きた心地がしないです。

 ここの所、濃霧注意報が発令される日が多いです。
車の運転はくれぐれも気を付けます。

投稿: ゆうき | 2012年3月 4日 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/44344319

この記事へのトラックバック一覧です: 霧さむ:

« ひな祭り | トップページ | 三寒四温 »