« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月29日

そろそろ・・・・・。

Cimg5672


 自宅近くにある田んぼは、田植えの際、機械を使わない。すべて手で植える。田んぼの端から端へロープを渡し、そのロープ沿いに植えていく。昔ながらの手法だ。

 先週の金曜日に田植えが始まって、日曜日に終わった。土日は家族総出で作業していた。
 ご近所に田園風景が加わった。小さな緑が目に眩しい。窓を開けるとほのかに泥の香りがする。夜はカエルの大合唱だ。
 「それにしてもまっすぐ綺麗に植わっているな~。」
彼は言う。ゆうきも思う。脇を通りかかるたびに思う。家族でなくとも自慢に感じる。

 富士北麓地域は、ここ数日、湿度が高い。雨が降っていなくとも、何となくじめっとしている。そろそろ梅雨入りかな。
 人にとっては鬱陶しいことこの上ない梅雨も、田んぼにとっては大切な時期だ。苗は日々成長を遂げる。


 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年5月27日

小さな実を見つけると

Cimg5639


 これは何の実だろう・・・・・・・。
誰かご存知ですか?
彼は、
「たぶん梅だろう・・・たぶん・・・・・」
と言っているけれど、果たして?

 5月も後半となり、緑色の小さな実を付けた木をあちらこちらで見かけるようになった。桃、葡萄、柿、梅などなど・・・・・。
 実がなっている木を見つけると心が弾む。たとえ、その名がわからなくとも。

 写真の木は公園で見つけた。家からだいぶ離れた場所だ。もし食べられる実だとしても、ゆうきの口に入る可能性はゼロに近い。それでも思いは馳せる。
これから先、どういう運命をたどるのか・・・・・・・。
無事に無事に育ってくれますように。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月25日

また来年

Cimg5628


 芝桜がそろそろ花の時期を閉じる。

 1番ピークだったのが5月の連休頃(写真)。20日も前の写真を記載するのはどうかと思ったが、やはり、皆さんには”最高だった時”を見ていただきたい。

 この春、芝桜は我が家の自慢だった。通りすがりの人が足を止め見入っていた。実家の両親も目を細めていた。わざわざスピードを緩める車があった。みんなの目と心を和ませてくれた・・・・・・。

 花の時期が終わることに一抹の寂しさを感じないわけではない。1カ月以上もの間、毎日、毎日、目にしてきたのだから。でも、寂しさよりも感謝の気持ちの方がずっとずっと大きい。
 我が家に根付いてくれてありがとう!
 がんばって咲いてくれてありがとう!
彼は思っているはずだ。娘だって、ゆうきだって。

 ありがとう!ありがとう!ありがとう!また来年!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年5月22日

どこに?

Cimg5660


 雀、カッコウ、雉、烏、鳩等々、我が家周辺は野鳥の宝庫だ。
 

 一番の早起きさんは雀。次がカッコウで、雉、鳩と続く。烏は夜が明けてしばらくしてからなく。他に鳴き声だけで果たしてどんな姿かたちをしているのかわからない鳥が数種類。日があるうちは、いつも何かしら鳴いている。雨の日も風の日も。

 昨日の朝、彼はカッコウの鳴き声を耳にしながら出勤していった。一昨日もその前の日も。声はする。だが、姿を確認したことは未だかつて一度もない。図鑑でしか見たことのないカッコウ。鳴き声がすると、心がほころぶ。どこにいるのだろう。昨日は空き地向こうの木々の方(写真)から声がした

 今朝も鳴いていた。昨日とは違った方角から聞こえた。声はすれど姿は見えず。どこかにいる。そう遠くない所に。鳴き声がすると心がほころぶ・・・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月20日

皐月

Cimg5653


皐月が咲いた。

 我が家の皐月は昨年に植えたばかり。
まだ小さい。ほんの数センチほど。
それこそ地面に張り付くようにして咲く。
当初予想していたほどには背丈が伸びなかった。
そこがまた愛おしい・・・・・・。

