« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日

ナツメ

Cimg6066


 皆さん、ナツメをご存知ですか?れっきとした木の実です。食べられます。

 実家の裏には、もうずーっと前からナツメの木がある。樹齢何年になるのか・・・・・もしかしたらゆうきより年上なのかもしれない・・・・・・。
 
 実りの秋だ。つい先日、所要で実家に出向いたら、ひとかかえもあるほどの大きなザルいっぱいに収穫してあった。ほんの数個しか実らない年もあるから、今年は豊作と言えよう。もちろん、もらってきた。コンビニの袋いっぱいに。 

 ナツメは小さな実である。ナツメは、それほど香りが強くない。ナツメはリンゴの味がする。ナツメは、ナツメは、素朴である。噛みしめていると、幼き日々が蘇る・・・・・。

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年9月28日

秋は夕暮れ

Cimg6061


 秋になって、空が高くなって、日が短くなった。
午後5時過ぎともなると、もう夕方だ。
この時間帯、彼も娘もまだ帰ってきていない。
だから、思う存分、夕日を堪能できる。
黄昏ることだってできる。

 これまで、様々な夕日を見つめてきた。
彼の実家方面から、旅先から、テレビから、ネットから・・・・・。
それぞれの美しさがありそれぞれの感動があった。
それでも、やっぱり、一番に好きなのは、我が家からの夕日だ・・・・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年9月25日

食べたくなる時

Cimg6047


 ここ数日、お昼ご飯はおかゆだ。冷凍してある残りご飯を、解凍して水洗いして、かぶるよりも少し多めの水を入れて、弱火でことこと煮込む。おかゆは熱々のうちに、ハフハフいいながら食べる。美味しんだな~これが。

 おかゆって、時々、食べたくなる。寝不足が続いた時、遠出して帰って来た時、胃がもたれている時などなど。ここの所、彼の帰りが遅い日が続いている。娘の試験期間中でもある。

 そうだ・・・・・新米が出たら(お手頃の値段になったら)、一番におかゆを作ろう。残りご飯を使うのではなく、お米からじっくりことこと・・・・・。思い浮かべると、ちょっとは元気になる。

 お彼岸が過ぎて、外はもうどこを見ても秋だ・・・・・・。夏の疲れをおかゆで癒したい・・・・・。
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年9月23日

やめられない止まらない

Cimg6006


 ゆうきは自他ともに認めるほどの漬物好き。お漬物だけでご飯が食べられる。お漬物がなければ生きていけない・・・・・。

 以前は、自分で漬けるのは、浅漬けオンリーだったが、昨年、ピクルスを漬けて、それが意外と彼に好評だったことをきっかけに、色々と漬けるようになった。自分で漬ければ経済的だ。自分で漬ければ、自分の好みに仕上がる。自分で漬ければ添加物ゼロ、安心安全だ。何よりも漬けること自体すごく楽しい。

 先週は、大根を醤油漬けにした。実の部分だけでなく皮も刻んで使った。
調味料は、醤油、酢、砂糖、みりん。風味づけに鷹の爪。
われながら、いい感じに漬かったと思う。特に皮が美味しい。一切れ食べたら、やめられない止まらない。塩分の摂りすぎに注意しなくては・・・・・・。

 秋たけなわ。そろそろ新米が出回る。ご飯とよく合う漬物を漬けたい・・・・・・。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年9月21日

月より団子

Cimg6020


 一昨日は遅くまでシャッターを閉めずにいた。月があまりに綺麗だったから。まん丸のお月様を、まずはレースのカーテン越しに見て、次に窓ガラス越しに見て、最後に庭に出て直に見た。
 

 月にまつわる様々な物語のことを思った。大切な人のことを思った。色んな思いが駆け巡って、胸が熱くなった。
彼がいて娘がいてゆうきがいて。もしも誰かが欠けていたり、具合が悪かったりしたら、お月見をする気にならなかっただろう。今年も、中秋の名月を思う存分堪能できて本当に本当に良かった。

Cimg6029

 ところで、我が地域の月見団子は中に餡子が入っている。
娘はこのお団子が大好物。数日前から
「団子、団子!」
とうるさく騒いでいた。”花より団子”ならぬ”月より団子”だ。色気のかけらもない・・・・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年9月18日

