« ご報告 | トップページ | どうなるのだろう »

2014年2月22日

教訓

 大雪から一週間が経った。何をどう綴ればいいのやら・・・・相当に疲れている。彼もゆうきも娘も。親戚友人知人、疲れていない人なんていない。雪なんてもうこりごりだ。
ただ・・・今回の大雪で実に多くのことを学んだことだけは確か。近所の方々のと連携がいかに大切か、雪かきのコツ、情報の見極め。辛い思いをたくさんしたけれど、ちょっとした思いやりに触れ胸がジーンと熱くなったことが何度もあった。

Cimg6336

 食品や日用品が普通に手に入るありがたみだって、つくづく感じている。生きていくうえで「当たり前」なんてあるのだろうか・・・・・。

 高速道路の通行止めが解除され、商品が普通に入ってくるようになった。野菜がある。果物もある。お肉がある。お魚もある。乳製品や大豆製品がある・・・・・。
 行きつけのスーパーで、牛蒡と玉ねぎと椎茸とシメジを買った。食卓も日常に戻った・・・・・。あぁ~、ありがたや、ありがたや。

|

« ご報告 | トップページ | どうなるのだろう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

普段当り前のことが
そうでなくなった時に初めて
日常の当り前な毎日の有難さが
わかるように思います。

何気ない平和な毎日を送れることが
1番の幸せだと思います。

ゆうきさんの所もようやく普通の
生活が送れるようになったようで
本当によかったです(^^

投稿: patapataokan | 2014年2月22日 17時10分

よかったですねー

わが家では震災後、乾物を常にストックしています。また缶詰もですけどね~

乾物は栄養価が高いし、さっと料理できるしね!

ひじき、切り干し大根、芋がら(これは3年ぶりに買いました!)、あとは乾燥若芽や昆布、

あと干しシイタケもあるとすっごく便利ですがお値段が高いのでしいたけを冷凍しておいています。

油揚げも常温保存で長期保存できる松山油揚げなどもあるし仙台麩などのお麩などなど

お互いこの教訓を忘れずにいようねー

投稿: ちさと | 2014年2月22日 20時30分

okanさま

 本当、お野菜もお肉もお魚もみんな売り切れで、スーパーは空っぽの棚ばかりでした。
東日本大震災の教訓はどこへやら・・・・・ただただ愕然とするばかりでした。

 一週間が経ち、流通はほぼ元通りとなりました。
除雪が進み、車が普通に走れます。
平々凡々がいかに幸せであるか、痛感しております。

投稿: ゆうき | 2014年2月23日 16時31分

ちさとさま

 切り干し大根にひじき、我が家にもストックがありますよ~。
お値段もお手頃だし、日持ちするし、簡単に調理できるし、栄養価が高いし、いいことづくめですよね。

 あとは、糊や胡麻、鰹節もストックしてあります。
コンソメや顆粒出しもあります。
昨日は、乾燥若芽も買い足しました。

 今回の大雪のこと、一生忘れずにいよう・・・・・自身に言い聞かせています。

投稿: ゆうき | 2014年2月23日 16時39分

 よかったですね
やっと普段の生活に戻りましたね

 いつも当たり前のこと、それが普通でなくなることなんてそうあってはならないけど、でもこんな経験をすることで気づかされますね

 私もいつ何が起こってもおかしくない毎日に甘んじていてはいけない気がしています

 これからどんなことが起こるかわからないことを想定していろんなことをちゃんとわかるようにしたり備蓄などに備えなくてはと思いました

 ゆうきさんも地域の方との連携を強く持たれたみたいで、良かったですね

 

投稿: もえぎ | 2014年2月23日 19時55分

もえぎさま

 本当、やっとです。
雪に閉ざされた数日間、とても長く感じました。

 雪の影響をこんなにも受けたのは、初めてのこと。
大変な思いをいっぱいして、ヘロヘロに疲れましたが、いい教訓になりました。

 これから先、どんなことが起こりうるのか・・・・・予測はできませんが、もしもの時のために、備蓄等しっかりしておこう・・・・・・肝に銘じました。

 地域の方との連携も大切にしていきます。

投稿: ゆうき | 2014年2月23日 22時59分

良かったですね。
もう不自由なことは無いのでしょうか?
体は大丈夫ですか?
普通の生活が出来ると言うことが出来ない・・・本当になって見ないと解らないことだらけ。
ねんねさんも60年は生きてきている。でも、未だ生活の危機に合った事は無い
当たり前のことがいかに大事なのか・・・・
もしそうなったらどうしよう。きっとジタバタしちゃうんだろうなぁ
地域の方との相互共助大切だよね。ねんねさんもしっかり教訓として肝に命じます

投稿: ねんね | 2014年2月23日 23時42分

ねんねさま

 観測以来一番の大雪です。
最初、降り積もった雪を前に、途方にくれました
七十代の両親もこんなのは初めてだと申しておりました。
来る日も来る日も雪かきで、皆さん筋肉痛。
それでも、日常が戻ってきたことにホッとした表情を浮かべています。

 今回の大雪は学ぶことがいっぱいありました。
今後の糧にしたいです。

 

投稿: ゆうき | 2014年2月24日 00時05分

よかったね~本当によかった。
当たり前の日常が大切なんですね。
ありがたいことです。
私もゆうきちゃんの日記を読んで、ありがたみがよくわかりました。

投稿: YUKI | 2014年2月25日 00時13分

YUKIさま

 本当、よかったです。
普通に買い物ができる幸せ、お出かけできる幸せ、しみじみ噛みしめています。
この大雪のことは生涯忘れずにいようと思います。

投稿: ゆうき | 2014年2月25日 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/55086494

この記事へのトラックバック一覧です: 教訓:

« ご報告 | トップページ | どうなるのだろう »