« 風邪予防? | トップページ | 縁起物? »

2014年1月25日

こんなところに

Cimg6283


 彼が通勤に使う国道は、林の中を走る。この林には、鹿が多く生息し、時々、道路にまで出てくる。彼も、毎日とまではいかないまでも、かなりの頻度で目撃するらしい。
 

 つい先日、彼は、鹿を轢きそうになった。夜が明ける直前のことだった。突然のことだった。もう少しタイミングが早かったならば確実に・・・・・・。
「轢かなくて済んだけれど、しばらく震えが止まらなかった。」
一部始終を聞いたゆうきもしばらく震えが止まらなかった・・・・・。もしもぶつかっていたら大惨劇になっていたはず・・・・・・。

 彼の無事にホッとしつつも、彼が遭遇した鹿の行く末も気になる。今頃どうしているのだろう・・・・・・。この冬をどう乗り越えるのだろう。林の地面には雪が積もっている。草1本、葉っぱ1枚、見当たらない。周辺に民家や畑はない。国道は乗用車、トラック、オートバイ・・・・・24時間、ひっきりなしに通る。

|

« 風邪予防? | トップページ | 縁起物? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鹿も生きていくために道路を渡らなくては
いけないんでしょう。

こちらでは鹿はないですが
たまにタヌキや亀が道路でひかれて
ぺしゃんこになっています。

なんだかとても切ないです。

ゆうきさんのご主人、事故にならなくて
よかったです。

人間と野生動物の共存共栄、難しいですね・・

投稿: patapataokan | 2014年1月25日 18時36分

今晩は
野生動物との共生・・・難しいのでしょうね
ねんねさんの処などは山深くないし、いてもタヌキくらいかなぁ。
この頃は道路工事や住宅開発などで山が削られ、生息地がどんどん無くなってきてるの
生きていく上でどうしても人間社会に交わらなくてはいけない事。
当然事故も・・・・
ご主人様何事も無くて良かった。本当に無事で良かった。


投稿: ねんね | 2014年1月25日 22時47分

okanさま

 かなりの数の鹿が生息している様子。
果たして何を食べて生きていることやら。
とても気になります。

 彼も車に引かれてしまった鹿を何度も目撃しています。
人間と野生の動物の共存は難しいのでしょうか。
やるせないです。

投稿: ゆうき | 2014年1月26日 16時13分

ねんねさま

 リスにイタチ、野鼠・・・・・・林の中には実に多くの野生動物が生息しています。

 開発が進み、行き場を失った野生の動物たちはどこへ行けばいいのでしょう。
やるせないです。

 主人が轢きそうになった鹿は、大人の鹿。立派な角がある鹿だそうです。もしもぶつかっていたらフロントガラスが割れていたはず。
本当に、何事もなくてよかったです。

投稿: ゆうき | 2014年1月26日 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/54732978

この記事へのトラックバック一覧です: こんなところに:

« 風邪予防? | トップページ | 縁起物? »