台風一過

Cimg6016


 昨日は抜けるような青空が広がった。
文字通りの台風一過。文字通りの秋晴れ。
明け方から夕方まで一度も日が陰ることはなかった。
写真の雲は何という雲なのだろう。
富士山とのコントラストが琴線に触れた・・・・・。
夕方の4時くらいのことだ。
ここのところ日が短くなった。


 台風が去って一気に涼しくなった。
富士山に初冠雪が観測される日も近い。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年9月16日

緊急避難

 Cimg6008


 昨日は忙しかった。台風に備えて、いつもより早めに家事を済ませて、午前中のうちに買い物に行き、午後からは、庭の見回りをした。木々の補強をして、プランターは軒下に移し、植木鉢は家の中に取り込んだ。四六時中、外ばかり見ていた。落ち着かない夜を過ごした。

 明けて、今朝は4時に起きた。普段より30分早い。彼は遠距離通勤をしている。道中、何が起こるかわからない・・・・・・。お弁当を大急ぎで作り、5時前に彼を送り出した。約1時間後、無事に着いたと連絡が来た。台風にしろ、大雪にしろ、生きた心地がしない。テレビのニュースから目が離せない。

Cimg6010

 

 風雨が強まってきた。今日は野鳥のさえずりが聞こえない。いつもだと、窓の外を見れば+必ずどこかに存在しているのだが。秋の虫たちの行方も気になる。果たして、どこへ緊急避難しているのだろう。

 無事でいてほしい。人も小動物も、野鳥も昆虫も、木々も草花も、建物も車も。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年9月14日

どこかに

Cimg5998


 だいぶ秋めいてきた。
昼間は残暑に喘いでも、朝晩は涼しい。

 夕方、暗くなるとどこからともなく虫の鳴き声が聞こえてくる。
鈴虫にコオロギ、秋の虫たちだ。
いったいどこで鳴いているのやら。
皐月の影が怪しい、レットロビンの影も怪しい。
いくら目を凝らしたところで見えない・・・・・・。

 虫の鳴き声は明け方まで続く。
鳴き声に包まれ眠るのは、大地に寝そべっているようで実に心地よい。
秋季限定の贅沢を、ただいま、味わっている。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年9月11日

今日ばかりは

Cimg5992

                   
 今朝の空。
 真っ白だ。昨夜遅くに降り始めた雨は、未明にあがったが、まだ道がぬれている。いつまた降り始めてもおかしくない。降水確率は、午前午後共に30%。富士山周辺は厚い雲に覆われている。普段であれば特に何にも感じない。でも、今日ばかりは、どうして今日に限ってと思う・・・・・。

 本日は娘が通う高校の強歩大会のはずだった。だが、2時間ほど前に、「明日に延期になった。」連絡網が回ってきた。拍子抜けした。娘本人はもちろんゆうきも。
 競歩大会は伝統行事で、親の世代からずっと続いている。富士の麓の公園を出発。4合目までひた走り、折り返してくる。全長35.5㎞。車だとどうってことない距離だが、自身の足でとなると長く遠い。夏休み前から練習を重ねてきた。暑い中、学校周辺の道路を、黙々と走る集団を何度も見かけた。みんな一生懸命だった。苦しそうな顔をしていても歩いている子はいなかった。大の運動嫌いの娘だって。

 明日がもしも、雨だったら、今年の強歩大会は中止(なし)になってしまう。娘は3年生。泣いても笑っても最後となる。走らせてやりたいと思うのが親心だ。天気予報だと明日も微妙。お空に広がる雨雲を掃除機で全部吸い取れたらどんなにいいか・・・・・真剣に思う。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年9月 9日

好みはそれぞれ

Cimg5991

 写真は、誕生日に食べたケーキ。
今年はデコレーションケーキに買わず、3人それぞれ好みのショートケーキを選んだ。
ゆうきがそう希望した。

 ちなみに、向かって左側の抹茶が彼で、真ん中のチョコが娘、右側の苺がゆうきだ。
ケーキひとつをとっても好みは、3人それぞれ。3人は趣味も違えば、好きなタレントも違う。好きなテレビ番組も違う
彼には彼の、娘には娘の、ゆうきにはゆうきの思いがあり考えがある。全部が全部一致していたら、喧嘩はないけれど、刺激もない。面白みもない。人生そのものが実に味気なくなってしまうだろう。
違っていたからこそ得られた知識、違っていたからこそ経験できたこと、違っていたからこそ出会えた感動、それらすべてを大切に生きていこう・・・苺の甘酸っぱさを味わいつつしみじみ思った。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年9月 7日

ラッキー

 お天気雨が降ると、ついつい、空全体を眺めまわしてしまう。「あぁ~、どこかに虹が出ていないかな~。」って。虹を探すべく、わざわざ外へ出ることさえある。だいたい肩すかし。見られることは稀である。

 3日前も、朝から大気の状態が不安定で、お天気雨が降ったりやんだりだった。お昼を過ぎた頃だったと思う。彼は車を運転していて、ゆうきは助手席でボーっとしていた。空模様は相変わらずお天気雨。車が信号で止まった時だ。彼が突然大声を上げた。何事かと思って、キョロキョロした。すぐに見事な虹が見つかった。ゆうきは慌てて、デジカメを構えた・・・・・。

 ラッキーだったことを記しておこう。

① 望み通り、虹が見られたこと。
② 彼が隣にいたこと。
③ 虹の写真を何枚も撮れたこと。
④ 虹が長い時間消えずにいてくれたこと。(最初に虹を見た地点から)数キロ先のホームセンターの屋上に着いてもまだくっきりはっきりだった
⑤ ホームセンターの屋上には、すでに何組かの先客がいて、みなさんそれぞれの携帯やらスマホで虹を撮影していたこと。同じことを考えていた?普段、ここの屋上はほとんど人気がない。
⑥ 30代くらいの見知らぬ女性と目が合い、ゆうきが笑いかけたら笑い返してくれたこと。
⑦ 虹がきれいなアーチ形をしていたこと。

Cimg5981




 ゆうき撮影 走っている車の助手席より。

Cimg5988


 彼撮影 ホームセンター屋上より。

 私事ではあるが、つい先日、無事に誕生日を迎える事が出来た。40代後半最初に撮った写真が虹である。とても幸せに感じている。                                                                                                                                                                            

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年9月 4日

疲れているから

 ピクルスを自分で漬けるようになって早1年。以来、欠かさないよう心がけている。なくなりそうになったら漬けて、またなくなりそうになったら漬けて、常に冷蔵庫に入っている。材料はその日その時、家にあるもので。人参の切れ端だったり大根の皮だったり。だいぶ慣れた。最近ではレシピを無視して漬けている。好みの味付けにできることが自家製の利点。我が家のピクルスは甘さ控えめ。彼に言わせると、「酸っぱ辛い」(酸っぱくて辛い)。

Cimg5949


 疲れていると酸っぱいものが欲しくなるのは、ゆうき夫婦だけ?ここの所、ピクルスの消費量が半端ない。
「健康を保つため、無意識のうちに身体が欲するんだよ。」
いつだったか、実家の母が言っていた。あり合わせの材料で作るピクルスで、元気に毎日を乗り切れるのならお安い御用だ。今日もまたピクルスを漬ける。
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年9月 2日

珍しく・・・・・

Cimg5965

 切り分ける前にまずは写真を。こんなことはめったにない。
 

 昨日の晩御飯はステーキだった。庶民の我が家にとっては、ものすごい贅沢。一番最後に食べたのはいつだろう。少なくとも昨年は一度も食べなかったはず・・・・・。誰の誕生日でもない。何かの記念日でもない。特別にいいことがあったわけでもない。彼が、職場のお付き合いで、購入してきた。
「早めに食べよう!」 
彼が言うので、即日、頂くことになった。

 焼いている時から、テンションあがりまくり。ダイニングキッチンに、かつてないほどの高級感あふれる香りが漂った・・・・・。高級牛肉は味も食感も最高だった・・・・・。

 一夜が明けて、気持ちの方は余韻に浸っているが、胸が焼けている・・・・・。胃が何となく重たい・・・・・。彼も娘も調子が悪いと言って朝ごはんをあまり食べなかった。ゆうき一家は胃袋まで庶民なのか・・・・・・。今日の晩御飯は何かさっぱりしたメニューを考えよう。美味しかったけれど、当分、食べたくない。高級品はたまにでいい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »