« 土の香り | トップページ | 春が来た »

2014年3月22日

ご報告

 娘の進学先が決まった。3月後半になってようやく。最後の最後まで粘った。最後の最後まで引っ張った。進路が決まった時期は、学年でもトップクラスに遅い方だと思う。

 娘は、地元短期大学(公立)に入学し、四年制大学への編入を目指す。第一志望は、残念な結果となった。思いっきり泣いた、思いっきり落ち込んだ・・・・・。彼と娘とゆうき、一家3人で、ともに食事を摂り、ともに眠り、ともに目覚めた。同じテレビ番組を見た。同じ音楽を聴いた。久しぶりにドライブに出かけた。たくさん話し合った。お手洗いやお風呂以外は離れず、ずっと一緒に過ごした。
 

合格発表から1日半が経過した昨夜の夕食時、娘が言った。声、高々に。
「私、パパとママの娘でよかった~!」
彼女の顔にもう涙はなかった・・・・・。わたしたち夫婦もよかった。あなたの両親になる事が出来て。

 娘の受験が終わった。望む結果ではなかったけれど、道はある。長く険しいでこぼこ道だ。だが、道の先にあるのは目標だ。たどり着ける。歩くことをやめなければ。一歩一歩突き進んでほしい。自身の足で。

 志を強く持て!我が子よ!

|

« 土の香り | トップページ | 春が来た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

娘さんまずはおめでとうございます。

第一志望の合格ではなかったのは
残念ですがまだまだこれからです。

今回の悔しさをバネに4年生への
編入、頑張って下さい(^^

投稿: patapataokan | 2014年3月22日 17時18分

お嬢様の合格本当によかったですね!
昨年の我が家と同じですね

ブログではまだ話していないんですが彼の第一志望校は大学校で模擬では判定BだったりCだったりでしたが同じ夢を持つ学生はすごく多かった。1万倍近くあって昨年も今年も残念でした。ただもう一つの同じ方面の学校は1次は合格したけど2次の前に血便が出て…

昨年は大学校のほかは理系の私立4校を受けて合格したのは近いからと言って受けた大学と有名大学の二部でした

いろいろと考えて今の大学にしましたが

まだ彼は夢をあきらめていません

今年(26年度)がラストチャンスなのです

母としては応援する気持ちとそちらに進むと危険を伴う業務なので複雑ですがでも進みたい方に行ってくれたらと思っています。

今の大学ではメカトロニクス系を学んでいてこれからの時代いかに便利で省エネの機械が必要となるので就職も結構いい方なのでこのままでも彼はいいとも思っているようです。

でも心の整理がつくのに2か月くらいかかりました。

入学してもなかなか「ここじゃないところに行きたかった」とあまり大学を楽しんでいなかったのですが時が解決してくれました。

行ってみればそこが一番

お嬢さんもがんばれ!

投稿: ちさと | 2014年3月22日 19時19分

おめでとうございます。

と言わせてくださいね。
第二志望でも、もしかしたらそこが合っているかもしれないし、
2年間頑張って学部に編入する人も結構いますから、同じ目標を持つ仲間とも出会えるかもしれません。
地元の学校なら親も安心ですしね。
入学までご家族そろってゆっくり過ごしてくださいね。

投稿: しま | 2014年3月22日 23時16分

 お嬢様の合格、良かったですね
おめでとうございます

 うちも昨年、今頃までハラハラしていました
もう合格をもらって喜んでいる子もいるのに決まらない辛さ・・・

 第一志望は理系でずっと行きたくてその勉強もしていましたが、ひょんなことで文系に替えてみたところ合格~

 就職やいろんなことで理系をと思っていたのですが、あっていたのは文系の方だったのかもしれないです
第二志望の大学で、文系に替えたけど、通いだしたらあっていたり通学に楽だったりと良いことを思うように~

 どんなにがむしゃらに思っていても行けないときはいけないのかもでも何かのきっかけで思っていたところに行けるかもしれないそんな運のめぐりあわせがあるのかもしれません

 自分の歩く道、これからもがんばって自分の歩いた後に花が咲くようにね~
 

投稿: もえぎ | 2014年3月23日 15時10分

okanさま

 ありがとうございます!

 今後のことは、これからまたゆっくり考えていきます。
希望はあります。

 失敗をバネに大きく羽ばたいてほしいものです。

投稿: ゆうき | 2014年3月23日 16時17分

ちさとさま

 ありがとうございます!
受験生の親って大変ですね。
ちーちゃんもお疲れ様でした。

 うちの場合は、模試の判定がEもしくはD。良くてもCでした。センターの結果も芳しくなくありませんでした。かなり無謀な挑戦ではありましたが、本人の好きにさせました。
結果、見事に砕けてしまいましたが、娘の今までの努力は決して無駄にはならないだろう・・・主人も私も強く感じています。

 今、娘は、入学予定の短大のことを色々と調べています。少しですが、勉強も始めてます。気持ち、前向きです。このままがんばってほしいものです。

 ちーちゃんの息子さんもがんばれ~!
同じ親としてエールを送ります。

投稿: ゆうき | 2014年3月23日 16時33分

しまさま

 おめでとうございますの言葉が胸に沁みます。
ありがとうございます!

 娘の入学予定の短大は、編入率が高いそうです。
編入をしたいがために、わざわざ受験する受験生もたくさんいます。同じ志を持つ仲間と共に、2年間頑張ってほしいものです。

 こちらも、ようやく春らしくなりました。
しばらくは、のんびり過ごします。

投稿: ゆうき | 2014年3月23日 16時42分

もえぎさま

 後期日程で受験しました。
本命も短大も両方とも。卒業式の時点では、まだ受験すらしておらず、すでに合格を勝ち取ってホッとした様子の生徒さんたちを見るのが、実に辛かったです。

 うちの娘は、高校入学当初から文系の大学志望です。
理系の方が就職が有利なのは、わたしたち夫婦もわかっていました。でも、「英語がやりたい。」と言う娘の思いを優先しました。盆も正月も関係なくただただがむしゃらに頑張っていました。
残念な結果とはなりましたが、努力で得た知識は、今後、プラスになるのではと思っています。

 道はあります。長く険しいでこぼこ道ではありますが。
一歩一歩着実に歩んでいってほしいです。

投稿: ゆうき | 2014年3月23日 17時05分

おめでとうございます。
大学受験は親も子も大変ですよね。
我が家は息子も娘ももうずいぶん前のことになりましたが、結局は人生のほんの小さな出来事になりますから、
これからの人生が大切ですよね。
お嬢様、夢に向かって頑張って~(*^_^*)

投稿: YUKI | 2014年3月24日 18時42分

おめでとうございます
結果を聞くまで心配で、ゆうきさんのブログもドキドキしながらみてました
良かった
長い人生紆余曲折が有る、ねんねさんの年に成るとね、良い事も悪いことも・・・・・ああ、あの時は、あれが最善の結果だったのだと思い返す事ばかりなの
暫くはゆっくりなさってね。

投稿: ねんね | 2014年3月24日 19時03分

YUKIさま

 ありがとうございます。

 本当、長く苦しい日々でした。
大学受験がこんなにも大変だとは思いもしなかったです。
親子ともどもへとへとです。

 望む結果ではなかったけれど、終わりました。
あとは夢に向かって、突き進むだけです。

投稿: ゆうき | 2014年3月25日 16時13分

ねんねさま

 ありがとうございます。

ご心配おかけしました。
望む結果は出せませんでしたが、これはこれでよかったのではと、家族ではなしています。
まだまだ若いのだから、巻き返しのチャンスはあります。
がんばってほしいものです。
 
 宿題がない長期のお休みなんて、娘にとって実に久しぶり。
読書に音楽鑑賞にとのんびり過ごしています。

投稿: ゆうき | 2014年3月25日 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/55461526

この記事へのトラックバック一覧です: ご報告:

« 土の香り | トップページ | 春が来た »