 皐月が咲いているこの場所は、我が家の庭において、一番に風当たりが強い場所。一番に雨が吹き込む場所でもある。がんばっている。踏ん張っている。文字通り、雨にも負けず風にも負けずだ。

 皐月が咲いた。
背丈は小さいけれどものすごく力強い。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年5月18日

スポットにて

Cimg5657

 ここへ来ると時間を忘れる。

 富士山があって湖があって町並みがある。
耳を澄ますと小鳥のさえずりが聞こえる。
森の香りがする。
空気に味がある。
頬にあたる風が心地よい。
五感を刺激される場所だ
ずっとここにいられたらどんなにいいか。
このまま時間が止まってしまったらいいのに。
訪れるたびに思う・・・・・。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年5月15日

ダイブ!

Cimg5638


 思わずダイブしたくなる場所がある。
誰も足を踏み入れていない雪の大地。
三つ葉やシロツメグサ、タンポポがたくさん生えた空き地。
水しぶきが上がる噴水・・・・・・・。

 急に暑くなった。富士北麓地域でも最高気温が25℃を超える。つい先日まで暖房器具を使用していたことが嘘のよう・・・・・・・。初夏の陽気と言うよりはっきり夏だ。
 夏は水辺が恋しくなる。海、湖、、川・・・・・自然も良いけれど、管理が行き届いた公園もまた悪くない。
 先日も行ってきた。噴水がある公園。自然と足が向いた。

 思わずダイブしたくなる場所がある。
夏場は噴水だ。水しぶきの真下へダイブ!実際にできたらどんなに良いだろう・・・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年5月13日

今年は・・・・

 今年の母の日は,

Cimg5640


コンペイトウと

Cimg5642

ハンドタオルをもらった。

 コンペイトウは、某ホームセンターの園芸コーナーで、ゆうきが選んで、ハンドタオルの方は、前々から欲しいと希望していた。


 コンペイトウは、まず花の色が気に入った。形も気に入った。名前を知ってさらに好感度が増し、絶対にこれだ!って思った。彼は別の鉢植えを指差し、
「こっちの方が良いんじゃない?」
って言ったけれど
「これじゃなきゃ嫌だ。」
と言い張った。今は庭で咲き誇っている。鉢植えのままだと長持ちしないので、買ってきたその日に植え替えた。これから先、我が家の庭においてゆうきにえこひいきされること間違いなしだ。

 ハンドタオルは、これからの時期、重宝するだろう。ここぞと言う時、これを握りしめていたら、踏ん張れそうな気がする。

 妻とならなければ知りえなかったこと、母とならなければ知りえなかったこと、両方とも数えきれないほどある。それらすべてゆうきにとっては宝物。大切にする。この意志ある限り。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年5月11日

もどかしい・・・・・

Cimg5635


  玄関の扉を開けるとほのかにいい香りがする。香りをたどっていくとそこにライラックがある。10日ほど前に咲き始めた。朝方や雨上がりは特に香りが濃い。
「ライラックってどんな香りがするの?」
聞かれることがある。
「甘い香りがします。」
と答えている。だが、さらに具体的な説明を求められてしまったら絶対に困ってしまう・・・・・。甘い香りと一口に言っても色々だ・・・・・・。香りを言葉で言い表すことはとても難しい。たとえ上手い言い回しが見つかったとしても、その場にいない人の鼻腔に香りを届けることは不可能だ・・・・・・。

 玄関の扉を開けるとほのかにいい香りがする。皆さんにお届け出来ないことが実にもどかしい・・・・・。
 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年5月 8日

もくもく

Cimg5634


 昨日の夕方のこと。さて食事の準備をしましょうと立ち上がり、何気なく窓の外を見たら、そこに”理想的な雲”があった。心が弾み、デジカメを手に慌てて外へ飛び出した。

 もくもく雲・・・・まるで煙りのようにモクモクとしているから”もくもく”ゆうきは勝手に命名した。見られそうなかなか見られない理想的な雲だ。ずいぶんと子供っぽいけれど、全然科学的じゃないけれど、本当はもっとちゃんとした名前があるはずだけれど・・・・・・・・。これが良い!青空にあるモクモクの雲・・・・・・まるで絵本の中のような風景にしばし見入った。どうってことないことだけれど、なんだかとっても得した気持ちになった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年5月 6日

