« キーン | トップページ | 暖かな »

2017年1月28日

今はもう

 とにかく大好物で当たり前に食べていたのに、もう食べることが叶わなくなったものが多々ある。
嘆いたところで、どうにもならない。何しろ、もう存在しないのだから。
実家のたくあんがそのひとつ。

Cimg7642


実家のたくあん作りは、晩秋に大根を天日干しするところから始まる。
大根そのものが、自家栽培だったのかそれとも市販品だったのかは覚えていない。ただ、長さや太さ、形が不ぞろいだったことは、はっきり記憶している。きっと、安心安全な大根だったのだろう・・・・・・。
干しあがった大根を漬けるのは、大人の役目だ。祖母が漬けた年もあれば、両親が大騒ぎしながら漬けた年もある。
年代物の樽を使う。糠と塩とザラメと。添加物は一切使わない。
独特の匂いがした。見た目は今ひとつだったが風味は抜群だった。
美味しかったな~。本当、美味しかった。たくあんだけでご飯が何杯でも食べられちゃうくらい美味しかった。

 実家でたくあんを漬けなくなって、何年経つのだろう・・・・・・・。
両親も年をとった・・・・・・・。
ゆうきが漬けられたらいいのだが、ゆうきにあの味と風味が出せるかどうか・・・・・。
今更ながら、実家のたくあんのありがたみをしみじみと痛感している・・・・・・。
あぁ~、もう食べられないとなると、なおのこと食べたい・・・・・。

|

« キーン | トップページ | 暖かな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

主人の実家では糠漬けをずっとやっていますが私はやっていないので・・・きっと母が漬けなくなったら食べられないかも
押し漬けなら作るんですがぬかは手入れが大変だし外でないと無理だし
ずっと食べられたらいいのにと思うものがたくさんありますね

投稿: ちさと | 2017年1月28日 09時59分

私は実家のたくあんより
キュウリや白菜、ナスの糠漬けが
大好きでした。

そこで自分でも漬けています。
最少は試行錯誤でしたが今では
しっかり実家の味を再現出来ていると思います。

ゆうきさんもお母様がお元気なうちに
漬け方を聞いて色々試してみられては
如何がでしょう?

私の母のように忘れてしまってからでは
もう遅いですから。

投稿: patapataokan | 2017年1月28日 16時39分

ちさとさま

 糠漬けも、長いこと食べていません。
大好きなのに・・・・・・。
実家で暮らしていた頃は、夏は糠漬け、冬はたくあん及び高菜漬けでした。
懐かしいな~。
漬物系って引き継ぐのが難しいよね。

投稿: ゆうき | 2017年1月29日 15時03分

okanさま

 糠漬けもたくあん同様大好きです。
美味しいですよね。
私は大根の糠漬けが特に好きです。

 母が健在なうちに、せめて、糠漬けだけでも伝授してもらおうかなって思っています。
食べたいなら、やはり、自分で漬けるしかないですよね。
たくあんは、我が家だとスペース的に無理なので、実家を間借りしようかしら。

 市販の漬物も悪くないけれど、やはり自家製の方が口に合います。
がんばって一歩を踏み出してみようと思います。

投稿: ゆうき | 2017年1月29日 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/69394736

この記事へのトラックバック一覧です: 今はもう:

« キーン | トップページ | 暖かな »