« 予報通りに | トップページ | 春の兆し »

2013年2月 9日

暮れなずむ時

Cimg5446


 昨日は夕焼けがとても綺麗だった。デジカメに収めたい・・・・・心から思った。だが、丁度その頃、車中にいた。ゆうきは助手席にいたが、走っている車の中では、うまくアングルを図る事が出来なくて、撮影ならず。家に着いた時はもう太陽は完全に沈んでいた。でも、そのおかげで、夕焼けとは違う素敵な瞬間に立ち会えた。もし、うまく夕焼けの写真を撮れたとしたら、そのことに満足して、見逃してしまったかもしれない・・・・・・。

 夕焼けが大好き。夕方と夜の境目、見慣れた風景がシルエットとなる暮れなずむ時も大好き。空を見上げる心の余裕を幸せに感じる。
 

|

« 予報通りに | トップページ | 春の兆し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日没、うまく撮れましたね。
この時間帯は見る間に空模様が
変わっていくので見てて飽きません。

私は夕方ってバタバタしてて
なかなか空を見上げる余裕がありません。

そのかわり夜はyukiの散歩に行きながら
ゆっくり星空も見ています。

空を見上げる心の余裕
いつまでも持ちたいと思います。

投稿: patapataokan | 2013年2月 9日 18時34分

 沈みゆく太陽がまさに隠れようとする瞬間ですね
夕日の落ちるのは早くて、見逃してしまうことは良くありますね
でもこの瞬間の山の端の微妙な色に少し夜へ向かう時間を感じますね

暮れなずむこの時間も大切な一日のひと時ですね
すてきな時間を感じました
ありがとうございます

投稿: もえぎ | 2013年2月 9日 18時37分

夕日って、時折感動的なぐらい
キレイな景色を見せてくれますよね^^
ちなみに私は、今日珍しく会社を5時で退社出来て
明るい^^って思ってしまった。
陽が暮れるのが遅くなりましたね^^
そろそろ春の気配かな^^

投稿: ふぃる | 2013年2月 9日 19時33分

幻想的でちょっとさびしさもある素敵な写真になりましたね。
夕暮れは、少し寂しい気持ちになっちゃいます。

投稿: YUKI | 2013年2月 9日 23時06分

okanさま

 家に着いた時が、ちょうど太陽が沈みきった時で、とてもタイミングが良かったと言えます。

 一昨日は、主人の仕事がお休みだったので、気持ち的にも余裕がありました。
普段だと、バタバタしてしまうことが多いです。

 この時期は空気が澄んでいるから星空がきれいに見えますよね。
今度のお休みは家族そろって天体観測でもしようかしら。

投稿: ゆうき | 2013年2月10日 20時13分

もえぎさま

 本当に綺麗な夕焼けで、車の助手席でうっとりと見とれていました。
写真に収めることはできなかったけれど、気持ちは満足です。

 この後すぐに、シルエットは夜の闇に溶けてしまいました。
暮れなずむ時もまた短いひと時ですね。

投稿: ゆうき | 2013年2月10日 20時41分

ふぃるさま

 日が長くなりましたよね。
半月ほど前まで、午後の5時と言ったら、もう暗かったのに、今はまだ明るいです。
まだまだ寒いけれど、お空に春の気配を感じます。

投稿: ゆうき | 2013年2月10日 20時45分

YUKIさま

 日が沈むと、雰囲気が変わります。
シルエットを見つめつつ、しばし感傷に浸っていました。

投稿: ゆうき | 2013年2月10日 20時50分

こんにちは
 素敵なシルエットの写真ですね
 若い頃は朝日、夕日どちらが好きと聞かれたら、朝日と答えただろう
 この頃は夕日の沈んでいく様子など、黄昏時の哀愁感が好きになってきてます。自分自身が枯れてきてるのかなぁ
綺麗な夕日今日一日有り難う又明日、夕日を見るたび語りかけてます。
 日の暮れるのがだんだん遅くなってきてます。春はもう直ぐなのでしょうね。

投稿: ねんね | 2013年2月11日 15時06分

ねんねさま

 私は、若い頃、どちらかと言うと、朝日よりも夕日の方が好きでした。
夕暮れ時、1人ぼんやり、感傷に浸っていました。
でも、今は朝日も同じくらい好きです。
山際から徐々に昇ってくる太陽に、元気をもらっています。

 日が長くなるとなんだか得したような気持になります。
1日が24時間であることに変わりはないのに・・・・・・。

投稿: ゆうき | 2013年2月12日 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/49275495

この記事へのトラックバック一覧です: 暮れなずむ時:

« 予報通りに | トップページ | 春の兆し »