« 戦々恐々 | トップページ | »

2016年2月 6日

バックリターン?

 ゆうきは、絶対に忘れない。昨年の節分の日のことを。
当時、彼は、自宅から車で2時間弱の場所で、1人単身赴任生活を送っていた。
節分の日は、公休日で、自宅に戻って来ていた。
午前中は、ゆっくりして、午後になって買い物に出かけた。
大好物のネギトロの恵方巻きを3人分購入した。節約一家のささやかな贅沢。とっても幸せ気分だった。
夕方になり、彼は、赴任先に向けて出発した。
恵方巻きとゆうき手作りの豚汁と数日分のお惣菜と、あと洗い立ての洗濯物を持って。
「気をつけてね。着いたら、電話してね。」
お決まりの一言を添えて送り出した。
テールランプが最初の角を曲がるまで見送った。
いつも通りの日、いつも通りの展開、いつも通りにすぎていくはずだった。

 出発して1時間半ほどしたころ、ゆうきの携帯(当時はまだガラケー)が着信した。彼からだった。はて?もう着いたのだろうか?今日はえらく早いな・・・・・・。思いつつ、電話に出た。すると
「バックがない!」
彼の焦った声が、耳に飛び込んできた。
「車の座席の下とかに落ちているんじゃないの?」
アパートから、ほど近いスーパーの駐車場からかけてきたらしい。とにかく落ち着かせなくては、ゆうきは思った。
「ないよ、いくら探してもない。家に忘れてきたんだ。そっちで探してみて。」
彼は言う。ゆうきはとにかく探し回った。携帯を耳に当てたまま。まずは玄関、庭先・・・・・・ない!続いて寝室。キッチン、ダイニング、テーブルの下までくまなく探したけれどない!ゆうきも焦った。バックには財布が入っている。銀行のカードも入っている。アパートの鍵も入っている。紛失したらどうしよう・・・・・冷や汗が流れた。さらに探し回って、やっと見つけた。バックは、和室のテーブルの上、書類の下にあった・・・・・。力が抜けた。
「あったよ~。」
ゆうきの一言に、彼もまた力が抜けたらしい。
「とりあえず、もう一度戻るよ。」
「えぇ~!今から~?」
時刻は8時を過ぎている。今から家に戻って来て、再度赴任先に向けて出発したとしたら、到着するのはいったい何時になるのだろう・・・・・・。
「だって、バックが無きゃ、どうしようもないもん。」
「そりゃそうだ。」
彼は、また帰って来た。1時間半ほどかけて。せっかく、アパートまであと10分の所まで行ったのに。
家に着いて、一息ついて、お風呂に入って、恵方巻きと豚汁の晩御飯をとって、少しテレビを見て、それから、改めて、赴任先に向けて出発した。時刻は11時少し前だった。
彼を見送った後、どれほど、落ち着かなかったことか・・・・・。とにかくドキドキで、生きた心地がしなかった。
無事に到着したと連絡が来た時は、ぐったりしてしばらく動けなかった。

そうとうに眠かっただろうに、そうとうに疲れていただろうに・・・・・何事もなく、帰る事が出来たとは・・・・・彼は、彼は、運がいいとしか言いようがない。

Cimg7450



彼のバックを見ると思いだす。太巻き寿司を見ても思い出す。去年の節分の日のことを。
バックリターン?とんだ珍事件だ・・・・・。
その後、ゆうきが、今まで以上に口うるさくなったことはここに記すまでもない。本当、世話が焼ける・・・・・。

 1年と数カ月に及んだ単身赴任生活。珍事件は複数ある。
おいおい話していこうと思う。

|

« 戦々恐々 | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪ぢながら読みました~。
バックあってよかったですね。

ご主人も無事に疲れて
本当に良かったです。

我が家は三男がしっかりしてるようで
時々思わぬ忘れ物をしています。

ゆうきさんのお宅ではこれからも節分の度に
その話が出るでしょうね。

でも笑い話になってよかったです(^^

投稿: patapataokan | 2016年2月 6日 11時48分

バッグあってよかったですね(^_^;)
大切なものをなくすとすっごく焦りますよね
またお財布などでは大事です!

投稿: ちさと | 2016年2月 6日 17時22分

okanさま

 主人は、しっかりしているようでいて、たまにへまをやらかします。
私も・・・・・洗濯物とお惣菜に気をとられて、注意を怠ってしまいました。

 バックが無いと聞いて、青くなりました。
本当、見つかってよかったです。
あと、事故を起こすことなく無事に赴任先に着く事が出来てよかったです。

 バックリターン? きっときっと、我が家の語り草になるでしょう。
笑える話となって幸いです。

投稿: ゆうき | 2016年2月 7日 15時02分

ちさとさま

 お財布にカード、保険証・・・・・・・バックには色んなものが入っていますから、もしもなくしたら、大ごとです。
本当、ちゃんと見つかってよかったです。

投稿: ゆうき | 2016年2月 7日 15時04分

今頃、コメントいれてごめんなさいね
 
実は、うちも同じような経験をしています
うちは電車に乗ってバスに乗り換えてアパートにつきます

 アパートまで3時間余りを要しますが、もうそろそろバスに乗る予定というところで、電話がかかってきて、「鍵を忘れた」と「えっつ」私もことばにならなくて、それから引き出しの奥に眠っていた鍵を持って電車に乗って引き返してくるお父さんに届けに行きました

本当にあれから、赴任先に行くときは必ず「鍵、財布、携帯」と復唱しています

本当に大変ですものね

あの時のことは本当に忘れられない思い出になっています

 

投稿: もえぎ | 2016年2月15日 22時24分

もえぎさま

 いいえ!ご訪問&コメントありがとうございます。

 もえぎさんのご主人も似た様な体験をされたのですね。
しかも、鍵とは・・・・・・。
鍵がなくては部屋に入れません。本当、困りものですね。
公共の交通機関を使っての移動となると、車以上に大変かと思います。
本当、お疲れ様でした。事故に遭わず、無事に行って来られて何よりでした。

 単身赴任が終わり、自宅から通勤するようになった今も、忘れ物のチェックは欠かせません。
お互いトラウマになってしまっています。

投稿: ゆうき | 2016年2月16日 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/63810058

この記事へのトラックバック一覧です: バックリターン?:

« 戦々恐々 | トップページ | »