« 今だけ | トップページ | キンカチョウ »

2012年7月18日

今年もフェステバル

Cimg5074


 今年も、ハーブフェステバルに行く事が出来た。先日の日曜日のことだ。彼はたまたま仕事が休みで、娘の学校は午前中まで。(学園祭の後片付け)だから、3人一緒だった。娘がフェステバルに足を運ぶのは、実に3年ぶりだ。彼女自らが、行きたいと希望した。

 ところで、ラベンダーフェステバルが開催されるのは、もろに梅雨時だ。フェステバルでは、ラベンダーと湖の他に富士山も売りとなっているはずだが、開催期間中、富士山が見られる日は少ない。雨が降っていてはダメ、曇りでもダメ。もし、会場で富士山を見られたならば運が良い。去年は見られなかった。一昨年も富士山は雲の向こう。2年前は見られるか見られないか微妙な空模様で、数時間粘ってみたが、結局断念した。ラベンダーと湖と富士山が一緒に見られたのは、何年振りだろう・・・・・。雲がかかってはいるが、これはこれで美しい。今年はラッキーだ。2度と出会えないであろうコントラストに胸が熱くなった。

|

« 今だけ | トップページ | キンカチョウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

梅雨時のフェスティバルなんですね。
ラベンダーって北海道のイメージが
強いんですが富士さんのふもとでも
こんなに綺麗にさくんですね。

いい香りとラベンダー色に
癒されそうです(^^

投稿: patapataokan | 2012年7月18日 17時25分

富士山とラベンダー、素敵ですね^^
親子で出かけるのも後数年、楽しみたいですね^^

こちらは、梅雨明けをしたようで
お日様がギラギラと照りつけています。
雲も、夏日の雲になってて
夏本番です(^^ゞ

ラベンダーの香りがとても良いんでしょね^^

投稿: ふぃる | 2012年7月18日 20時44分

すばらしい景色ですね。
ラベンダーと富士山と、雲がすごくいい感じです。
湖も広がっているのですね。
絶景でしょうね~(*^_^*)
写真がこんなに素敵なんだから、実際に見たらすばらしいでしょうね~見てみたいわ。

投稿: YUKI | 2012年7月18日 20時55分

↑私も見てみたい
富士山と湖、ラベンダーこの組み合わせ最高じゃないですか、必ず何時か此処に行きたいと思います。
絶対絶対。

投稿: ねんね | 2012年7月18日 22時17分

わ~ステキな写真!
富士山と湖とラベンダー。自然を満喫~って感じですね^^
行ってみたいな。

先日静岡の実家へ行ってきましたが、富士山の雪、大分溶けてましたね!
夏を感じました。

投稿: ブルー | 2012年7月18日 23時39分

okanさま

 そうなんです。
6月下旬がら7月上旬にかけて、もろに梅雨時です。

 開催地域ではラベンダーにかなり力を入れていて、会場以外でも、あちらこちらで見かける事が出来ます。

 フェステバルに足を運ぶと不思議と心癒されます。
私たち一家はすっかりリピーターです。

投稿: ゆうき | 2012年7月19日 18時13分

ふぃるさま

 親子でフェステバルに足を運んだのは、3年ぶり。娘はとってもリラックスした様子でした。
あと何回、一緒に行けるのかしら。数少ない機会を大事にしたいです。

 こちらでも梅雨が明け、暑い日が続いています。
まだ夏が始まったばかりなのに、早くもばて気味です。

 天然のラベンダーの香りは最高ですよ。

投稿: ゆうき | 2012年7月19日 18時21分

YUKIさま

 フェステバルは、湖のほとりで開催されます。
期間中、特に土日は、県外から訪れた人たちで大賑わいです。
ラベンダーと湖と富士山が一緒に見られたのは、数年ぶり。
今年はとてもラッキーでした。

投稿: ゆうき | 2012年7月19日 18時27分

ねんねさま

 会場にいる人のほとんどがカメラ持参です。県外から来た人は、特に熱心に撮影しています。
かなり遠くから来る人もいます。
ぜひぜひ、いらしてみてください。

投稿: ゆうき | 2012年7月19日 18時33分

ブルーさま

 会場で大きく深呼吸すると、生き返る思いがします。
ぜひぜひ、いらしてみてください。
関東近郊であれば、日帰りも可能です。

 梅雨が明けて以降、さらに雪が減りました。
夏本番ですね。

投稿: ゆうき | 2012年7月19日 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/46364544

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もフェステバル:

« 今だけ | トップページ | キンカチョウ »