« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日

月がきれいだから

Cimg5479

 我が娘はこの春、高校3年生なる。ついこの間、希望の高校に合格して喜んでいたと思ったら、もう大学受験だ。時が過ぎるのは早い。猛スピードだ。
 大学受験が終われば今度は就職、結婚・・・・・親の心配は尽きない。10年前の今頃は何を悩んでいたっけ?10年後の今頃は何を悩んでいるのだろう・・・・・?
 夕食を摂る夫相手にあれこれ愚痴っていたら、彼が一言、
「心配する相手がいるということは幸せなことだよ。」
うまいことを言う。それもそうだ。大切に思うからこそ心配なのだ。心配する相手がいない生活なんて、月も星も出ていない夜空だ。

ここの所、空気が澄んだ日が続いている。綺麗なお月様は、疲れた心を少しだけ慰めてくれる・・・・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年2月25日

見た目は良くないけれど。

Cimg5470_2


 実家の畑で採れた南瓜。ご覧のとおり見た目はよろしくない・・・・・・・。昨年の夏に収穫した。半年たっても何ともない。長持ちする品種らしい。むろん無農薬。
「あんまり甘くない。」
母は言うけれど。ほくほくしていて美味しいんだなこれが。もろにゆうきの好みだ。
 南瓜はいったん包丁を入れてしまうと、傷みが早い。だから、切ったら一気に調理する。時間がある時でないとできない。
 昨日は日曜で特に予定がなかったから南瓜と格闘した。

Cimg5472

1つのうち2/3南瓜コロッケに。

Cimg5475

残り1/3は煮物になった。
 
 

 我が家のコロッケは油で揚げない。オーブンで焼く。南瓜の他、玉ねぎに椎茸、ピーマン人参と具だくさん。とてもヘルシー。コロッケと呼ぶより野菜団子と呼んだ方がいいかも・・・・・。形も悪いし・・・・・。
煮物はいたって普通だけれど、近年、母の味に近づいてきた気がする。
これだけ作るのに約3時間かかった。一気に調理して一気に冷凍。

 実家の南瓜は皮がやたらと固い。切るのも一苦労。南瓜を料理した次の日は手首が痛い・・・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月23日

主?

Cimg5464


 久しぶりに生き物のネタ。白鳥だ。某お城のお堀にいた。周りを見回しても番い(つがい)は見当たらなかった。子白鳥も。
ここのお城周辺には、鴨がいる。鳩もいる。烏も雀もいる。みんな群れを成している。が、白鳥は1羽のみ。
 同じ場所で、じっと、羽ばたきもせず歩きもせず。時折、首を動かし辺りの様子をうかがっていた。車が走る音にも人の話し声にもちっとも動じない。「お城の主」さながら凛として見えた。
どこから来たのか、いつからここにいるのか、夜はどうしているのか、なぜ1羽だけなのか。予想できることはただ1つ。今日も少なくも昼間は、同じ場所同じ姿勢でじっとあたりの様子をうかがっているであろうことだけ。
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年2月20日

靄の朝

Cimg5459


 昨日の朝は非常に靄っていた。普段は見える建物が見えない・・・・・。天気予報で確かめたわけではないが、たぶん濃霧注意報が出ていたと思う(この時点で)。それほど寒くなかった。小雪がちらついていたが道に雪はない。スリップの心配はなさそう。が、いかんせん視界が悪い・・・・・・。彼は車のライトをつけて、いつもより早めに出発。テールランプが靄の中に溶けるかのように消えていった・・・・・。

 彼は着いたら着いたと連絡をくれる。昨日も来た。きちんと来た。とても興奮していた。
「〇〇の林道を通っている時、急に、でっかいオスの鹿が飛び出してきてさ~、あとちょっとでぶつかるところだったよ。」
靄の中から湧くように現れたのだ。驚くのは当然だ
 あとちょっとタイミングがずれていたら、どうなっていたことか。丸1日が経過した今も心臓がバクバク言っている・・・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月18日

雪けむり2

Cimg5455


 富士山頂に舞う雪けむりは、年に何度か見る機会がある。
しかし、目の前を雪けむりが舞う様はめったに見られない。
つい先日、偶然、見る事が出来た。何年振りだろう。最後に見た時からずいぶんと経っている。

 雪けむりが舞うには、いくつもの条件がある。降雪後の強風、晴天、空気が澄んでいること。雪質にもよる。湿り気が多い雪は、雪けむりには不向き。さらっとした雪が良い。
条件がそろって雪けむりが舞ったとしても、その時、外にいなければ(外を見ていなければ)意味がない。先日はラッキーだった。久しぶりの雪けむりに胸はずみ、雪が降ることを純粋に喜んでいた幼き頃が蘇った。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年2月16日

バレンタインディー

Cimg5456


 今年のバレンタインディー、我が娘は、大量のチョコを用意した。
「全部、友チョコだよ~。」
と本人は言っているが、真相はどうなのだろう・・・・・?
袋の奥底に本命チョコが隠れていたりして・・・・・。
 つい数年前まで、娘にとって、バレンタインディーとはチョコレートを食べる日でしかなかった。毎年、母親もしくは父親が用意した普通の板チョコよりはちょっと値が張る高級チョコ?をそれはそれは嬉しそうに頬張っていた。
今は、違う。自ら考えて行動に移している。本命にせよ友にせよ義理にせよ相手がいてこそ。娘が健全な人間関係を築けていることが、親としてとても喜ばしい。

「なぁ、あの中に男子にやるチョコはないよな?」
彼が探りを入れてきた。
「知らないっては!」

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年2月13日

癒し

Cimg5451


 今まで、見向きすらしてこなかったのに、なぜか、心引かれた。写真のサボテン、ショッピングモールのテナントで見つけた。10日ほど前のことだ。コーナーには同じ形、同じ色、同じ大きさの鉢に植わったサボテンが全部で30鉢ほどあって、その中の1つが、たまらなく可愛らしく思えた。「これ、欲しい!」 迷うことなくレジへ向かった。一緒にいた彼が、心底、驚いた顔をした。無理もない妻が植物の類を欲しがるのは初めてなのだから。自分でも驚いている。どういう心境の変化なのだろう・・・・・・。

 以来、毎日熱い視線を送っている。なぜ、このサボテンだったのか・・・・・。なぜ、こんなにも愛おしいのか・・・・・。理由なんてどうでもいい・・・・・。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年2月11日

春の兆し

Cimg5444


 日が長くなったな~。朝夕、空と時計とを見比べて思う。お天気が良い日はなおさらだ。冬至の頃は、午後の4時半ともなれば、辺りは、はっきり夜だった。今は5時を過ぎても、こんなに明るい。(写真)富士山をはじめとする周辺の山々の稜線がくっきりしている。この明るさだと街灯はまだ燈らない。家の中にいても、照明は必要ない。些細なことではあるが、お得感はいっぱいだ。気持ちが前向きになる・・・・・・。

 今朝6時半、彼は車のライトをつけずに出発した。
日が長くなったな~。朝夕、空と時計を見比べて思う。春遠からじ・・・・・空は語る。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年2月 9日

暮れなずむ時

Cimg5446


 昨日は夕焼けがとても綺麗だった。デジカメに収めたい・・・・・心から思った。だが、丁度その頃、車中にいた。ゆうきは助手席にいたが、走っている車の中では、うまくアングルを図る事が出来なくて、撮影ならず。家に着いた時はもう太陽は完全に沈んでいた。でも、そのおかげで、夕焼けとは違う素敵な瞬間に立ち会えた。もし、うまく夕焼けの写真を撮れたとしたら、そのことに満足して、見逃してしまったかもしれない・・・・・・。

 夕焼けが大好き。夕方と夜の境目、見慣れた風景がシルエットとなる暮れなずむ時も大好き。空を見上げる心の余裕を幸せに感じる。
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年2月 6日

予報通りに

Cimg5441


 昨日は朝焼けがとても綺麗だった。風も穏やかで、ごみを捨てに行くべく外に出ても、そんなに寒いと感じなかった
天気予報では、しきりに大雪への注意を呼び掛けている。
「こんなに良く晴れているのに、明日、本当に雪が降るの?」
朝食を摂りつつ、娘がぼやく。ゆうきも同じことを思った。
 穏やかな天候は、日中いっぱい続き、洗濯物はお日さまの香りがして気持ちよかった

Cimg5442


夕方になって雲が増え始めたけれど、青空の箇所もある。気温もそれほど下がっていない。本当に雪が降るのだろうか・・・・・・。大雪の前の静けさ?

Cimg5443

 一夜が明けて、午前7時半の状況。かなり吹雪いている。肩透かしであってほしかったけれど、肩透かしとはならなかった・・・・・・・。現在の積雪は3cmほど。空はどこまでも白い。まだまだこれからと言った様子だ。今日は水曜日。彼は仕事、娘は学校。落ち着かない1日となりそうだ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年2月 4日

雪どけ

 一昨日は朝から暖かかった。温度計で確かめたわけではないが、最低気温は0℃を上回っていたと思う。シャッターを開けた際、息が白くなかった。日が高くなるのと比例して気温はぐんぐん上昇、昼過ぎには20℃近くまでになった。

Cimg5438

斜向かいの空き地の雪が溶けた。

Cimg5439


道の片隅にうずたかく積まれていた雪や氷のかけらもきれいになくなった。
春を思わせるというより、はっきり春の陽気だ。外は土の香りがした。上着なしでも寒いと感じなかった。電線でチュンチュンとさえずっているスズメも生き生きして見えた。

 節分である昨日の最低気温は-2℃。真冬に逆戻りだ。玄関を出た瞬間、身震いした。1日たたないうちに気温は20度以上も急降下。寒暖の差が激しい。激しすぎる。体がびっくりしている。でも、これは、この時期ならではのこと。生まれた時から、毎年体感してきた。暖かくなったと思ったら急に寒くなって、また暖かくなって・・・・・・何回も繰り返す。春はだんだんと近づいている。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年2月 2日

高いなら高いなりに

 野菜が高い・・・・・。寒さ厳しいこの時期、毎年、感じる。葉物は特に・・・・・。今年は、例年に比べて、価格の上昇が緩やかだと思う。それでも昨年末まで、1つ98円だったキャベツが148円にまで値上がりしていると、買うことを躊躇してしまう。たかが50円されど50円。節約主婦の悲しい性?もう少し安くなる日を待とう・・・・・。

 野菜は食べないわけにはいかない。健康を維持するために。

 

Cimg5431

一昨日は、人参、大根、ジャガイモ、南瓜、椎茸、油揚げが入った煮込みうどん

Cimg5430


 昨日は、玉ねぎがたっぷり入った野菜スープを作った。

 使う野菜は、実家でもらったジャガイモと南瓜、価格が比較的、安定しているキノコ類と根野菜。
煮込みうどんは今年に入って2回目、野菜スープは3回目(味付けを変えて)だ。おでんも2回作った(味噌仕立てと醤油仕立て)。肉じゃがにカレー、具だくさん味噌汁・・・・・。夫や娘を飽きさせない様、毎日、無い知恵を絞っている。

 いつまで続く野菜の高騰。家系的にも春が待ち遠しい。
 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »