«                                                                                滝のおトイレ | トップページ | 復活 »

2017年5月31日

憧れ

 小学生の時から、ずーっと途切れることなく夢見ていて、未だ叶っていない夢がある。
それは、生で地平線を見ること。

 「地平線とは地面と空の境界線のこと。」
教えてくれたのは学校の先生だったのか、それともたまたま見たテレビ番組だったのか・・・・・知ったきっかけは思い出せない。
地平線・・・・・言葉の響きに衝撃を受けた。なんて素敵なんだろう・・・・・。
外へ出て、周りをぐるりと見回してみた。周りには山々の稜線しかなかった。
ちょっとがっかりした。
学校の図書室へ行って写真集を見た。
地平線がどんなものなのかは理解できたが、今一つピンとこなかった。
本物が見てみたい・・・・・心から思った。

 大人になって結婚して、地元を離れた。
住まいは、山からは遠く離れた場所だった。
引っ越してすぐに、外へ出て、周りをぐるりと見回してみた。
目が回った。視界の多くを建物が占めた。なんて小さな空なんだろう・・・・・って思った。
彼が気を利かせて、展望台がある公園に連れて行ってくれた。
ひょっとしたら・・・・・?ちょっと期待した。
だが、そこにあったのは地平線ではなく、空と建物の境界線だった。
この景色はこの景色で素晴らしいけれど、やはり、本物の地平線が見たい・・・・・憧れはさらに強まった。

Cimg7672


今はいい時代だ。
インターネットで「地平線」って検索すれば、地平線を映像で見られる。
写真よりもずっと躍動的だ。
本当、魅力的だ。でも、臨場感に欠ける。
やはり、本物の地平線が見てみたい。

 「娘が自立したら、2人で色んな所へ行こう。」
彼は言ってくれている。
地平線が見られるところに行きたいな~。

|

«                                                                                滝のおトイレ | トップページ | 復活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

地平線いいですね~
日本なら北海道あたりでみれるのでは?

我が家はクゥがいるので外泊の旅行はできませんがゆうきさんとはインコちゃんなので季節のいい時なら1泊くらい大丈夫でしょう。

ぜひご主人とお出かけして
地平線を撮ってブログにアップしてくださいね
(^^

投稿: patapataokan | 2017年5月31日 17時04分

地平線ですか?
北海道や沖縄できれいに見えますね♪
高いところで見てもまわりに何かがあると見えないんですよね
または山に登ると見えるそうですが私は山おばさんじゃないので見たことがないです。
あと1年でお嬢様も社会人
今のうちに3人で旅行もいいですよ
社会人になると長いお休みがなかなか取れないですからね~
うちなんてせいぜい3泊4日まで
もっと長く旅行に行きたいけど・・・定年後ですね・・・でもお金がないかも

投稿: ちさと | 2017年5月31日 17時49分

okanさま

 やはり、本州で地平線を見るのは難しいですよね。
北海道かぁ~、ちょっと遠いな~。

 実際、インコは、一晩位なら大丈夫です。
(いつも娘の所へ行く時は留守番です。)

 娘が自立したらぜひ行ってきたいです。
おっと、その前に資金を溜めなくては・・・・・・。
地平線、ぜひブログにアップしたいです。
 

投稿: ゆうき | 2017年6月 1日 14時33分

ちさとさま

 ちさとさんは地平線を見たことがあるのかしら?
いいな~。
私は、北海道や沖縄へ行ったことはありますが、地平線を見られるところへはいけませんでした。
高い山にも登ったことがあるのですが、あいにくの曇り空で、辺りは、ただただ白い雲ばかりで何も見られませんでした。
地平線を見たい・・・・・何十年越しの夢なのかしら。気が遠くなりそうです。

 我が家も、実際行くとなると、主人が定年してからかな。
それまで資金を溜めなくては・・・・・・。

投稿: ゆうき | 2017年6月 1日 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135245/70716630

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れ:

«                                                                                滝のおトイレ | トップページ | 復活 »