窓の外は

 Cimg5631

 窓の外をぼんやり眺めることが大好きだ。
難しいことは何にも考えずただただぼんやりと。

 昼間も良いけれど夜もまた悪くない。
我が家の東側は国道が走る町中。
田舎だから灯りが少ないけれど走っている車もそれほど多くないけれど、そこが良い。
赤いテールランプの数を数えていると妙に心が和む・・・・・・。
車1台1台にそれぞれの思いがある。車1台1台にそれぞれのドラマがある。
想像が膨らむ。

 窓の外をぼんやり眺めることが大好きだ。
難しいことはは何も考えずただただぼんやりと。
自分の世界にどっぷりつかってしまって、時間を忘れること度々。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年5月 4日

世界文化遺産登録

 Cimg5620

 朝、起きたばっかりの時はきれいに見えていた。

Cimg5621

が、見る見るうちに雲が増えていき、

Cimg5622

ものの1時間もしないうちに見えなくなってしまった。あぁ~と思っていたら、しばらくして雲の切れ間から再び顔を出した。その後も、雲の中に隠れたりまた姿を現したり・・・1日に何度も繰り返した。
ゴールデンウィーク後半初日、昨日の富士山の様子だ。ユネスコが富士山世界文化遺産登録を勧告して最初の休日、周辺の観光地は多くの人で賑わった・・・・・って夕方のローカルニュースで伝えていた。果たしてどのくらいの数の人が訪れたのか。中には富士山を初めてみるという人もきっといたはず・・・・・・。

 もう30年以上も前の話だ。当時、ゆうきは小学校高学年くらい。ある日の夕方、自宅に通じる一本道を1人とぼとぼ歩いていたら、わきに1台の車が止まった。中から男の人が出てきて、
「あの山が富士山ですか?」
全然違う山を指差し、聞いてきた。
「違います!」
ゆうきは慌てて答えた。
「ではどの山がそうなんですか?」
「今は曇っていて見えていません。晴れていれば向こうの方角に見えるんですが・・・・・」
車のナンバープレートで確かめたわけではない。だが、男の人が遠くから来た人であることは言葉のイントネーション及び雰囲気でわかった。男の人の残念そうな声は今でも耳に残っている。子供心に悲しかった。曇っていて富士山が見えない日はザラにある。地元の人間にとってそれは日常のひとこまでしかない。でも、遠くの地からわざわざ富士山を見に来た人にしてみたら・・・・・。ましてや初めてだったとしたら・・・・・。帰るまでに見られたらいいな・・・・・立ち去る車を黙って見送りつつ願った。

 今日もまた昨日同様、富士山は顔を出したり隠れたりを繰り返している。一喜一憂する観光客の表情が目に浮かぶ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年5月 1日

大好きな場所

Cimg5613


三つ葉がいっぱいあって

Cimg5615_3

タンポポも咲いていて

Cimg5616

名も知らない草花もたくさん咲いている。
草原と呼ぶほど広くはなくて、でも猫の額と言うほど狭くもない。畑でもなければ庭でもない。公園でもない。いわゆる空き地だ。かつては、町のあちらこちらに空き地があった。
 空き地は格好の遊び場だった。今日はこっち明日はあっち。学校から帰るとすぐに向かった。時にはボールを持ってまた時には手ぶらで。最初のうちは1人ぼっちでも、どこからともなく誰かが現れて、暗くなるまで一緒に過ごした。学校では喧嘩ばかりの関係でも空き地では仲良しだった。楽しかったな~。意味もなくただただ駆け回っているだけでも楽しかった。面白かった。1日中いても飽きることはない。空き地はパラダイスそのものだった。

 時がたちおばさんになった今も、町のどこかに草花がたくさん生えた空き地を見つけると心が躍る。さすがに足を踏み入れることはしないが、ついつい物欲しげに見つめてしまう。ほんのひと時でいい。空き地で遊びたい・・・・・・。
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »