« ある雨の日 | トップページ | 雨の日の »

2015年11月14日

ホント、不思議

 あんこが嫌いだった。
物心ついたころからずっとずっと。
食わず嫌いではない。はっきりとした嫌い。
一度食べて、すぐにダメだって思った。
味に食感、とにかく嫌だった。
どこがいいのかがさっぱりわからなかった。

 幸いにも、両親及び同居していた祖父母は、無理強いしなかった。
大人になってから出会った彼もまた嫌いなものを無理にと言うタイプではない。
だからずっと嫌いでいられた。

Cimg7324


 嫌いなはずのあんこを口にするようになったのは、40近くなってからだ。
何がきっかけだったか覚えていない。ある日、気が付くと普通に食べていた。
好きになったわけではない。でも嫌いじゃない。時々だが食べたくなる。
当然、周りに驚かれている。
「どうしたの?」
って何回も聞かれた。母などは、目を丸くしていた。
どうしてなのか、自分でもわからない。
体の中で何が起こったのか、どういう心境の変化があったのか、ちっともわからない。
自分の事なのに・・・・・。でも、美味しいと思えるものが増えたことは単純に嬉しい。

 決して、無理強いしなかった両親及び祖父母、彼には心から感謝している。

|

« ある雨の日 | トップページ | 雨の日の »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

年と共に味覚って変化しますよね。
私も餡子は余り好きでなく
洋菓子派でした。

でも今はあんこも大好き!

牡蠣もダメでしたが40過ぎから
好物になりました。

年と共に体が要求するものが
違ってきてるのかなと思います。

>無理強い

そういえばotonは小さいころ
無理強いされてますます偏食になった
ようです^_^;

投稿: patapataokan | 2015年11月14日 16時10分

私は生クリームがあまり好きじゃないのですよ。少しは食べますが・・(^_^;)
そうしたら、夫の実家では、YUKIちゃんはあんこが大好きという風に伝わっちゃってて、夫の実家に行くと必ずお饅頭が出てきます。変ですよね。(^_^;)

投稿: YUKI | 2015年11月14日 17時11分

あ~、わかります^^;
ワタシも子供のころから餡子苦手で。
胸焼けしちゃうというかなんというか・・・。
お汁粉なんてニオイがもうだめで・・・これは今もダメなんだけど。
2人目の子供を産んだころから食べられるようになって、でも、今でも表に餡子がついているものはだめかな~。

投稿: しま | 2015年11月14日 23時38分

okanさま

 味覚は年とともに変化する・・・・・以前、実家の母が、言っていました。
本当その通りで、40をだいぶ過ぎた今、身を持って実感しております。

 今後も、歳を重ねるにつれ、嫌いだったものを、好んで食べるようになるのかしら。
少し楽しみだったりします。

 無理強いは良くないですよね。
私は娘に無理強いはしません。
そのうち食べられるようになるさ・・・・・って思っています。

投稿: ゆうき | 2015年11月15日 15時15分

YUKIさま

 あんこ嫌いが、甘い物全般が苦手と受け取られてしまい、大好きなクッキーを、弟に全部食べられちゃったことがあります。
あの時は悲しかった・・・・・・。
味覚の問題って、自分以外に人には、説明しがたいですよね。

投稿: ゆうき | 2015年11月15日 15時20分

しまさま

 あんこが食べられるようになったとはいっても、あんこが好きになったわけではなく、最中やキンツバと言った、あんこが主体となったものは、今でも苦手です。
お汁粉も、お汁粉の中のお餅や白玉は好きですが、汁は、あまり食べたくないです。
表にあんこがついている物も、お餅や白玉が一緒ならば大丈夫です。

投稿: ゆうき | 2015年11月15日 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/62497333

この記事へのトラックバック一覧です: ホント、不思議:

« ある雨の日 | トップページ | 雨の日の »